GODZILLA怪獣惑星がついに公開となりましたが、




シドニアの騎士かよ!


3部作だからって終盤まで退屈!


Netflixで観た方がよかった!





などゴジラのアニメ化には不評の声が少なくありません。


シンゴジラとは異なって完全にSF作品として作られていますし、主人公のハルオもヒーローを演じ過ぎていてなかなか作品に感情移入がし難いのかなとの印象を受けました。


GODZILLA怪獣惑星のネタバレや評価・感想についてまとめました!

【スポンサードリンク】

GODZILLA怪獣惑星のネタバレや評価・感想!

あらすじ

巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。


半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。


そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。


しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。


移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。


移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。


だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。


果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

あらすじを読むとめちゃくちゃ面白そうに感じるのですが、いかんせんすでに2万年もの時が経っている地球で強大になったゴジラと宇宙に脱出した人類との再決闘とのことでなかなかリアリティに乏しいのがGODZILLA怪獣惑星では残念なポイントとして評価されています。


アニメ化するにあたっては実写版で長らく愛されてきたゴジラシリーズのエッセンスをどう生かすのかが鍵となってきますが、未来を舞台にしてしまったことでゴジラのリアリティが薄れ、単なるSF作品としてしか観ることができなくなってしまう人が少なくないのではないでしょうか。


各時代の象徴として機能してきたゴジラが遠い未来で地球を支配してるという設定はやはりアニメだから別枠でのエンタテインメントを考えたのかもしれません。

序盤〜中盤

ストーリーとしては地球を滅亡の危機に陥れたゴジラに対する主人公の復讐劇です。


この復讐劇は脚本家の虚淵玄によるところが大きいですが、序盤から中盤にかけてはゴジラはほとんど関係なく、宇宙での人類のいざこざなどが描かれて退屈との評価もあります。


しかし、アニメの特性を生かしたスケールの大きな映像に関しては高い評価を得られるのではと考えられます。


確かにこれがゴジラではなく単なるSF作品だったならばシドニアの騎士のような絵面で、主人公が1人で復讐劇に燃えるバージョンとして意欲的な作品となったことでしょう。


ただ、なんにせよ中盤まではとても退屈な人間模様が描かれているのは低評価となっています。


3部作だから仕方がないとの声も少なからずありますが、会話も造語のオンパレードで中身の無さが目立つため退屈な感想を持った人も少なくありません。

終盤

中盤までの展開は3部作であるが故に人間関係や状況の説明が必要だったのでしょう。


しかし、終盤にかけてゴジラvs人類の怒涛のバトルシーンが幕を開けます。


このバトルはアニメならではのスピード感溢れる描写となっているので手に汗握る展開と評価されています。


未来を舞台にしているために空飛ぶスクーターのような乗り物でゴジラに突撃していくシーンはとてもよかったですね。


そして、圧倒的なゴジラの強さは必見です!


やはり、地球を支配して2万年という歳月はゴジラを強くするには十分すぎる時間でしたが、2万年もゴジラって生きるものなんですね。


巨大すぎるゴジラの圧倒的な攻撃力はまさにアニメならではの規格外なパワーとして描かれています。


ここは実写版ではなかなか難しい描写ですので評価されるのではないでしょうか。


しかし、主人公ハルオの無茶な特攻野郎bチーム作戦には賛否両論が飛び交うこと間違いなしです!




俺はお前をーーーー!!!




と何度叫んだことかわかりませんが、何度も何度も倒れては立ち上がるハルオに感動を覚えつつも独りよがりな復讐劇になんの感情移入もできない自分がいました。


そしてラストシーンに関しては


まさかこれは…


と衝撃の展開が待ち受けています。


単なる娯楽作品としてゴジラを使うのは流石にお粗末すぎるなというのが率直な感想となりました。


戦争から核、地球を守るヒーローとゴジラは時代を象徴するモチーフとして役割を果たしてきましたが、そういった文脈をこの作品では描き切れていなかった感じはいなめません。


Twitterでも色々な意見が飛び交っているのでまとめてみましたよ!

Twitterの反応

【スポンサードリンク】

GODZILLA怪獣惑星の声優や監督は?

そんなGODZILLA怪獣惑星ですが、靜野孔文と瀬下寛之が監督を務めています。


製作はポリゴン・ピクチュアズが行なっていますね。


靜野孔文は映画コナンの監督も務めており、アクションをコナンに取り入れたことで評価を得ています。


そして、瀬下寛之もBLAME!や亜人の監督を務めるなどポリゴン・ピクチュアズを代表する2人による作品となっています。


アクションを得意とし、シドニアの騎士やBLAME!を手掛けてきたノウハウがGODZILLA怪獣惑星では生かされていますね!


キャラクターデザインはファイヤーエンブレムなどの原案も担当しているコザキユースケが担っており、脚本家は虚淵玄が勤めています。


CGアニメとしてポリゴン・ピクチュアズの良さが全面に出たとも言えますが、それが逆に他の作品と同じようなキャラクターデザインでアクション重視と似たり寄ったりの作品になってしまう傾向が強いですね。


そして、ストーリーに関しては戦闘シーン以外はゴジラがあまり出てこないなど賛否両論が飛び交う評価となっています。


GODZILLA怪獣惑星は単なるドンパチを繰り広げるCGアニメとしては評価できますが、ゴジラ作品としてはなかなか評価のしようがないと厳しい声もありますね。


声優には豪華な顔ぶれが揃っています。


ハルオ:宮野真守


ユウコ:花澤香菜


マーティン:梶裕貴


エリオット:小野大輔


ウンベルト:堀内賢雄


メトフィエス:櫻井孝宏


エンダルフ:山路和弘


ムルエル:諏訪部順一


リルエル:三宅健太


ハルエル:中井和哉

まとめ

やはりカマキラスやオルガなどが出てくる2000年代の怪獣バトルを描くべきだったのでは考えてしまいますね。


なぜ人類は地球を追い出されるようになったのかを描ければもっと面白かったのではないでしょうか。


2018年5月にはGODZILLA決戦機動増殖都市としてメカゴジラが登場予定となっています。


ゴジラを倒した!と思ったらさらに…!といったラストシーンはプロローグとしてはよかったのかもしれません。


評価は分かれますが、前半の専門用語の連発で退屈になり、後半は怒涛のバトルシーンとして見応えがあります。


ゴジラをアニメでSFにしたらこうなるというのを作ることができたのでこれはこれでよかったのかもしれません!


では!