パーソナルトレーニングジム安さランキング・口コミ【2019最新】

 

痩せてモテたい。。。略して『痩せモテ』!

痩せないモテない。。。

20代前半は仕事に追われるだけで、ストレスフルな毎日でした。

牛丼屋で昼と夜にがっつり糖質を摂取し、眠くなりながらも仕事を頑張る。

帰ってポテチとビールで寝酒をして、休みの日は家で寝るだけ。

そんな自分も気づくとアラサーに。

合コンでもモテないし、そもそも話題がない。

圧倒的につまらない大人になりかけの自分。。。

こんな自分でもダイエットについて詳しくなれば、女の子にもモテるんじゃ。。。

そんなやましい発想でこのブログは毎日更新されています。

 

最新ダイエット情報をチェック

 

1位 エクササイズコーチ

エクササイズコーチは「AI搭載マシン」があなたの限界値を分析しているので、それに合わせて負荷をかけてきます。

 

そして、自分が今どれだけ力を入れているのかが目の前のモニターで一目瞭然なのです。

 

20分ですべてのトレーニングを終えられて、料金的にも非常に安いのも特徴です。

エクササイズコーチの特徴

「AI搭載マシン」による効率的な「時短トレーニング」
「7万2000円/2ヶ月(全16回)」
「トレーニング時間:20分間」
エクササイズコーチの口コミ
マシンを押す時も引く時も力を入れるので、すぐに限界に追い込まれて効率がいい

 

限界値を超えるためのデータがモニターでわかるのでやりやすい

 

シャワーがないので夏はちょっと困る

 

 

エクササイズコーチ2ヶ月通ってみた効果!痩せない時や退会の仕組み
エクササイズコーチは「安く短時間で効率的に痩せたい人」以外にはあまり役に立ちません。 我流でやりたかったり、高いお金払って自分にプレッシャーをかけてダイエットしたい人には他のジムをオススメします。 AIマシンでの機械的なトレーニングになるのでトレーナーとワンツーマンで体育会系なノリでやりたいという方にも不向きかなと思います。 また、長時間じっくりトレーニングして最後はお風呂に入って帰りたいという方にとってもエスササイズコーチは役に立たないです。 そんなエスササイズコーチに「3ヶ月通ってみた効果」や「痩せない時の退会の仕組み」を徹底調査してみました。
2位 XSLIM

XSLIMの特徴

 

「経験豊富なトレーナー」との「マンツーマントレーニング」
「21万円/2ヶ月(全16回)」
「4ヶ月の無料アフターフォローあり」

 

XSLIM(エクスリム)2ヶ月通った効果|退会やリバウンド
アフターフォローが4ヶ月とサポート体制がしっかりしている。 パーソナルジムとしては安めの価格設定。 マンションの一室に居を構えているためちょっと怪しい。 そんなXslim(エクスリム) に2ヶ月通った結果や口コミをご紹介し...
XSLIMの口コミ

 

XSLIM(エクスリム)2ヶ月通った効果|退会やリバウンド
アフターフォローが4ヶ月とサポート体制がしっかりしている。 パーソナルジムとしては安めの価格設定。 マンションの一室に居を構えているためちょっと怪しい。 そんなXslim(エクスリム) に2ヶ月通った結果や口コミをご紹介し...
3位 エススリー

エススリーの特徴

 

「経験豊富なトレーナー」との「マンツーマントレーニング」
「18万5000円/2ヶ月(全16回)」
「4ヶ月の無料アフターフォローあり」
エススリーの口コミ

 

エススリーの食事指導は辛い?口コミや体験談・リバウンドは?
頑張って運動しても痩せない人の多くは追い込みが足りないために筋肉はつかないし、基礎代謝も上がりません。 これまで痩せることのできなかった人は痩せない方法でやっているからいつまでも失敗を繰り返すのです。 ダメな自分を変えたい人はぜ...

