2017年のドラフト結果は田嶋大樹を引き当てたオリックスと清宮幸太郎の日ハム、大学生左腕No.1の東克樹を単独指名したDeNAの指名選手が評価を得ています。



逆に巨人の捕手4人取りやソフトバンクの無名高校生投手ドラフト1位指名には疑問の声が上がっており、広島や阪神、ロッテは適材適所なドラフト指名結果となりました。



ドラフト2017の指名選手を一覧にしてまとめてみました!

【スポンサードリンク】

ソフトバンクホークス

1位 吉住晴斗 鶴岡東高校 ピッチャー



2位 高橋礼 専修大学 ピッチャー



3位 増田珠 横浜高校 外野手



4位 椎野新 国士舘大学 ピッチャー



5位 田浦文丸 秀岳館高校 ピッチャー

広島カープ

1位 中村奨成 広陵高校 キャッチャー



2位 山口翔 熊本工業大学 ピッチャー



3位 ケムナ・ブラッド誠 日本文理大学 ピッチャー



4位 永井敦士 二松学舎大付高校 外野手



5位 遠藤淳志 霞ヶ浦高校 ピッチャー



6位 平岡敬人 中部学院大学 ピッチャー

西武ライオンズ

1位 齋藤大将 明治大学 ピッチャー



2位 西川愛也 花咲徳栄高校 外野手



3位 伊藤翔 徳島インディゴソックス ピッチャー



4位 平良海馬 八重山商工高校 ピッチャー



5位 興座海人 岐阜経済大学 ピッチャー



6位 綱島龍生 糸魚川白嶺高校 内野手

阪神タイガース

1位 馬場 仙台大学 ピッチャー



2位 高橋遥人 亜細亜大学 ピッチャー



3位 熊谷敬 立教大学 内野手



4位 島田海 上武大学 外野手



5位 谷川昌希 九州三菱自動車 ピッチャー



6位 牧丈一郎 啓新高校 ピッチャー

楽天イーグルス

1位 近藤弘樹 岡山商科大学 ピッチャー



2位 岩見雅紀 慶應義塾大学 外野手



3位 山崎剛 国士舘大学 内野手



4位 渡邊佑樹 横浜商科大学 ピッチャー



5位 田中耀飛 兵庫ブルーサンダーズ 外野手



6位 西巻賢二 仙台育英高校 内野手



7位 寺岡寛治 石川ミリオンスターズ ピッチャー

DeNAベイスターズ

1位 東克樹 立命館大学 ピッチャー



2位 神里和毅 日本生命 外野手



3位 阪口 北海高校 ピッチャー



4位 齋藤俊介 JX-ENEOS ピッチャー



5位 櫻井周斗 日大三高 ピッチャー



6位 寺田光輝 石川ミリオンスターズ ピッチャー



7位 宮本秀明 パナソニック 内野手



8位 楠木泰史 東北福祉大学 内野手



9位 山本祐大 滋賀ユナイテッド キャッチャー

オリックス

1位 田嶋大樹 JR東日本 ピッチャー



2位 鈴木康平 日立製作所 ピッチャー



3位 福田周平 NTT東日本 内野手



4位 本田仁海 星槎国際湘南大学 ピッチャー



5位 西村凌 SUBARU キャッチャー



6位 西浦颯大 明徳義塾高校 外野手



7位 廣澤伸哉 大分商業高校 内野手



8位 山足達也 ホンダ鈴鹿 内野手

巨人

1位 鍬原拓也 中央大学 ピッチャー



2位 岸田行倫 大阪ガス キャッチャー



3位 大城卓三 NTT西日本 キャッチャー



4位 北村拓己 亜細亜大学 内野手



5位 田中俊太 日立製作所 内野手



6位 若林晃弘 JX―ENEOS 内野手



7位 村上海斗 奈良学園大学 外野手



8位 湯浅大 健大高崎高校 内野手

【スポンサードリンク】

日ハム

1位 清宮幸太郎 早稲田実業高校 内野手



2位 西村天裕 NTT東日本 ピッチャー



3位 田中瑛斗 柳ケ浦高校 ピッチャー



4位 難波侑平 創志学園高校 ピッチャー



5位 北浦竜次 白鴎大足利 ピッチャー



6位 鈴木遼太郎 東北学院大学 ピッチャー



7位 宮台康平 東京大学 ピッチャー

中日ドラゴンズ

1位 鈴木博志 ヤマハ ピッチャー



