美人スケーターの郷亜里砂が平昌オリンピックに出場すると決まって話題になっていますね!

ソチオリンピックへの出場を逃し、引退を考えた時期もありましたが、トレーニングや増量によってメダルを狙える実力をつけてきました。

今回はそんな郷亜里砂を調べました!

【スポンサードリンク】

郷亜里砂の出身地は愛媛?

郷亜里砂は1987年12月12日生まれの30歳です。

かなり遅咲きな印象ですが、つぶらな瞳がかわいいですよね。

出身地は北海道となっており、現在は愛媛県のイヨテツスピードクラブに所属しています。

愛媛県が出身地と勘違いしている情報もありましたが、愛媛県のスポーツ専門員を務めるなど愛媛県とは何かと繋がりがありますね!

北海道時代にはお兄さんがスケートをやっていたのに憧れてお兄さんの後についてスケートをはじめたそうです。

女子500mでは小平奈緒に次いで実力があると評判で、平昌オリンピックでも活躍が期待されています!

郷亜里砂のスケート画像は?

今季はワールドカップの表彰台に4度も立つなど初のオリンピック日本代表に選ばれている郷亜里砂。

女子500mではラストスパートの伸びが素晴らしいですね。

そんな郷亜里砂のスケート画像ですが、







小顔で身長も高いので見栄えがいいですね!

【スポンサードリンク】

郷亜里砂の高校やふとももは?

郷亜里砂は別海町でスケートを始め、帯広白樺高校、山梨学院大学を経てイヨテツスピードクラブに所属しています。

白樺高校としてば北海道のスポーツエリートが集う高校として有名で、野球が強いですね。

また、スケート選手はふとももが太くてすごいと話題になりますが、郷亜里砂は手足が長いので細く見えますね!

最後のカーブでの膨らみもなく下半身は鍛えられているので平昌オリンピックでも活躍を期待しましょう!

まとめ

郷亜里砂は30歳で初のオリンピック日本代表となりました!

白樺高校、山梨学院大学から愛媛へと渡り歩き悲願の日本代表となったので応援したい選手ですね。

では!