今年もドラフトの季節がやってきましたね。


広島カープは安定したスカウティングでここ数年は黄金期を迎えており、外国人も軒並みあたりとこれ以上いい選手を獲得しなくてもいいくらいに層は厚くなっています。


特に2016年に関しては慶應大学の加藤拓也をドラフト1位指名し、高橋昂也、床田寛樹、坂倉将吾、アドゥア誠、長井良太と素材型の3年後にチームを率いるような選手を獲得。


今年はドラフト1位で清宮幸太郎や安田尚憲、中村奨成をどの球団も考えているところですが、最近の広島カープは岡田明丈、薮田和樹、大瀬良大地、九里亜蓮、中村祐太、野村祐輔、中崎翔太、今村猛と右投手を育ててきました。


そこで2017年は高橋樹也、高橋昂也に次ぐ左腕を育てていきたいのではないでしょうか。


JR東日本の田嶋太樹や立命館大学の東克樹、東京大学の宮台康平、秀岳館の田浦文丸を狙っている可能性は充分にあります。


広島カープの2017年のドラフト指名予想について調べてみました。

【スポンサードリンク】

広島カープ2017年のドラフト・打者は?

広島カープのスカウト陣は伝統である厳しい練習に耐えられるような体の強くてガタイのいい選手を今年も狙っていることでしょう。


不動のレギュラーである菊池涼介や田中広輔が怪我などで出られなくなった時の内野手が堂林翔太や小窪哲也など少しパワーダウンする他は盗塁阻止率が少し気になるキャッチャーが補強ポイントなのではないでしょうか。


ただ、内野手は安部友裕と西川龍馬がサードのレギュラー争いをしており、ショートやセカンドも10年くらいは安泰だと考えられます。


捕手に関しては會澤翼と石原慶幸、磯村嘉考が揃っており、ベテランと若手や中堅が上手く機能している今のチームでレギュラーを取るのは数年後になることでしょう。


外野手に関しても丸佳浩、鈴木誠也、エルドレッドの他にも松山竜平、バティスタの打撃のいい選手がおり、野間峻祥、下水流昂と一軍の壁は厚いですね。


2軍で経験を積んでからと考えると素材型の選手も指名できるのが強みになるので、野手では素材型の高校を指名すると考えられます。

高校生野手指名予想

園部佳太・いわき光洋高校


新山進也・松本第一高校


山本雅樹・武相高校


綱島龍生・糸魚川白嶺


小松章浩・おかやま山陽高校


難波侑平・創志学園


折下光輝・新野高校


素材型の高校生野手になりますが、予想では3位以降での指名が濃厚です。

【スポンサードリンク】

広島カープ2017年のドラフト・投手は?

2017年はやはり本格派の右腕が豊作なので広島カープにとっては願っても無いチャンスですね。


しかし、立命館大学の東克樹と近畿大学の岡田和馬のサウスポーは今の広島カーブに足りない技巧派のサウスポーなので獲得に乗り出してもいいのではないでしょうか。


ただ、広島カープのサウスポーといえば齊藤悠葵などなかなか育たないイメージが強いですよね。


床田寛樹や高橋昂也、塹江敦哉、高橋樹也、戸田隆矢と左腕王国への布陣は年々打たれてはいるものの今年はどうなるのか予想してみました。

高校生投手指名予想

佐々木健・小笠高校


池戸昇太・美濃加茂


東晃平・神戸弘陵


森石光一郎・瀬戸内


石川翔・青藍泰斗


牧丈一郎・啓新


中川虎大・箕島


田中瑛人・柳ヶ浦


背の高い素材型の右腕とサウスポーを予想してみました。


下位指名での予想が考えられますが、投手に関しては大学生の方がオススメが多いですね。

大学生投手指名予想

蔵本治考・岡山商科大学


近藤弘樹・岡山商科大学


岡田和馬・近畿大学


東晃平・立命館大学


蔵本治考と近藤弘樹はパワー型のピッチャーなので広島カープ好みなのではないでしょうか。

Twitterの反応

まとめ

将来性を考えるとJR東日本の田嶋太樹をドラフト1位で引き当て、2位で石川翔や岡田和馬を獲得できれば最高ですね。


今年は野手に関しては清宮幸太郎や中村奨成以外は注目されてませんが、ピッチャーでは牧丈一郎、中川虎大、田中瑛人など素材型の右腕がいるのでぜひ獲得してみてはどうでしょうか。


では!

【スポンサードリンク】