 

当記事は「お得に通えるパーソナルジムを知ること」を目的に作られたものです。

 

パーソナルジムを検討されている人に筆者の体験や筋トレの豆知識を余すことなくお伝えします。

 

全国のパーソナルジムを網羅しておりますので、お急ぎの方は下記の目次を見ていただければ、すぐにお読みいただけます。

 

1 パーソナムジムに通う前に覚えておきたい基礎知識

パーソナルジムが高額な理由

 

パーソナルジムとは

 

「一人一人に合わせた筋トレや食事指導によって最短でダイエット効果が出やすいジム」

 

のことです。

 

「ライザップ」が有名ですが、たくさんありすぎてどこを選べばいいかわからないような状況になっています。

 

なぜなら事業者側は少額で始められることができ、料金相場は20〜30万円と高額であるためビジネスとしては美味しいからです。

 

パーソナルジム市場は急速に伸びてきており、「隠れ家」「糖質制限なし」「AIマシン」といった各パーソナルジムで差別化が図られています。

 

今後は「筋肉の部位専門」「オンライン」「低価格化」の流れが予想され、一人一人に寄り添ったサービスの向上に各パーソナルジムも取り組むことになるでしょう。

 

お客の取り合いや売り上げをあげるために10年前は悪徳商法の温床だったジム業界ですが、市場の活況とともに良質なサービスを極めるところが増えてきています。

 

ライザップの一極状態から多様化の傾向が2018年ごろから続いていますが、月額1万円〜通えるパーソナムジムもでてきています。

 

ダイエットをしたい側としては嬉しいですが、売り上げに悩むパーソナムジムも出てきています。

 

悪い業者に引っかからないように通う前に基礎知識をつけておくのは非常に大切です。

 

無料体験では最後にクロージングがある?

 

私はパーソナルジムに通う前にいろんなパーソナルジムの無料体験に参加していました。

 

なぜなら無料体験だけで痩せる仕組みや糖質制限についての知識を学べることができるので、「これを1ヶ月1回ペースで続ければ痩せるのでは、、、」と考えていたためです。

 

実際には「エクササイズコーチ」に通うことを決めたのですが、どこのパーソナルジムも最後にはやんわりとした勧誘はあります。

 

強引な勧誘はさすがにどこのパーソナルジムもしてきませんでしたが、

 

①今の悩みやこれまでのダイエット経験をヒアリング
②実際にトレーニングして効果を実感
③通うかどうかの最終確認

 

営業マンとしてはお客様がその場でメリットを実感できるという羨ましい限りの商品なのですが、筋トレで疲れた後に

 

「〇〇さん、今後どうしますか?月4回からでも始めてみますか?」

 

ときかれると正直、「はい!!!」としか言いようがないですよね。

高校に体育会系の部活に所属していた身としては久しぶりに味わった爽快感もあいまって何も考えずに入会をしてみたくなるのです。

 

しかし、家に帰って料金を払う余裕がないことに気がつき改めて考えさせてほしいと電話をすること3回。

 

実際に通うつもりで無料体験に行っても一旦は家で考え直しましょう。

 

せっかく高いお金を払って通うので、即日入会して後悔することだけは避けましょう。

 

それだとハードなトレーニングが始まる前に心が折れてしまいます。

 

糖質制限が減量に効果的なのはなぜ?

 

痩せたいと思った時にやってしまいがちなのが「断食」

 

私も23歳くらいの時にお金がなくてマックのコーヒーだけで3日間生活をしていたこともあるのですが、断食をしていると確かに痩せていきます。

 

食べ過ぎなければ太らないのです。

 

その時は腕もやせ細って70キロ→60キロになったのですが、リバウンドして68キロに落ち着きました。

 

筋肉が落ちてしまうと基礎代謝も落ちてしまい太りやすいカラダになってしまうのです。

 

そのため多くのパーソナルジムでは高たんぱく質・低糖質の食生活を心がけるように指導してくれます。

 

糖質は食後に血糖値を上昇させ、血液中に残った糖質はやがて脂質に変わっていきます。

 

さらに運動不足によって、糖質はエネルギーに変えられることなく脂肪になっていくのです。

 

糖質の過剰摂取は体重増加だけでなく、様々な健康被害もひき起こしてしまいます。

 

そのため糖質が含まれる食事はなるべく抑えた食生活をしていくことがダイエットには効果的なのです。

 

