ポルトで活躍中の

ポルトガル代表

アンドレ・シウバ

(André Miguel Valente da Silva)

がロシアで行われる

コンフェデレーションズカップ2017

に出場します!

【スポンサードリンク】

クリスティアーノ・ロナウド2世

の呼び声高いアンドレ・シウバですが




マンチェスターユナイテッド

イブラヒモビッチに代わる

CFとして獲得を検討している

との情報もあり、




かつてロナウドがたどった

マンUへの道をたどるのか

注目が集まっています。




ロナウドと同じく容姿端麗で

天性のCFとして若手選手の中でも

最も注目された存在といえます。




ロナウドばりのフィジカルの強さ

だけではなくテクニックも兼ね備えており、

洗練されたボールタッチなど

プレースタイルにも注目が集まっています。




1995年11月6日生まれ

21歳は3月に行われた

ロシアW杯予選ハンガリー戦でも

1ゴール1アシストの活躍を見せており、




ロナウドにも「怪物級の働き

と称されるほどに期待を受けています。




コンフェデレーションズカップ2017でも

ロナウドの共闘が見られるとあって

新旧のポルトガルエースの活躍に注目です!



アンドレ・シウバのプレースタイルは?

2011年にポルトに入団した

アンドレ・シウバですが、




2013年にはポルトのBチームに昇格。

ポルトといえばベンフィカや

スポルディングと同じく

育成クラブとして有名です。




最近ではラダメル・ファルカオ、

リカルド・カルヴァーリョ、

ハメス・ロドリゲス、

フッキといった




世界的なプレイヤーを数多く輩出し、

掘り出し物を安く仕入れて、

自分のチームで育て上げ

高値で売りさばく




いわゆる錬金術によって

多額の移籍金を

生み出していることでも有名です。




今シーズンの前には

69億円もの契約解除金

設定されており、




こういった若手選手の活躍を見越して

契約解除金を設定するなど

抜け目がない経営も




ポルトが育成クラブとして

名をはせる一つの要因となっています。




U-19欧州選手権では

5得点の活躍を見せており、

U-20ワールドカップでも4ゴール、

U-21代表でもハットトリック

を決めているなど




各年代別の試合においても

確実に得点を決めてアピールをしてきました。




天性のストライカーとの呼び声高い

アンドレ・シウバですが、

生粋のセンターフォワードとして期待されています。

【スポンサードリンク】

最近のポルトガル代表について

アンドレ・シウバには

69億円もの契約解除金

課せられており、




来季にかけての移籍は

かなり難しいものとなっています。




しかしながら

コンフェデレーションズカップ2017

での活躍によっては




マンチェスターユナイテッド

獲得に乗り出しても

おかしくないほどの逸材です。




マンチェスターユナイテッド

に関してはグリーズマンをとり逃がし、




エヴァートンのルカク

標準を合わせていると考えられますが、




モウリーニョのサッカーには

強力なCFが不可欠になるので




ルカクも諦めるとなれば

アンドレ・シウバの獲得も

おかしくないと考えられます。




レアルマドリード

バルセロナバイエルンなどの

強豪も間違いなく調査には

乗り出しているので、




コンフェデレーションズカップ2017

での活躍次第で

ビッククラブへの移籍の道は

開かれるとみて

間違いありません。




EURO2016での

ポルトガルの優勝は記憶に新しく、

クリスティアーノ・ロナウドだけでなく

若手の人材も育ってきています。




ディフェンスラインには

ドルトムント・ラファエル・ゲレイロ

ベンフィカ・ネルソン・セメド

サウサンプトン・セドリック・ソアレス




中盤には

マンチェスターシティ ベルナルド・シルバ

インテル ジョアン・マリオ

バルセロナ アンドレ・ゴメス,




スポルティング ウィリアム・カルバーリョ

バイエルン レナト・サンチェス

スポルティング ジェルソン・マルティンス

シュツットガルト カルロス・マネ




これだけ有望な選手たちを

生み出しているポルトガルですが、




やはりチームの核となるのは

ロナウドリカルド・クアレズマ

ナニぺぺといったベテラン勢。




この若手とベテランが

うまく噛み合っていることで

ポルトガルの強さが生まれています。

まとめ

コンフェデレーションカップ2017

が個人的にはかなり楽しみなのですが




アンドレ・シウバに関しては

周りの奴らもすごいし

本人もすごいし

この世代どうなっているんだ

という感じですね。




ただ、まだまだビッククラブで

活躍するビジョンが

見えていなところもあり




もう1シーズンポルトで

プレーしてもいいのかなと思います。




レナトサンチェスの前例もあり、

今シーズンはムバッペの活躍が

凄まじかったので




来シーズンの注目株として

世界的に名前が知れ渡るのが

ベストではないでしょうか。




今のマンUでCFやるのは

選手の成長過程としては

時期尚早な気もしますし、




出場機会確保できるところで

プレーするのがやっぱり若い頃には

一番いいと思います。




ポルトはお金出せば

出してくれそうな気もしますが、




とりあえず今は

コンフェデレーションカップ2017

やポルトガル代表での

活躍を期待しましょう。




では!

【スポンサードリンク】