肉塊が運ばれてくることで有名なバルバッコア。


シェラスコが肉マニアからは絶大な支持を得ているバルバッコアですが、いきなりステーキ好きの私は色んなお肉を食べられるバルバッコアも大好きです!


野菜のバイキングもパルミットやフェイジョアータが食べられるなどブラジル料理を楽しめますね。食べ過ぎるとお肉入らなくなりますが…


鉄串に刺さったお肉がどんどんお皿に載せられて行くので彼女をデートに連れて行くとインスタ映えで喜ばれること間違いなしです。皿は汚れていくので注意が必要ですが…


そんなバルバッコアの新宿店と丸の内店を調べました!

【スポンサードリンク】

シェラスコについて

ブラジル料理のシェラスコは90年代に流行した記憶がありますが、最近はケバブやシシカバブなど肉塊をがっつり食べる食文化が人気のようです。


都内にもキ・ボンやコパ東京、トゥッカーノではシェラスコを食べることができますが、やはりバルバッコアは本店の青山だけでなく六本木や梅田、心斎橋に店を出すなどかなり繁盛していますね。


中東では肉料理をケバブと呼んでいますが、シェラスコはブラジルではバーベキューの意味だそうです。


シシカバブはインド料理ですが、もともとはシーク・ケバブと表記されており、言い間違えが広まった結果日本ではシシカバブと呼ばれるようになったのだとか!


バルバッコアではシェラスコを堪能できるとあって多くの人から高い評価を得ています。

バルバッコア 評価

【スポンサードリンク】

バルバッコア 新宿店

ブラックアンガス牛と呼ばれるサシが入った赤身肉が特徴で、お肉の甘い旨味がジュワッと口の中でとろけていきます。


専用シェラスケーロを使って900度まで火力を上げられるために旨味を逃さず、お肉を焼き上げることができるのです。


また、バルバッコアはブラジルサンパウロからパサドールと呼ばれる専門家が来ており、お肉の管理から焼き上げのスペシャリストで切り分けをしてくれます。


新宿店は家族連れが多く、早く行っても混雑が予想されるので注意が必要ですね。


ここはバルバッコアの中でもとりわけ予約が難しく、混雑していることで知られていますが、なぜかお肉が他のところより美味しいとの情報もあり、バルバッコアに行くならここ!とおすすめします。


ランチメニューや行き方は下記の通りです。


WEEKEND LUNCH CHURRASCO 3,800円


WEEKDAY LUNCH CHURRASCO 3,600円


【土日祝限定】飲み放題付シュラスコランチ 5,741円


平日シュラスコランチ3,600円


シュラスコディナーコース(18時入店)7,900円


シュラスコディナー(20時~21時入店)5,200円


シュラスコディナー(18時入店)5,200円


満腹シュラスコディナープラン 8,100円



バルバッコア 丸の内店

バルバッコア丸の内店は東京駅からほど近い新丸の内ビルディング6Fに居を構えています。


クラシコの名の通りにラムチョップは丸の内店限定だそうです。


ロケーションの良さが魅力で、イチボとサーロインを食べ過ぎてしまわないように注意が必要です!


お値段は高めですが、全種類制覇を目指して食べまくりましょう。


メニューや行き方は下記の通りです。


平日17時予約限定 4,630円


シュラスコセット6,100円


シュラスコ+飲み放題 8,800円


シュラスコ+飲み放題(ワイン) 10,300円


シュラスコ+飲み放題(シャンパン) 14,300円


まとめ

バルバッコアは接客も丁寧でカジュアルなデートや忘年会などシーンを問わず使えるのも魅力です。


お肉を食べたい時にはぜひ利用してみてください。


では!

【スポンサードリンク】