そして、高タンパク質な食生活を心がけることで筋肉に栄養をいきわたらせ、基礎代謝を上げることがダイエットでは大切です。

 

パーソナルジムではかなりハードな筋トレを行い、筋繊維はズタボロになります。

 

そこに何も栄養がないと筋肉の修復も遅くなってしまうため、筋肉をつけたい時にはたんぱく質が大切になります。

 

また、肉や魚に含まれる動物性たんぱく質と納豆に含まれる植物性たんぱく質にも違いはあります。

 

たんぱく質にはBCAAという成分が含まれていることが多く、これを運動前に摂取することで疲れが感じにくくなるといった効果があります。

 

糖質制限というと難しく思いますが、知れば知るほど食事によって栄養素やその成分が脳内物質に与える効果などを知ることができます。

 

そうなると筋トレだけでなく食生活を考えるのが楽しくなってきますし、時に男性の方は食べ物についてマニアックな知識を語ると合コンではちょっとしか小話になります。

 

私はこの豆知識を上司との会話に生かすことができ、仕事のコミュニケーションに困らなくありました。

 

なので、糖質制限は減量だけでなく、仕事のパフォーマンスを上げるうえでも効果的です。

 

食後に眠くなるなんてこともなくなりますし、自分自身をコントロールできている全能感は最高ですよ。

 

糖質制限はリバウンドの危険がある?

 

私はパーソナルジムから離れて早2ヶ月(2019年3月終了。5月26日現在)になります。

 

筋肉量は多少落ちていますが、週2回近くの体育館に通って筋トレをしています。

 

体重は2019年2月に73キロだったのが、現在は65〜66キロ前後に落ち着き、糖質を抑えた食生活を心がけ、基本的に以下のような食事をしています。

 

コンビニのサラダに栄養ってあるの、、、?とちょっと不健康に感じたので、最近は自炊をしています。

 

この時期は八宝菜も安くてお肉をさっと焼いて添えるだけで男飯の中でもハイグレードな夕食が出来上がります。

 

以前はこれが白米1合やパスタ2束でしたので、それは太って当たり前の食生活をしていたのです。

 

今さら白米やパスタを爆食いして、血糖値バク上がりさせようとも思いませんし、松屋の朝食も白米を抜いて食べれば最高に高タンパク質なメニューです。

 

あとは納豆の植物性たんぱく質とナッツ、バナナの組み合わせは軽食には最高です。

 

トリプトファンでセロトニンを生成し、、、とこれを書くと長くなりますので興味のある人はこちらの記事を見てみてください。

 

トリプトファンと睡眠の関係、BCAAとビタミンB6の効果を実体験をもとにして書いています。

 

コンビニで買えるダイエットに効果的な食べ物

 

ローソン:冷凍ブロッコリー 鯖 納豆
セブンイレブン:ピーナッツ 納豆
ファミマ:ロールチキン ピーナッツ 納豆

 

サラダチキンはどこの合成肉が入っているか不安になり辞めてしまった派の僕です。

 

ダイエットの味方として有名なサラダチキンですが、食べ歩きもしにくいし、気付いたら汁が垂れていたりと良い思い出がありません。

 

揚げ鶏やLチキ(柚子胡椒味)もタンパク質摂取のため食べていたのですが、やっぱり合成肉って怖い、、、と最近は止めています。

 

しかし、ファミマのロールチキンだけはやまられません。

 

220円とちょっと高めですが、あの肉の塊をガッと食べると仕事中でも満腹中枢の満たされ方が半端ないです。(筆者調べ)

 

あとはローソンのピーナッツはまずいことと納豆はどこのコンビニで最高の高タンパク質商品として売られてます。

 

ちなみにローソンではひきわり納豆も売られていますし、冷凍ブロッコリーや鯖も美味しいですよ。

 

心が折れたなら休むのもあり

 

お金をかけて太ってお金をかけて痩せる。

 

このTHE資本主義社会ともいうべき現象に近年、莫大なお金が流れ込んでいます。

 

人々は物よりもヘルスケアにお金を使うようになり、こぞってジムに通っているのです。

 

