まさか田中裕子が偽札作っていたなんて思いもよらなかったですが、2話の予告ではカレー屋さんの2人に広瀬すずが連れ去られそうになっているなどお金を巡ってバトルが繰り広げられそうですね!


カノンさんの病気を治したい広瀬すずことハリカ


カレー屋さんを守りたい阿部サダヲと小林聡子


偽札を刷りまくっている田中裕子こと亜乃音


三者三様に思惑が渦巻いてストーリーが展開していきそうですが、結末予想など詳しく調べてみました!

【スポンサードリンク】

anone 名言まとめ

坂元裕二脚本らしい名言が1話から飛び出していますが、偽札を巡る争いの中にも人々の人間味あふれる様子が描かれていますね!


特にハリカが更生施設で育った孤児であり、仲間のシャツのシミがいつどこで付いたのかも知っているという場面や漫画喫茶、カラオケ、ファミレスなど坂元裕二作品らしいと評価を得ています。


しかし、今回はお金がテーマとなっているので最高の離婚やカルテットなどのように大人の余裕を感じさせる暇もないほどに序盤から激しいストーリー展開となっています!


ハリカがおばあちゃんとの思い出に石を投げつけたり、孤児という設定だったりなかなか厳しい人生の局面で亜乃音という偽札を作っているおばちゃんと出逢うわけです。


さらに、カレー屋さんを同級生に乗っ取られそうになる阿部サダヲやそれを助けようとする小林聡子も偽札を狙っており、社会のレールから外れた人々のお金を巡ったストーリーとなっていますね。


かなり切羽詰まった物語となりそうですが、1話から名言が飛び出しているのでまとめてみました!

ハリカの名前の由来は?




ハリカは当初ハズレという名前で呼ばれていますが、カノンが名前を思い出させてくれましたね!


ハリカはあのねが口癖でもありますが、ブルーを基調とした服装にも何かメッセージ性があるようです。


ちなみにハリカの名前の由来ですが、


ギリシャ語=よろしく


トルコ語=素晴らしい


の2つの説が考えられます。


また、ハリカ=羽?との考察もあり


青羽るい子と対になっている可能性もあります。


持本舵の舵や紙野彦星の紙など関連性も高い言葉が並んでいますが物語の今後が楽しみですね!

【スポンサードリンク】

裏金や亜乃音の娘は?




林田印刷所で裏金を刷りまくっていた田中裕子ですが、子供達に裏金を見つけられ、燃やしているところもカレー屋さんの2人に見つかるなどかなりガードは緩いですね!


こんな適当さで裏金を刷りまくっているのは最終的に物語の整合性が取れるのか謎なのですが、とにかくこの裏金を巡って人々の卑しい思惑が渦巻いています。


ここでキャラクターの名前の羽や舵や紙がキーワードになってくるのかもしれません。


そして、2話では19歳の時に家出した亜乃音の娘がガソリンスタンドで働いていることが予告では明らかになっていますが、亡くなった夫とは仲良くしていたのになぜか亜乃音は嫌われているというかなりショッキングな写真も出てきますね。


そこからハリカと一緒に美味しそうに食パンを食べているシーンになるので娘の面影をハリカに重ね合わせていくのかも知れません!


そして、何よりハリカが住む家とご飯を見つけたことが2話の象徴的なエピソードとなりそうです。

anoneの結末予想!

亜乃音とハリカが最終的には親子のようになるのは予想できますね!


そこから亜乃音がカレー屋さんの2人の企みに引っかかり、お金は無くとも幸せ的な展開になる可能性もあります。


ハリカとしては親代わりの亜乃音ですが、亜乃音としては失踪した娘の面影を追うことになるのでそこでも一悶着ある気もしますね。


最終的に坂元裕二が世間のルールからはみ出したキャラクター達をどこまで墜落させて救いの手を差し伸べるのかわかりませんが、何と言っても偽札が絡んでいるので全く救いようのない犯罪者として描かれてしまうのでしょうか。


そこから真実の人間愛を見つけていく物語なのでなかなかの意欲作となりそうです!


では!

【スポンサードリンク】