ウィンブルドンでは錦織圭とバウティスタ・アグートが3回戦で対戦。


錦織圭とバウティスタ・アグートはマイアミMSで錦織圭が勝利しているものの芝では初対戦で錦織圭は対戦前にやりにくい選手と語っていました。


バウティスタ・アグートについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

バウティスタ・アグートのプロフィール

7月3日現在

ATPランキング 19位(2155p)

■国籍 スペイン

■出身国/居住国 スペイン/スペイン

■生年月日 1988年4月14日

■性別 男

■利き腕 右利き(バックハンド両手打ち)

■身長 183 cm

■体重 76 kg

■プロ転向日 2004年

■昨年度最終ランキング 14位

■使用ラケット Wilson

■使用シューズ アシックス

■使用ウエア ラコステ

■選手の経歴などの情報

メルセデス・カップ:優勝(2014)

トップシェルフオープン:優勝(2014)

クレムリン・カップ:準優勝(2014)

バウティスタ・アグートのプレースタイルは?


バウティスタ・アグートはスペイン出身の29歳。


シングルスでは最高で13位になるなど実力のある選手です。


両手打ちのバックハンド・ストロークやコート全体を足の速さでリカバリーするのが特徴です。


シングルスでは5勝をしており上海マスターズでは2016年に準優勝を果たしています。


シングルスでは四大大会ですべて4回戦が最高成績となっており、キャリアのはじまりはチェンナイ・オープン2013でトマーシュ・ベルディバを準々決勝で倒したことで注目を集めました。


2017年のチェンナイ・オープンでは見事に優勝して5勝目を飾っていたり、2016年には2016年の上海マスターズではジョコビッチを準決勝で破るなど活躍をみせています。


バウティスタ・アグートのプレースタイルは足の速さを生かした粘り強いプレーです。


もともとサッカー選手を目指したこともあるそうでそこはスペイン出身らしいですね。


弱点はサーブの弱さでリターンエースを決められることもしばしば。


前回のマイアミMSでは錦織圭がストロークを決めまくり、下がったバウティスタ・アグートにドロップを仕掛けるなどほとんど主導権を握られていました。


やはりスピードがあるだけでは走り回されるだけで体力的にもバウティスタ・アグートは消耗させられてラリーをしていただけな感じでしたね。


今日の試合ではバウティスタ・アグートが優勢になっていますが、どのような戦いをしているのでしょうか。

【スポンサードリンク】

バウティスタ・アグートのラケットは?


バウティスタ・アグートの使用するラケットはウィルソンのプロスタッフ97です。


なんかかっこいい名前ですが、フェデラーが商品開発のアドバイザーをしているモデルになります。


フェデラーの他にもディミトロフやベルッチなどもプロスタッフ97シリーズを使っていたことがあり打感が柔らかめで飛びも良いのが特徴です。


オールラウンダーな選手に人気で特にフラットドライブが伸びると評判です。


オールラウンダーに人気の秘訣としては全体的に使い勝手が良く変な特徴がない点が挙げられます。

まとめ


なかなかの熱戦になっているようですが、やはり日の照り返しが激しいようで体力を使い切って戦う他ありません。


結果がでしだい、また試合速報をまとめてみます。

【スポンサードリンク】