ちょっといけてる東京カレンダーの男みたいになりたいと思い、パーソナルジムに颯爽と通い始めるも現実と理想のギャプには私も悩まされました。

 

ライザップには通えなかったので、エクササイズコーチを選んだのですが、実際にはメンタルも筋繊維もバキバキにへし折られるハードな筋トレ。

 

高校時代の夏休みにベースランニング連続10周をさせられた時の7〜8周目の強度で、AIマシンが襲いかかってくるのです。

 

実際にはめちゃくちゃ筋肉には効いてきて最高のトレーニングなのですが、正直自分を変えるのはきついですよ。

 

新しい自分になるためにはこれまでの自分を捨てなくてはいけませんし、それが筋肉と脂肪なわけですから肉体的な負荷でメンタルもやられてしまうのです。

 

そして、糖質制限も今のように色々考えてできているわけではありませんでした。

 

サラダチキン3食生活をいきなり始めてみたり、我慢できず深夜にサイゼリアに駆け込んだり。

 

実際に2月には71キロから73キロまで増量してしまいましたし、ふてくされて行かないこともありました。

 

仕事をしながら新しいストレスを抱えるは本当に辛いですし、心が折れてしまったのです。

 

そんな時は休むことも必要です。

 

肉体的に辛いということはそれだけ筋肉が生み出されていることの表れですし、基礎代謝が上がればあとは食生活を変えるだけで無理せず痩せていきます。

 

無理せず痩せるって無理だろ、、、と以前は思っていたのですが、この基礎代謝と食生活の見直しさえできればあとは正直身をまかせるだけという感覚です。

 

なので、辛くなったらその分休みましょう。

 

無理しすぎて食べ過ぎたりするのがよくありませんから。

 

【結論】筋肉増強と食事制限の仕方は人それぞれでOK

 

パーソナルジムでは画一的な指導が行われがちです。

 

トレーナーの人も生活がありますし、勝手なことはできません。

 

しかし、その人の知識レベルと生活習慣まではトレーナーの人も分かりかねるためしばしばミスマッチなトラブルは起こりがちです。

 

私も糖質制限の指導を受けた際に

 

「人参やジャガイモには糖質が多く含まれるので気を付けましょう」

 

と言われた時には「いや食べるものなくなるじゃん、、、」と正直なところ呆れてしまいました。

 

人参やジャガイモを主食にしている民族でもないし、そんな影響ないだろう、、、と。

 

また、トレーニングの後にはストレッチの時間もなかったので始めたての頃は腰を痛めてしまいました。

 

なんで体のケアについてなにのも言ってくれないのか、、、と不平不満は溜まっていくこともありました。

 

しかし、このような失敗や挫折を繰り返していくうちに自分の筋肉やメンタルが変化していくことに気がついたのです。

 

最初はうまくいかないこともありますが、続けていくことでいろんな気づきが生まれていくことが「パーソナルジム」の役割でもあります。

 

「パーソナルジム」に通うだけで痩せるといった甘い考えは今のうちに捨てておきましょう。

 

ただただ鵜呑みにするのではなく、筋肉増強と食事制限の仕方も自分に合ったものを見つけていくことが大切です。

 

「パーソナルジム」はあなたが変わるための手段にすぎません。

 

ダイエットで減量やスタイルアップといった目的に対してあなた自身がどう変わっていけるかが何よりも大切なことです。

 

2 27歳男性(筆者)が3ヶ月で6キロ減量した秘訣と失敗談

 

糖質を意識しすぎて不健康に

 

パーソナルジムという響きに憧れを抱き、いろんなパーソナルジムを探し始めたのが2018年12月のことでした。

 

今から考えると恐ろしい話で、朝は松屋朝食、昼は中華orカレー、夜はサイゼリア、寝る前にビール2缶と柿ピーorポテチ。

 

よくぞここまで不健康な食生活を送れたな、、、と思うほどにひどかったのです。

 

食費も1日3000円オーバーで、手取り20万円のしがないサラリーマンとしてはストレスを食事で発散するしかなかったのです。

 

