仙台大学の馬場皐輔がドラフト1位での指名候補となっており、話題になっています。



仙台育英時代から鈴木天斗とともに明治神宮大会を制するなど激闘を演じてきましたが、仙台大学でも急成長を遂げました。



今回はそんな馬場皐輔について調べてみました!

【スポンサードリンク】

馬場皐輔の出身中学や高校・球速は?

馬場皐輔は宮城県塩釜市出身で小学生の頃に塩釜ドラゴンズで野球を始めました。



出身中学は塩釜三中で七浜シニアから仙台育英高校に進学します。



高校2年秋からは明治神宮大会で聖光学院や北照から完投勝ちをおさめるなど活躍。



春の選抜大会は早稲田実業や高知高校と対戦し、ベスト8まで勝ち進みました。



夏の甲子園では伝説の乱打戦とも言われている浦和学院との試合で好リリーフを見せ11対10のサヨナラ勝ちを手繰り寄せました。



同級生にはソフトバンクホークスで活躍する上林誠知がいるので対戦が楽しみですね。



現在では身長180cm体重90kgから最速155キロを投げ込みます。



テイクバックが小さく、縦の変化球だけでもスライダー、フォーク、カーブを投げ分けるので的が絞りきれず攻略が難しくピッチングスタイルです。

馬場皐輔はドラフトで楽天か広島?

パワーピッチャーでありながらも指先の繊細な感覚に優れ、多彩な変化球を操るピッチングで仙台大学でも一年生の時から熊原健人とともにリーグ優勝を果たします。



2年生の頃には楽天イーグルス2軍相手に7回2安打2失点の好投を見せます。



3年生の頃にはスピードにこだわりすぎて調子を落としたこともありましたが、4年生秋には5勝をマークし、37回60奪三振を記録。



3完封で2失点の活躍で、特に仙台育英でチームメイトの鈴木天斗がいる東北福祉大との一戦では3安打14奪三振で完投勝ち。



本格派のパワーピッチャーでありながらも変化球も多彩とあってプロのスカウトからの評価とうなぎのぼりとなっています。



楽天イーグルスとしては宮城県出身のピッチャーとして是が非でもドラフトで指名したい選手ですね。



ドラフト1位で指名となると即戦力のピッチャーとして評価が高いのでありえない話ではありません。



熊原健人は横浜ベイスターズに指名されたので仙台大学のコネクションは横浜は持っていそうです。



ただ、コントロールにばらつきがあるパワーピッチャーの育成はやはり広島カープが1番だと思うので広島カープが中村奨成の外れ1位で指名してくれればと考えてしまいますね。

【スポンサードリンク】

Twitterの反応

まとめ

馬場皐輔の読み方はこうすけと言います。



仙台育英時代から馬場ワールドと言われるほどに天然キャラで愛されてきました。



ドラフトでは2位以内では指名されることは確実となっています。



では!

【スポンサードリンク】