広島カープは黄金期を築いたタナキクマルから若返りを図るためにも




大阪桐蔭 根尾昂
報徳学院 小園海斗
大阪桐蔭 藤原恭大





のドラフト1位指名が有望視されています。




2017年は地元広陵高校の高橋奨成を1位指名するなど有望な高校生をじっくり育て上げる2〜3年後を見据えたドラフト指名になると予想されます。




ピッチャーは若手の実力者を揃えていますが、野手は西川龍馬や鈴木誠也、野間峻祥と長期的に強いチームを作るには若手の獲得が必要ですね。

【スポンサードリンク】
阪神タイガース2018 ドラフト





阪神は金本政権になってから、高山、大山、馬場と大学生をドラフト1位で指名してきました。




伝統的にファンの圧倒的な応援によって、じっくり育成するのが難しい球団No. 1と言われており、福留、糸井、鳥谷、上本などの引退も近づいているので今年も即戦力を狙いに行くでしょう。




そんな阪神タイガース2018ドラフト1位は




大阪桐蔭 根尾昂
大阪桐蔭 藤原恭大
立命館大学 辰巳涼介





が予想されています。




大学生だからといって必ずしも即戦力というわけではなく、地元大阪桐蔭出身で完成度の高い2人はどちらを指名しても間違いはありません。




真面目な努力家タイプが最近の阪神タイガースではブレイクしているので、鳥谷の後釜を根尾昂に担ってほしいですね。

横浜ベイスターズ2018 ドラフト





横浜ベイスターズは圧倒的にサウスポーが不調な2018年でした。




エース格のピッチャーが同じ年に3人も不調だと、今後のピッチャー獲得にも影響が出るかもしれません。




2019年はサウスポー3人が復調することをある程度予想した上で、2018年は高校生右腕をドラフト1位指名するのでは?と予想します。




金足農業 吉田輝星
大阪桐蔭 柿木蓮
浦和学院 渡邊勇太郎
明徳義塾 市川悠太





といった将来性がある右ピッチャーを指名すると予想します。

巨人 2018 ドラフト





最近の巨人は岡本、吉川、大城、山本といった若手が活躍しており、坂本勇人や長野久義の後釜を担う選手の育成が実ってきました。




球界の盟主として返り咲くにはスター選手は絶対必要となるので、




大阪桐蔭 根尾昂
大阪桐蔭 藤原恭大
報徳学園 小園海斗
金足農業 吉田輝星





を指名することが予想されます。




しかし、重複を嫌うスタイルで最近は謎ドラフト1位を繰り返しているので、どうなるかはわかりません。

【スポンサードリンク】
中日ドラゴンズ2018 ドラフト





中日は大島、平田と外野手が高齢化していますが、即戦力外野手を上位指名して、ことごとく失敗してきた過去があります。




最近は高卒の高橋周平が活躍しており、京田など内野手は若い選手がいるので外野手を予想するのではないでしょうか?




大阪桐蔭 藤原恭大
浦和学院 蛭間拓哉
立命館大学 辰巳涼介





といった将来性がある外野手をドラフト1位指名するのが濃厚と見られています。

ヤクルトスワローズ2018 ドラフト





ヤクルトスワローズはとにかくピッチャーが欲しいところです。




野手も高齢化してきていますが、あと3年はもつとして山田哲人の後釜育成も考えなくてはなりません。




そうなると、




金足農業 吉田輝星
大阪桐蔭 柿木蓮
浦和学院 渡邊勇太郎
明徳義塾 市川悠太
大阪桐蔭 根尾昂
大阪桐蔭 藤原恭大
報徳学園 小園海斗





もはやこの中で誰をドラフト1位指名しても、間違いなくチームの大きな力となるでしょう。

まとめ





セリーグのドラフト1位指名候補をまとめてみました。




こう見ると高校生が投手も野手も豊作ですね。




大阪桐蔭の優勝メンバーがどれだけ活躍するか見ものです。