そんな自分を変えようとボーナスを使ってパーソナルジムに通うことを決意したのです。

 

しかし、通い始めて1ヶ月目は辛いことばかりでした。

 

筋肉はバキバキになるし、筋肉痛で仕事にも集中できないし。

 

さらに食事制限を急にやりすぎて、体調は悪くなるし。

 

自分が馬鹿だっただけなのですが、食事のすべてをサラダチキンと野菜スティックにした食生活を送っていたのです。

 

確かに糖質は抑えられますが、あのクソ寒い2月に冷たいサラダチキンと野菜スティックを一生懸命食べていたかと思うと泣けてきますね。

 

食べ過ぎの見直しは人生の見直し

 

血糖値を爆上げして眠りについていたあの頃。

 

何かを変えたいけど、何も変わらない日々の中で体重だけは変わっていきました。

 

仕事の退屈さや人間関係のストレス。

 

他に何もないからだた食事で発散するしかない。

 

そんな人生を送っていると、さらなる悪循環に陥っていくのは明らかでした。

 

東京カレンダーのダンディな男たちのようになりたい。

 

そう思って頑張ってみても、結局サイゼリアが一番おいしことに気づいて現状維持を繰り返していました。

 

食べ過ぎて寝不足になり、仕事もうまくいかなくなり。

 

食事のコントロールができない人間は、人生をうまくコントロールすることもできません。

 

食生活を見直すことで、今までどれだけ余計な食事をしてきたのかわかるようになり、自分の人生も良い方向に変化してきたと実感しています。

 

食生活が見直せてはじめて減量が始まる

 

2月初旬から通い始めて3月の終わりには73キロ→68キロにまで減量していました。

 

しかし、1ヶ月経った2月の終わりごろには体重は増えたり減ったりで、かなりストレスでした。

 

筋肉が増えて運動をしている分食べ過ぎてしまったり1ヶ月目はイマイチ効果を実感できないでいたのです。

 

そうこうしているうちに3月に入ると70キロ前後まで少しづつ体重は減っていったのです。

 

つまりは基礎代謝が1日の摂取カロリーを上回り始め、体の中の脂肪をエネルギーに変え始めたのです。

 

筋肉は増え、脂肪は減少する。

 

これがダイエットの目指す基本中の基本なのです。

 

なので、筋肉さえつけることができれば、あとは食生活を見直すだけで痩せていきます。

 

しかし、多くの人は食事についての知識もありませんし、運動もしません。

 

そのため太ってしまうのです。

 

パーソナルジムで筋トレをするだけで筋肉は自然とついていきます。

 

かつての自分もそうでしたが、教えてもらった食事指導をどれだけ自分のものにできるかが大切です。

 

どれだけ食費をかけられるか?
今まで好きだったものを食べない代わりに満足出来る食べ物はあるのか?
ストレス発散のために爆食いするなら何がいいのか?

 

私の場合はスーパーで鳥の胸肉を3枚買ってきて、炊飯器で蒸し焼きにして思い切り食べています。

 

パーソナルジムがすべてを変えてくれるわけではない

 

パーソナルジムに行くとダイエットをしている気になります。

 

形から入るのはとても重要なのですが、いかんせん効果が出るかどうかは自分次第です。

 

筋トレしたからといってスタバのフラペチーノをたくさん飲んでいては減量はできませんし、深夜に安い酒で眠りにつくなんて持ってのほかです。

 

せっかくお金を払って通うのであれば、使い倒すくらいのノリが必要になりますが、依存しすぎるのもよくありません。

 

自分の食生活を見直して、さらにはこの食材にはどんな栄養が含まれているのか?

 

そして、その栄養成分はどのような脳内物質を分泌してどう効果があるのかなど自分で調べて考えることも大切です。

 

パーソナルジムがすべてを変えてくれるわけではないのです。

 

運動不足よりも食べ過ぎが太る原因

 

パーソナルジムでの経験を糧に今では自分でプロテインを飲んでみたり、どうすれば疲れにくい体になれるのか人体実験をしています。

 

朝はしっかり食べたほうがいいのか?

