友達がいない人はライトワーカー?アセンションやスピリチュアル

love analyse

いつの間にか固定概念や組織にとらわれ、生きにくさを感じていませんか?

 

幼い頃から人と違うセンスを持ち、周りになじめなかった経験ありませんか?

 

大人になった今でも会社や組織に溶け込むことができずに、孤独を感じているのだとしたらもしかするとあなたは「ライトワーカー」なのかもしれません。

 

自分がライトワーカーだと気がつかないまま

 

「なんで私だけ面倒な話ばかり、、、」
「誰とも仲良くなれないのはなんで?」

 

とお悩みになられている人に向けて「ライトワーカー」とは一体どう言った存在なのかをご紹介します。

 

ライトワーカー 5つの特徴

 

ライトワーカーはこの世に生を受けた時から度重なる困難を乗り越え、人々をより高次元に導く使命が与えられています。

 

そのため地球という低い次元で生活をしていると霊的なエネルギーが消耗し、自分自身が疲れ果ててしまうこともしばしば。

 

そんなライトワーカーの特徴をまとめてみました。

 

この5つに当てはまる人はもしかするとライトワーカーなのかもしれません。

 

①物質的な生活に疲れ、1人の時間を好む

 

②ネガティヴな感情に敏感で人付き合いが疲れる

 

③突如として疎外感や孤独を感じる

 

④組織や権力とうまく折り合いがつかない

 

⑤他者の幸せに貢献するのが好き

 

ライトワーカーの意味や役割は?

 

他者に依存し、時には裏切られた経験は生きていれば誰しもあるはずです。

 

愛していたあの人がある日突然、別れを切り出されたり。

 

予期せぬ出来事に心を傷めることも人生にはありますが、それは魂をより高次元に導くための試練なのです。

 

ライトワーカーとしての自覚のある人にとっては別れも一つの他者貢献。

 

その人の魂がより高みに近づけるように手助けしてあげるのもライトワーカーの役割の一つです。

 

時には誰かの犠牲となって大きな失敗をなすりつけられるようなこともあるかもしれません。

 

しかし、被害者意識を持たず「誰かの役に立った」ことがライトワーカーとして大きな意味を持つのです。

 

友達がいない人はライトワーカー?

 

ライトワーカーは魂だけではなく思考の次元も高いので、基本的に周囲に馴染めません。

 

また、低次元の人々と関わらないといけないために霊的なエネルギーを常に消耗しているのです。

 

多くのライトワーカーが孤独や寂しさを感じている反面、物質的な生活に疲れ果ててしまうといった現実があります。

 

そのためライトワーカーは1人の時間を確保し、思考を高めたり、霊的エネルギーの充足に努めなくてはなりません。

 

それを怠ってしまうとライトワーカー自身が自己愛に溺れ、本来の自分の役割を見失ってしまうことになります。

 

より高次元の愛で人々を幸福に導けるようにライトワーカーには孤独な時間が必要不可欠なのです。

 

友達がいないことはかえってよいことなのです。

 

まとめ

 

生きているうちにご自身がライトワーカーだと気づくかどうかはあなたの人生に大きな変化をもたらします。

 

もしも多くの困難に押しつぶされ、自分自身が破綻しそうならば、霊的エネルギーが枯渇状態にあるのかもしれません。

 

ライトワーカーといえども霊的エネルギーが充足していないと他者の幸福を叶えるのはかえって逆効果です。

 

自分を愛していないと他者を愛することはできませんから。

 

ご自身をまずは回復させるためには占いによる「スピリット・ヒーリング」が必要かもしれません。

 

興味のあるかたはぜひ公式サイトでチェックしてみてください。

コメント