石川県の強豪校としても名高い「星稜高校野球部」は甲子園の常連校でもあります。


卒業生に今でも活躍している有名なプロ野球選手が多く、松井秀喜や岩下大輝、北村拓己などが在籍していた高校です。


野球意外にもサッカーを始めとしたスポーツに力を入れています。


星稜高校野球部は軟式野球として中学校から選手の育成に力を入れています。


2017年も秋県大会で優勝、秋北信越大会で準優勝をおさめるなど常に活躍し続けているので、高校野球で星稜高校野球部を聞かない年はありませんよね。

【スポンサードリンク】

星稜高校野球部2018メンバー

背番号名前出身中学学年
1奥川恭伸かほく市立宇ノ気中学2年生
2山瀬慎之助かほく市宇ノ気中学2年生
3福本陽生2年生
4佐々井光希3年生
5南保良太郎3年生
6東海林航介2年生
7平野慎太郎3年生
8鯰田啓介3年生
9竹谷理央小松市立松陽中学3年生
10国本憲辰京都市立洛南中学3年生
11山口来聖金沢市立兼六中学3年生
12西岡秀太氷見市立北部中学3年生
13河村俊平星稜中学3年生
14河井陽紀星稜中学3年生
15岡田大響星稜中学2年生
16竹中健太3年生
17山本伊織2年生
18佐藤心3年生
【スポンサードリンク】

星稜高校野球部の注目選手は?

星稜高校野球部にはWエースともいえる素晴らしい選手が在籍しています。


・竹谷理央


2018年チームの大黒柱としても注目されているのが竹谷でしょう。


中学時代から軟式野球部で活躍し身長173cm体重78kgと決して大柄な体格ではないにしても、均等の取れたプレイで活躍の場が多い投手です。


最速139キロのスライダーやカーブを投げ、打者としても結果を残し高校通算17本の本塁打を打つ強打者でもあります。


今年はエースとしてより活躍してくれること間違いなしですね。


・奥川恭伸


中学校軟式野球部の時から全国制覇を経験し、星稜高校野球部を担う未来のホープとして注目されている投手です。


自身の最高記録は146キロにもなり昨年の秋信越大会での活躍が記憶に新しいのではないでしょうか。

星稜高校野球部の監督は?




・林和成


高校時代に遊撃手として活躍し日本大学在学中に星稜高校野球部からコーチの打診を受けて、コーチとなり部長を経験し2011年に監督に就任しました。


選手の管理を徹底し状態のいい選手を中心に起用するなど敏腕監督としても知られ、強い信念を持って選手を指導するすばらしい監督です。


松井秀喜元プロ野球選手との野球経験もありコーチになったのも松井秀喜さんに相談し「どっちを選んでも応援する。仮に星稜高校野球部に行くんだったら全面的に協力する」との一言があった為だといいます。


石川県を代表する星稜高校野球部の活躍が今年も楽しみですね。

【スポンサードリンク】