 

仕事中はピーナッツと鶏胸肉で済ませてたほうがいいのか?

 

夜は納豆を食べてトリプトファンを出したほうがいいのか?

 

仕事でストレスを抱えた時にはタンパク質を多く摂取したほうがよかったりするなど、日々考えながら食事をしていると新しい発見が芽生えてきます。

 

スーパーで八宝菜が安かったり、鶏胸肉に飽きて豚のステーキをチョイスしたり。

 

今まではお米にカレー、パスタにミートソースが定番でしたが、今では考えられないです。

 

また、今ではそこまでハードなトレーニングをしていないのですが、太りにくい食生活を実践しているので体重が増えることはありません。

 

少し太ってきたかな?と感じた時には睡眠をしっかりとって、食事を見直すだけで今ではOKなのです。

 

幸せの定義は人それぞれですが、脳内物質のセロトニンを出すことで人は幸せを感じられることが科学的に証明されています。

 

かつての自分はお寿司3人前を出前で頼んで幸せを感じていました。

 

しかし、食後に糖質を爆上げして、昼寝をしていたあの休日が幸せだったのか今となっては定かではありません、、、

 

それと同じように上司から解放されるランチタイムにインドカレーや王将で爆食いしていたあのひと時が幸せだとは今では思えません。

 

仕事に戻ると睡魔に襲われ、とんでもなく下手な仕事をしてしまっていたからです。

 

食事の管理ができていないと、このように自己管理もままなりません。

 

とは言っても糖質制限の知識がないと今も糖質中毒のままだったことでしょう。

 

3 パーソナルジムの選び方

 

手取り20万で通えるパーソナルジムはある?

 

27歳サラリーマンにとって「20〜30万」の出費は死活問題です。

 

知り合いの中にはリボ払いでパーソナルジムに通う猛者もいますが、さすがに私はそこまでできませんでした。

 

自分の生活費を考えてパーソナルジムも選ぶ必要があり、その際に安いところを選んでしまったが故に質の悪い指導しか受けれなかった、、、といった事態だけは避けたいですね。

 

本当に情熱や社会的意義をもって経営をしているパーソナルジムは「他のところを見てきてからうちを選んでください」といったスタンスのところもあります。

 

実際に人気のパーソナルジムは定員満員で人手が足りないところもあります。

 

そんなパーソナルジムにめぐり合うことができればいいですが、何も知らないとそもそも足を運ぶのも億劫になります。

 

そこで、パーソナルジムの選び方や体験会の時にチェックするべきところをご紹介します。

 

ちなみに月額1万円台から通えるパーソナルジムはこちらです。

 

トレーナーとの相性でパーソナルジムは選びましょう

 

どうしても自分を変えたい時にだけパーソナルジムに通うべきです。

 

本を読んで糖質制限を心がけた結果、減量できる人もいますし、無理にお金を払うのだけはやめましょう。

 

実際にパーソナルジムの雰囲気を感じて、トレーニングを受けてみるとそれぞれのパーソナルジムにも違いがあることがわかります。

 

もし自分が知っていることを答えなれないビギナーのトレーナーがいるところは避けたほうが無難です。

 

トレーナーは憧れの存在であるほうがいいですし、バイト感覚でやっているのが伝わるとこっちのモチベーションにも関わります。

 

痩せたいけどどうしていいかわからない人をどうやって入会させるか?

 

トレーナーもバカではないのでしっかりと研修は受けています。

 

しかし、経験の浅いトレーナーにあたるとそれなりの指導しか受けれないのです。

 

入る前はそんなのいいからやってみようと思っていると後々後悔しますので、しっかりとトレーナーは自分で選び抜きましょう。

 

LPの過剰広告には騙されない

 

パーソナルジムのLPを見たときに「2ヶ月で20キロ減量!」と出てくるのは本当の話ですが、もともと糖質中毒で太っていた人限定です。

 

私もいろんなLPを見て、「こんなに痩せるの??」と感心していたのですが、私のような73キロの成人男性が53キロになるにはさすがに過酷すぎます。

 

65キロ前後にキープはしていますが、ここからさらに絞り込むトレーニングに特化して行うとなると、それはボクシングの減量しかないと思います。

 