2位 石川翔 青藍泰斗高校 ピッチャー



3位 高松渡 滝川二高校 内野手



4位 清水達也 花咲徳栄高校 ピッチャー



5位 伊藤康祐 中京大中京高校 外野手



6位 山本拓実 市西宮高校 ピッチャー

千葉ロッテマリーンズ

1位 安田尚憲 履正社高校 内野手



2位 藤岡裕大 トヨタ自動車 内野手



3位 山本大貴 三菱自動車岡崎 ピッチャー



4位 菅野剛士 日立製作所 外野手



5位 渡辺啓太 NTT東日本 ピッチャー



6位 永野将司 ホンダ ピッチャー

ヤクルトスワローズ

1位 村上宗隆 九州学院高校 捕手



2位 大下佑馬 三菱重工広島 ピッチャー



3位 蔵本治孝 岡山商大学 ピッチャー



4位 塩見泰隆 JX―ENEOS 外野手



5位 金久保優斗 東海大市原望洋高校 ピッチャー



6位 宮本丈 奈良学園大学 内野手



7位 松本直樹 西濃運輸 捕手



8位 沼田拓巳 BC・石川

まとめ

ソフトバンクは戦力の厚さを物語るかのごとく素材型の選手を指名してきました。



東浜尚のように大卒で即戦力のピッチャーや怪我持ちの田中正義など長期的な視野で選手を育てることを得意としてドラフト指名を行なってきましたが、2017年の1位は吉住晴斗という鶴岡東高校出身の素材型の大型ピッチャーということで意外性のあるドラフト1位指名となりました。



3位の増田珠と5位の田浦文丸は2017年の高校生の中では人気のある選手でしたので今後のホークスを支える選手へと成長するのが楽しみですね。



広島カープは1位の中村奨成を手堅くドラフト1位指名で獲得し、今後の広島カープを支えるキャッチャーの獲得に成功しました。



2位の山口翔も熊本工業高校で素材型の超高校級ピッチャーとして評価されていましたので、広島カープとしては素材型の右腕育成に長けているので楽しみな指名となりました。



西武ライオンズは1位に齋藤大将を指名して菊池雄星の次のエースサウスポーの獲得に成功しました。



2位の西川愛也も花咲徳栄高校で甲子園優勝を果たし、埼玉県の高校から話題性にあふれた天才バッターの指名と秋山翔吾の後釜候補の獲得となりました。



阪神タイガースは惜しくも清宮幸太郎を外してしまいましたが、1位の馬場皐輔、2位の高橋遥人と即戦力の右腕と左腕を獲得となりました。



馬力もあり、潜在能力に優れた2人の大学生ピッチャーですが、開幕一軍も夢ではない実力を兼ね備えています。



楽天イーグルスは1位に即戦力投手の近藤弘樹を指名して則本昂也のような馬力のあるピッチャーとして評価されています。



2位の岩見雅紀は慶應義塾大学で六大学のホームラン記録を持つ、ホームランバッターで、バランスの良い指名となりました。



横浜は1位で東克樹という大学生ナンバーワン左腕を獲得し、2015年から即戦力のサウスポーの指名を続けているのことが話題になっています。



オリックスは1位で社会人ナンバーワンサウスポーの田嶋大樹を指名して、2017年のドラフトでは1番バランスの良い指名と評価されています。



巨人は1位で即戦力ピッチャーの鍬原拓也を指名したほかはキャッチャーを4人も獲得し、例年になくつまらないドラフト戦略として不評を買っています。



日本ハムは清宮幸太郎を見事に引き当て、宮台康平と話題性のある選手を指名して大谷翔平や人気選手の流出に備え、くじ運のいいドラフトとなりました。



中日ドラゴンズは1位鈴木博志、2位石川翔とどちらもドラフト1位指名を予定していた選手の獲得となり、投手王国の復活も見えてきました。



千葉ロッテマリーンズは1位安田尚憲、2位藤岡裕大と強打の内野手を引き当て、オリックスに次いでいいドラフトとの評価になっています。



ヤクルトは1位に村上宗隆という高校生捕手を指名しましたが、2位大下佑馬が謎の指名ということもあり、2017年のドラフトはあまり評価されていないようです。



では!

【スポンサードリンク】