ロードレイジ対策としてドライブレコーダーや窓からいかついアームサポーターを巻いて見せるなど対処法が話題になっています。



通称・DQNドライバーによる事故が東名高速道路で起こってしまいましたが、高速道路では煽られたり、ぴったり後ろに着かれたりといった事例が数多く存在します。



今回はそんなDQNドライバーへの対処法や賠償・保険をはじめとして、心理や予防方法についても調べました!

【スポンサードリンク】

DQNドライバーへの対処法は?

DQNドライバーはいわゆるロードレイジとして悪質な運転で他の運転手に対して迷惑行為を働くドライバーのことをさします。



運転中は気が大きくなり、いつもとは違う人間性が出てきてしまうので無理な追い抜きや一本道での遅いスピードで走る車には煽りたくなる心理が働きます。



普通のドライバーとしは法定速度を守って、迷惑な運転には注意を促しているつもりでもそれを逆手にとって煽ってくるケースが少なくありません。



特に走行妨害の被害が数多く報告されており、対処法としてはスマホの動画撮影で記録し、Twitterやyoutubeに投稿し、社会的な制裁を与えることがあります。



個人のプライバシーの侵害に当たるケースもあるので注意が必要ですが、警察などに報告する際に証拠を残しておくのには動画撮影が一番です。



法定速度を守って走る車を煽るケースもあれば、トラックの前に着いて突然一時停止を繰り返すケースもあるのでDQNドライバーへの対処法としては証拠を残しておくことが大切です。

DQNドライバーへの賠償・保険は?

東名高速道路の事故では容疑者とトラック運転手に賠償請求をすることができます。



しかし、容疑者は任意保険や自賠責保険の対象外となる可能性が高く、理由としては車の外にいたからとなります。



トラック運転手は保険によって支払いがすべてできますが、これも容疑者が負担する割合が何割かありますので、東名高速道路の賠償額としてはかなりの高額な金額を自腹で払わなくてはならないのです。



交通事故では被害者の年収やいつまで働くかなどをもとに賠償額が算出されるので数千万円から1億円に及ぶ支払いが容疑者には課せられます。



高速道路の追越車線で停止していた車への衝突になるので過失は低くはなるものの、賠償額はとてつもない金額に及ぶことになりますね。

【スポンサードリンク】

DQNドライバーの心理や予防方法は?

運転中には相手のドライビングに苛立ちを感じて嫌がらせをしてしまうことが少なくありません。



さらに、普段はおとなしい運転をしているドライバーでも日常生活でのトラブルや何かの拍子にロードレイジと化してしまうこともあるのです。



煽りの行為は理由は様々ですが、心理としては嫌がらせと車に乗ることによって優越感を感じている2つのパターンが考えられます。



ドライバーとしては何も考えずに気楽にドライブをしているようでもそれがロードレイジとなってしまうケースも少なくはありません。



特に車間距離は高速道路だけではなく田舎の細い道などでも煽られていると感じてしまうことがあり、車間距離については各ドライバーの感覚によるので難しい問題となっています。

Twitterの反応

まとめ

DQNドライバーといえども人間なのである程度の車間距離の詰めや煽りはしょうがないと考える他ありませんが、大きな事故に繋がるので一人一人が車間距離を含めて運転については見直していかなくてはなりません。



一人一人のマナーがより良い車社会に繋がっていきます。



自動運転の時代が来ればこのような問題も起こらなくなるとは思います。



では!

【スポンサードリンク】