実際のところ過剰広告ではなく本当の話なのですが、パーソナルジムによっては3ヶ月で10キロ減量など違いはあるのでくまなくチェックしましょう。

 

特に糖質制限NGをうたっているパーソナルジムはトレーニング期間が3〜4か月と長いのが特徴です。

 

2ヶ月の料金は安いといっても延長料金が取られて、結局高い、、、なんてことにならないように気をつけましょう。

 

糖質制限NGといいますが、糖質制限の場合でも糖質を全く取るな!というわけではないですし、見極めが大切です。

 

しかし、初めてパーソナルジムに通う気でいるといろんなものが初めてなので後々騙された、、、と感じることも少なくありません。

 

まずは無料体験でお得感を感じてから、いろんなパーソナルジムを吟味してくことが大切です。

 

筋トレをしたくない人はホットヨガという選択も

 

スマホの普及によって自分を見つめ直す時間も取れない時代にあって、筋トレのような刺激的な行為を生活に取り入れるのが生理的に合わない人も少なくないと思います。

 

正直、私ももう一度パーソナルジムに通うたいかというと「否」です。

 

しなやかなメンタルと身体をつくれるのはやはりヨガしかありませんし、まず捨てることから始めるヨガは筋トレとは違った方向から自分を高めてくれます。

 

ヨガの基本は「呼吸を吐く」ことから始まります。

 

余計なものをそぎ落としていく中でセロトニンが分泌され、思考がクリアになっていきます。

 

忙しい毎日で忘れがちな大切なことに気がつき、人生を見つめ直すことができるのがヨガの一番のメリットです。

 

もしも腰痛などを抱えている人はパーソナルジムよりもホットヨガスタジオで運動習慣を身につけることも選択肢の一つになります。

 

4 パーソナルジム終了後の経過と対策

 

運動しなくても太ることはなくなった

 

太りやすい食生活を経て、今はどれだけ健康的な生活を送れるかを考えながら食事をしています。

 

特に蕎麦よりもステーキの方が糖質が少ないため、健康にはいいことがわかってからはお肉ばかり食べています。

 

実際昼から肉を食らうと午後の活力のみなぎり方が段違いですし、糖質でテンションと血糖値を上げていた頃に比べるとその差は歴然です。

 

蕎麦や玄米は砂糖を食べているのと同じ!と極端かもしれませんが、糖質を昼間から摂取するなんてことはもう今の私にはできません。

 

飲み会でビールをたしなむ程度で、糖質をたくさん取らなければ何でもOKくらいの気持ちでいると自然とストレスもかかりませんよ。

 

BCAAとEAAを毎日摂取し始める

 

「プロサップス・ハイドロBCAA」を飲み始め早1ヶ月ですが、BCAAを朝に飲んでおくと日中の疲労感が全然違います。

 

エクササイズコーチに通っていた時から芽生えた「もっと体にいいものを食べたい」という思いが高じて最近は

 

八重山クロレラ
グレイト プレーンズ ベントナイト デトックス
Vital Nutrients Vitamin D3 5000 iU 90 カプセル

 

といったサプリメントの導入を検討しています。

 

このセットはとある旅人が徹底的にデトックス研究した結果、選ばれた商品たちです。

 

本当に効果があるのか私の人体で研究してみたいと考えています。

 

最近ではよりマニアックな栄養成分を摂取したくなっています。

 

パーソナルジムでは一過性ではなく一生ものの知識と習慣を身につける

 

パーソナルジムでのハードなトレーニングを経て、そろそろ筋肉量も落ちてきているかなと思う今日この頃です。

 

65キロ前後で体重は推移していますが、これから夏にかけての季節はデトッスクにもいい季節です。

 

糖質を抑えた食事を心がけるだけでも痩せていくので、やはり食生活の見直しが一番大事かなと思います。

 

そして、サラリーマン生活でやせ細った筋肉を2ヶ月で集中的につけてしまえば、OKです。

 

この2ヶ月さえ集中して取り組めるかどうかが大切です。

カテゴリ別の最新記事