こんばんは。加藤です。




とうとう巨人が13連敗となってしまいました。




なんでクルーズを一軍に上げないんだ!と周りから指摘され、代わりに中継ぎのカネミロを二軍に落とした矢先に終盤で失点して敗北するなどちぐはぐな采配が目立ちます。




しかし、コーチ経験もない高橋由伸に監督をさせて参謀が村田ヘッドコーチという巨人のフロントは野球を知っているか???と思ってしまうくらいに今年の巨人は弱すぎます。




次期監督や連敗の理由について調べてみました。

【スポンサードリンク】

連敗の理由は清武粛清?

清武の乱から経費削減や3軍の廃止などこれまでの清武システムを廃止することだけを目的にチーム作りが行われてきました。




今ではレギュラーとして活躍する若手野手は小林誠司くらいで、岡本和真、和田恋といった上位で指名した野手はほとんど1軍レベルに育てきれていません。




かろうじて重信慎之介、山本泰寛といった選手は使われてはいますが、総じて皆小粒な選手ばかりで上林誠知、田中広輔、森友哉、茂木栄五郎といった選手をなぜ獲得しなかったのか巨人のドラフト担当の判断が気になるところです。

巨人ドラフトの今後は?

他球団は総じて甲子園で活躍した選手を重複しても獲得しようとしているのに対して、巨人は重複を恐れ、一本釣りできる選手ばかりを狙っているように感じます。




ドラフトの方向性から変えていかないと、スタメンの選手は高齢化が進み、新陳代謝がうまくいかないまま衰退していくことでしょう。




阿部慎之助や長野久義からスタメンを奪うような若手野手の登場を期待してはいるのですが、坂本勇人以降まったく若手が育っていない現状を見ると、若手選手にとって巨人の看板を背負いながら育成されるのは厳しいのかなと感じてしまいます。




ですので、昔のように外様を獲得してきてそれに合わせて若手を1軍に慣れさせていくというのがいいのではないでしょうか。




やはり、坂本勇人が出始めの頃も小笠原やラミレスが全盛期でチームを引っ張っていましたし、いきなり若手に過度な期待をしてしまう今となっては若手も育つに育ちません。




陽岱鋼や山口俊も復調傾向にあるのでここから巻き介して欲しいところです。

高橋由伸の監督就任の経緯

監督人事に関しても現役を続けたかった高橋由伸の意向を無視して、慶應OBでGMや1軍運営部長、2軍育成ディレクターを固めた上での監督就任要請。




もともとヤクルト入団を希望していた高橋由伸でしたが親御さんの金銭問題もあり巨人に入団した経緯がありました。今回の監督就任も本人との意思とは全く関係ないところで行われていました。




阪神の金本知憲もコーチ経験がないままに監督になりましたが、ファンや球団、現役選手も一丸となって金本知憲の監督就任を後押ししてのものでした。




それと比べると高橋由伸の監督就任以降の顔色を見ているとイヤイヤ監督やってます。




という感じがしてきて今のチーム状態を現しているなぁと感じてしまいます。

【スポンサードリンク】

高橋由伸監督解任の可能性

このままいくと連敗の責任をとって首脳陣の入れ替えを断行しなくてならなくなります。




不名誉な球団記録を作ってしまったことでフロントとしてもどこかで責任を誰かにとらせないと示しがつかなくなってしまいます。




しかし、フロント主導のチーム編成や監督人事によってここまで巨人がめちゃくちゃになってしまうとは。




取締役会長渡邉恒雄相手になぜかコンプライアンス違反を訴えた清武英利球団代表の頃から内部の腐敗に関しては気にはなっていましたが、チーム編成やドラフトに関しては単純に小粒な選手ばかり獲得してチームを引っ張る選手に育つわけがないと思うのです。

監督後任は中畑?

時期監督に関してはやはり中畑清がいいのではないでしょうか。




ファンサービスもいいですし、明るいキャラで横浜を復活させました。もしかして、高橋由伸ではなく中畑清ならば巨人を復活させることもできるのでは。




選手起用に関しても筒香嘉智や梶谷隆幸をクリーンナップに育て上げ、山口俊の先発転向など選手のことをよく理解して起用していました。




心血を注いでチームのために監督をしている中畑清目当てに球場にファンも足を運んでくれるのではないでしょうか。




とりあえずそろそろ勝ってくれ!!!




では!

 

【スポンサードリンク】