エクササイズコーチのメリット・デメリット!トレーナーとの距離感は

パーソナルトレーニングジム

年々太りやすくなっているのが気がかり、、、

キミカ
キミカ

仕事で疲れてるしジムなんて無理、、、

 

ライザップみたいにハードなトレーニングや食事制限をすれば痩せるのかな、、、

と思うもののもっと安く、簡単に痩せたいですよね。

そんな悩みを持つ人を中心に「格安・短時間・量より質」を実現するエクササイズコーチが人気をはくしています。

AIマシンが筋肉量や可動域を分析し、個々人にあった負荷をかけてくれるので、

毎回20分でも最後の方は嗚咽を漏らし、ヘトヘトになるくらい質の高いトレーニングができます。

重量の軽いバーベルで回数をこなすor重いバーベルで少ない回数

といった我流で長い時間ストイックにトレーニングしたつもりでもまったく効果がでなかった、、、

そんな人にはぴったりですね。

しかし、エクササイズコーチにもデメリットは存在します。

今回はエクササイズコーチのトレーナーとの距離感やメリット・デメリットまで詳しくご紹介します。

 



 

エクササイズコーチのデメリット

安いけど近くにないよ

シャワーないみたい

株式会社Shapes Internationalが運営するエクササイズコーチ。

リボーンマイセルフと同じ運営会社ですが、差別化を図るために「短時間・格安」を売りにしてパーソナルトレーニング業界に新しい風をおこしています。

そんなエクササイズコーチですが、

①地方だと店舗がまだ近くにない
②シャワーがない
③プロテインは実費

といったデメリットがあり、それぞれを詳しく解説します。

①地方だと店舗がまだ近くにない

2018年12月には池袋店と宇都宮店がオープン。

運営会社の「株式会社Shapes International」は2億の資金調達に成功しているので、今後も店舗拡大が予想されます。

「安さ」と「時短」を求めている人は多いので北海道や東北、北信越をはじめとして地方でもエクササイズコーチに通える日は近いことでしょう。

②シャワーがない

エクササイズコーチには残念ながらシャワーがありません。

なので、夏場は仕事終わりに行くのは嫌かもしれません。

汗や匂いの染み付いた服をもう一度着ることのないように着替えは持っていきましょう。

③プロテインは実費

エクササイズコーチではホエイプロテインとソイプロテインをいいとこ取りしたハイブリッドプロテインが販売されています。

80%が食物繊維でカロリーも通常のプロテインの4分の1となっているのです。

確かにジムによってはプロテインが無料で飲めるところも多いですが、自分にあったプロテインを飲みたいですよね。



 

エクササイズコーチ メリット

①短時間で質の高いトレーニング

スポーツジムに通っていると決められた回数や重量をこなすだけで、自分の筋肉の限界や可動域まではわかりません。

ただひたすらに回数をこなすだけで、ダイエットできない人にとっては

「頑張っているのになんでなんだろ、、、」

と落ち込んでしまうことも少なくありません。

やみくもにトレーニングするよりも、AIマシンが自動で負荷をかけてくれるのをこなしていった方が効率的にダイエットもできるでしょう。

②とにかく安い

月8回が3万2000円なので、パーソナルジムとしては格安の価格設定。

安かろう悪かろうと思いきやAIマシンによる質の高いトレーニングができるので、

「パーソナルジムは高くて通えない、、、」

と諦めていた人にとっては朗報です。

どのパーソナルジムもこれくらい安ければと思うのですが、エクササイズコーチの安さはリボーンマイセルフも運営している

「株式会社Shapes International」

の資本力によるところが大きいので、業界関係者にとってはさらなる企業努力が必要なようです。

③人と話さなくていい

他のパーソナルジムはトレーナーがつきっきりで指導してくれます。

しかし、コミュ症な人にとっては大きな負担になりますよね。

パーソナルジムではコーチが付かず離れずのところで見守ってくれているので自分のペースでAIマシンとトレーニングに励むことができますよ。

「トレーナーがずっと一緒でやりにくいわ、、、」

そんなお悩みをお持ちの人にはエクササイズコーチがぴったりです。

まとめ

エクササイズコーチはトレーナーとの距離感もほどよくAIマシンによる効率的なトレーニングができます。

他のジムでは辛そうな顔をしていれば、少し手を抜いても大丈夫ですがエクササイズコーチはデータとしてはっきりわかってしまいます。

その上、短時間でのトレーニングができてしまうので忙しい毎日を送る現代人にとっては嬉しい要素が満載です。

以上、「エクササイズコーチのメリット・デメリット!トレーナーとの距離感は」でした!

 



 

【スポンサードリンク】


コメント