夏の甲子園初戦は滋賀県代表の彦根東高校が長崎県代表の波佐見高校と対決することになりました!


彦根高校と言えば滋賀県の中でも偏差値と高い高校で東京大学や京都大学にも生徒を輩出している高校です。


まさに文武両道を実現した彦根東野球部ですが、まさかの甲子園初戦とあって注目が集まりますね!


今回は彦根東野球部について調べてみました!

【スポンサードリンク】

彦根東野球部のメンバー!

1 松井拓真 3年生 滋賀 南郷中学校


2 條野正宗 3年生 滋賀 八幡中学校


3 吉本考祐 3年生 滋賀 彦根南中学校


4 朝日晴人 2年生 滋賀 青山中学校


5 岩本道徳 3年生 滋賀 瀬田北中学校


6 原昂也 3年生 滋賀 長浜西中学校


7 高村真湖人 3年生 滋賀 聖徳中学校


8 太田剛志 3年生 滋賀 日吉中学校


9 辻山知志 3年生 滋賀 守山北中学校


10 増居翔太 2年生 滋賀 稲枝中学校


11 原功征 2年生 滋賀 八幡中学校


12 嘉藤修太 3年生 滋賀 彦根東中学校


13 中井知稀 3年生 滋賀 草津中学校


14 山崎 凛太朗 3年生 滋賀 彦根東中学校


15 野崎重太 2年生 滋賀 日野中学校


16 清水亮佑 3年生 滋賀 彦根中央中学校


17 森田昴佑 3年生 滋賀 甲賀中学校


18 仲川俊哉 3年生 滋賀 栗東西中学校

彦根東野球部の特徴は?

2年生サウスポーの増居翔太を中心とした守りの野球で春には大阪桐蔭とも互角に渡り合いました。


滋賀大会の滋賀学園戦では増居翔太が8安打2失点で完投勝利。


滋賀学園はピッチャー陣の怪我が響き、調子が悪かったこともありますが、初回に2失点の後は落ち着いた投球で滋賀学園打線を封じ込めた増居翔太。


増居翔太は春の滋賀大会でも滋賀学園を相手に1失点完投勝利を収めており、春の滋賀大会で優勝に導いています。


そして、近畿大会に進んだ彦根東野球部は龍谷大平安を3-2、大阪桐蔭に3-4で敗れるもののその実力は関西でも随一となっていました。


彦根東野球部は2013年に甲子園に初出場していますが、それに憧れて文武両道を目指したのが今の世代の選手達になります。


増居翔太は京都大学工学部を目指しているとのことで2年生のうちに甲子園出場を果たすことで来年は勉強に打ち込みやすくなるかもしれません。


130キロ後半のスピンの効いたストレートは龍谷大平安や大阪桐蔭にも通用していたのでサウスポーということもあり、高校生には打ちにくいのでしょう。

【スポンサードリンク】

彦根東野球部の監督は?

今年の彦根東野球部は大阪桐蔭や履正社にも互角に戦える実力があります。


しかし、プロ注目の選手がたくさんいるわけではありません。


村中隆之監督は2011年から彦根東野球部を率いています。


今の三年生に有望な選手が揃っていたので2015年頃から夏の甲子園出場を目指していたとのこと。


2009年には21世紀枠として初めて甲子園の舞台に立ち、2013年には夏の甲子園に初出場を果たしていたので、先輩の文武両道でありながらも甲子園出場果たしている姿に憧れて今の選手達は入部しているのでしょう。


今年のチームは増居翔太を中心に守りが固いだけでなく、チーム打率も300を越すなど打撃にも力を入れていました。


バントを中心とした野球だった2013年のチームでは甲子園で初戦敗退だったことを反省にして打撃のチームとして生まれ変わった彦根東野球部。


村中隆之監督の教えのもとで大阪桐蔭や履正社から得点を奪えるチームとなったのですから甲子園でも上位を狙えるのではないでしょうか。


今年の滋賀大会でも滋賀学園の投手陣の不調はありましたが、実力では抜きん出ており、彦根東野球部の躍進に期待が集まります。


彦根東は200年の歴史があるとされかつては彦根藩の藩校でした。


井伊直弼さながらに甲子園初戦を戦います!

Twitterの反応

まとめ

彦根東野球部はあの滋賀学園を破っての甲子園とあって相当強いと考えられます。


今年の滋賀学園は秋の滋賀大会で優勝し、智弁和歌山、報徳学園を破ってのセンバツ出場でした。


そして、センバツでも東海大市原望洋を延長で破り、福岡大大濠とも延長で引き分け、再試合にまでもつれ敗れはしたものの実力は全国区に轟いていました。


神村月光や棚原孝太などの投手陣が不調だったこともありますが、プロ注目の後藤克基など強力打線を増居翔太が封じ込めたのです。


増居翔太は低めにスピンの効いたストレートを投げ込むサウスポーとして全国区に名前が轟く可能性も夏の甲子園の活躍次第ではありえると考えられます。


少し立ち上がりが不安定なので夏の甲子園初戦は少し心配です。


彦根東野球部を応援しています!

では!

【スポンサードリンク】