最近ではお墓参りに行く人々も少なくなってきているようで、少子高齢化によって墓じまいをする人も出てきています。


墓じまいというとお墓そのものを撤去してしまうことになるのですが、その費用や手続きはどのようになっているのでしょうか。


墓じまいについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

墓じまいについて

最近では地方などで子供や孫が都会に住んでいるためにお墓の手入れなどができないことを理由に墓じまいに踏み切る家庭が増えています。


先祖代々続いてきたお墓を壊してしまうのはもったいないですが、お墓を手入れしないで放置しておく無縁仏との比較で墓じまいに踏み切る人も少なくありません。


遺骨は永代供養墓地に改葬されるか他の墓地に移すことになるのでその手続きや作業などで50〜100万円の費用がかかるとされています。

墓じまいの手順は?


1 届出



墓じまいをするためにはその墓地の管理しているお寺や事務所に墓じまいの届出を提出する必要があります。


寺院墓地や霊園の永代供養墓地に遺骨を移す時には管理しているお寺や事務所の人々が手続きなどについて教えてくれます。


他のお墓に移す時にはさらに書類や手続きが必要です。




改葬許可書:別の移転先に改葬する時


受入証明 埋葬証明:新しいお墓に移す時




新しいお墓に移す時には墓地や暮石を見つけなくてはなりません。


ですので、まずは新しいお墓のお寺や事務所に改葬の申請をしてから受入証明をする必要があります。

2 開眼供養・離檀

お墓に眠る遺骨を取り出す儀式になり、僧侶にはお布施として5万円ほどとされています。


どの宗派でもお墓に宿る故人の魂を僧侶が抜くという開眼の作業が必要になります。


暮石を魂の抜けたモノにすることを開眼供養と呼んでいます。


そして、墓じまいすることで離檀料と呼ばれるお寺や霊園へのお礼をお渡しする必要があります。




費用としては20万円ほどになります。




遺骨を取り出し、他の墓地に墓じまいをするには届出、開眼供養、離檀といった手続きが必要になるのですね。

3 工事

墓じまいの手続きが終わった後にはお墓の撤去工事が必要になります。


お墓のあるお寺や霊園によっては契約内容が異なるので確認をとるようにしましょう。


石材店が撤去工事をしてくれるので、お寺や霊園に相談して紹介してもらいましょう。


石材店の相場は1㎡あたり10万円とされているので見積もりをとって撤去工事してもらうことができます。


墓じまいの際には墓地の広さや暮石の撤去にクレーンが必要なのかなど条件が数多くあるのでしっかり見積もりを確認しましょう。

4 納骨・法要

撤去工事が終われば、新しいお墓に納骨する必要があるので僧侶には納骨式の法要の費用として20万円ほどをお支払いします。

【スポンサードリンク】

墓じまいの代行は?

墓じまいは専門家に代行してもらうこともできます。


代行をすることで届出などの手続きもスムーズに行えます。




代行費用としては30万円となっていますので行政書士に依頼することも墓じまいはできます。




株式会社ヤシロというところでは2009年から墓じまいの代行サービスを行っています。


千葉県のやすらか庵や横浜市の清蓮なども墓じまいの代行サービスを行っています。


子孫が途絶えてお墓参りをする人がいなくなる未来を考えて、墓じまいによって無縁仏にならなくてすむことから需要は増えているとのことです。

墓じまいの問題点は?

お墓は先祖代々続いてきた思い入れのある場所です。


親族関係者に無断で墓じまいをしてしまうケースもあるので事前に確認しておくのが大切ですね。


墓じまいはお寺にとっては檀家さんが減ることになるのでそこでの高額請求なども問題となりました。


墓じまいをしたくても費用が低く見積もっても100万円はかかってしまうのでできないというケースも出てくるかもしれません。

樹木葬で墓じまい

お墓を守ることが難しくなってきているこの時代には樹木葬という新しい墓地のかたちも出てきています。


樹木を墓標にしてその樹木が成長していくことによって森に返すことを目的としています。




千葉県長南町にある森の墓苑では土砂採掘場を樹木葬によって里山にする計画をしています。




お墓を次世代に託すことができない人でも樹木によって自然に祀られることができるところが樹木葬の目指しているところです。


地方などではお墓を管理する人がいないためにお墓が荒れ果てるという現実が起こっています。


お墓が立ち並ぶ景観よりも樹木が立ち並ぶ景観の方が良いといったことからも関心を呼んでいます。


お墓を守れない時代に合わせて新しいニーズが生まれているのですね。

みんなの声

まとめ

ハイヒール・リンゴも語っている通りに仏壇やお墓については今の世代の課題となっているようです。


都市型の生活に大きな仏壇は不要で、お墓についても色々な価値観が出てきています。


なにごともなく毎年、お墓参りに行ければ良いのですが、なかなか難しいのが現状です。


墓じまいについてまとめてみました。


では!

【スポンサードリンク】