ソフトバンクホークスの2018年は中継ぎ陣の怪我によって前半戦は苦戦を強いられました。




千賀、石川が10勝をマークしているものの武田、東浜が不調で、先発の駒不足も否めません。




野手も若手が今宮、上林くらいしか出てきていないので、2018年は即戦力のドラフト1位指名が予想されます。




やはり、先発と中継ぎの駒不足を考えると1年目から活躍できるピッチャーの獲得が予想され、東洋大の上茶谷大河が有力視されています。




大阪桐蔭 根尾昂
大阪桐蔭 藤原恭大





といった甲子園のスター候補も獲得の可能性がありますが、ポジションが今宮、上林とかぶるのでどうなるか注目ですね。

【スポンサードリンク】
西武ライオンズ2018 ドラフト





西武ライオンズは先発の防御率が悪く、即戦力投手の獲得が急務です。




金足農業 吉田輝星
大阪桐蔭 柿木蓮
浦和学院 渡邊勇太郎
明徳義塾 市川悠太





といった高校生右腕をドラフト1位指名する可能性もありますが




東洋大 上茶谷大河
東洋大 梅津晃大
東洋大 甲斐野央





といった完成度の高い大学生を指名するのではと予想する声が多いですね。

楽天イーグルス2018 ドラフト





楽天イーグルスはピッチャーも整備されており、ウィークポイントは将来性ある捕手や内野手となっています。




2017年のドラフトでは清宮幸太郎やヤクルト村上を外しているので楽天イーグルスとしては野手のスター候補を狙ってくると予想されます。




そうなると間違いなく、秋田県出身の金足農業 吉田輝星をドラフト1位指名することでしょう。

オリックス2018 ドラフト





オリックスは吉田や宗といった若手外野手の育成に成功していますが、年々中継ぎの使い込みが激しく、2018年は即戦力投手の指名かわ予想されています。




金足農業 吉田輝星




を高く評価しており、外したとしても




大阪桐蔭 柿木蓮
浦和学院 渡邊勇太郎
明徳義塾 市川悠太





といった高校生右腕を指名するのではないかと予想されます。

【スポンサードリンク】
日本ハムファイターズ2018 ドラフト





日本ハムは毎年その年の1番いい選手を指名してきたので、今年は大阪桐蔭 根尾昂との声が多いです。




栗山監督の好きそうなタイプですし、大谷翔平以来の二刀流にも挑戦できます。




野手としての身体能力の高さは高く評価されており、石井、渡邊といった若手内野手との競争にも負けない実力を兼ね備えています。




吉田輝星のドラフト1位も考えられますが、将来的なチームの顔して清宮幸太郎・根尾昂の並びは見てみたい気がしますね。

ロッテ2018 ドラフト





千葉ロッテは4番井上がブレイクし、藤岡、平河といった若手内野手も将来性があります。




清田や角中といった外野手の高齢化が懸念材料となっており、




大阪桐蔭 藤原恭大
立命館大学 辰巳涼介





のドラフト1位指名予想が濃厚となっています。




中央学院 大谷、木更津総合 野尻といった地元のスター候補もいるために外野手にこだわらず、ドラフト1位指名も考えられますね。

まとめ





パリーグはソフトバンク、西武ライオンズ、オリックスが投手の駒不足で即戦力投手。




楽天、日ハム、ロッテは将来性がある高校生を指名すると予想されます。




西武ライオンズは独自ドラフトで成功しているので、思わぬ一本釣りがあるかもしれません。