飼っていた犬が歳をとるにつれて衰えていくのを見るのは辛いですよね。人間であるならば老人ホームに入ればいいのですが犬の場合だと介護は誰がするのでしょうか?今回は犬の認知症について調べてみました。

【スポンサードリンク】

犬の認知症ってなに?

老犬になるにつれて認知症のリスクは増えていきます。寿命が長くなったぶんこのような犬の認知症の知識を広めていかなくてはなりません。薬に頼るよりも普段の食事に気を使い魚などでDHCを摂取するなど事前の予防が大切です。メイベットDCと呼ばれる栄養補助食品もあるので夜鳴きなどが気になるのであれば使ってみるのもオススメです。

犬の老人ホームについて

犬の老人ホームは動物病院などでもまだ制度が整っていません。犬も高齢化によって病気になりがちになり、認知症になってしまうケースも少なくないです。全国には30ほどの犬の老人ホームが老犬ケアというサイトには掲載されています。老犬ケアのサイトを覗いてみると日数に応じて、料金が犬の老人ホームにも設けられている事がわかります。老犬の中には人間の介護師が餌をあげたり、歩行の手助けなどをしています。なぜなら、老犬は認知機能不全と呼ばれる通称認知症になった要介護の犬だからです。人間が餌をあげる事によって老犬はなんとか生きているのです。

犬の老後について

このような老犬だけではなく、飼い主が犬を手放したい時にもこの施設は利用されています。犬を捨ててしまったり、里親に出すだけでなくこのような選択肢も存在しています。老犬になると手足が細くなり、満足に運動ができなくなってしまいます。さらには、餌もほとんど食べられなくなります。このような介護が必要になる老犬だけではなく人間が面倒をみることのできない年齢になっていたりする場合にも老犬介護の施設は利用する事ができるわけです。

犬の認知症について

犬の認知症については詳しくはあまりわかっていません。なぜなら、獣医学自体が未発達な学問で科学的知見から犬の認知症のメカニズムを明らかにできていないからです。ですので、老犬ホームのように餌を与えたり運動を補助する事によって老犬の脳みそを刺激してあげることは老犬にとっては大切になっています。そうじゃないと、老犬はそのまま認知症として食事も運動もできないからです。かつてはアルツハイマー病と診察されることもあったそうですが、現在では犬の場合でも認知症とアルツハイマー病と分けて考えられています。

犬の認知症の症状は?

犬の認知症に関しては発症が15〜17歳ごろに限定されています。突然、壁の前で立ち尽くすなどの症状が現れ、夜鳴きを繰り返すようになります。さらには徘徊の頻度も高くなります。老犬がこのようなケースに陥るのは老化による認知機能を含めた脳機能の低下が原因となっています。このことによって老犬は感情的にも不安になり、壁に向かってぼさっと突っ立ているだけになったりします。特に飼い主のことすら忘れるようになると本当に寂しい思いに自分もなりましたね。他にも夜に起きるようになって夜鳴きをし始めたり、散歩の途中で今まではしなかった落ちているものを食べたりするなど認知機能の低下が見受けられるようになるのです。

【スポンサードリンク】

犬の認知症の対策は?

そこで、1番気をつけなくてはならないのが老犬を不安にさせてさらに認知症の症状を悪化させてしまうことです。兎にも角にも認知機能が低下してしまうことで今までできていたことができなくなります。ですので、そのフォローをしてあげなくてはならないのです。

夜鳴きをし始めたら体が弱ってるのか精神的に寂しくなっている可能性があります。ですので、昼間にお散歩してあげたり病院に通ったりしてあげましょう。トイレの失敗などが相次ぐ時には老犬も不安になります。ですので、ペットシーツを買ってあげたり、オムツを履かせてあげるなどの対策が必要です。

家の中で隙間に入って出てこれなくなったり、散歩の途中で電柱にぶつかったりするケースが老犬が認知症になると出てきてしまいます。怪我の防止を徹底することによって老犬の不安を取り除いてあげましょう。とにかく感情が不安定になり、何もかもがままならないのが1番危険な状態です。喜怒哀楽の打ち沈みが激しくなり急に甘え出したり吠え出したりします。時には飼い主のことも忘れてしまいます。でも、そんな時には優しく見守ってあげましょう。

犬の認知症 食事や運動は?

認知症の事前の対策としては老犬の脳みそを刺激する取り組みが必要になってきます。食事に関しては魚でDHCを取り入れてみたり、ドッグマッサージも効果的です。基本的にはお金をかけずに散歩に連れ出しコースを色々なところに連れていってあげるのが認知症の予防には効果的です。知らない場所の知らない何かと出会うのが脳にとっては1番の刺激になりますからね。

散歩のコースを変えてみたり、新しい発見を日々していきましょう。そうすることによって老犬の認知症のリスクを予防できます。煮干しや季節の魚もDHCが含まれているので健康には最適です。長生きすれば認知症になりやすくなります。ですので、できるだけのことはしっかりやってお別れしたいですよね。一緒にたくさんお出かけして老犬を退屈させないことが大切ですね。

認知症によって寝たきりになるなど足腰の衰えへの対策も考えなくてはなりません。関節が固まり、脚が曲がらなくなってしまうなど危険が伴います。ですので、マッサージを施してあげることで足腰の関節の固まりを防ぐことができるのです。さらには肌と肌で触れ合うことで老犬の認知症にともなう不安感を取り除くこともできるのです。

寝たきりの血行不良によって床ずれの問題も考えなくてはなりません。できるだけ洗濯のできる素材の寝床ややわらかくて通気性に優れた寝床が必要になります。たまに抱き上げたりしてあげることで床ずれを防ぐことができるのです。

【スポンサードリンク】