本田真凛はかわいいのですが、よく見ると足立梨花に似ているので一重で魚顔好きな人には大人気です。


ただ、いかにも自己愛の強そうな感じからするとちょっとめんどくさそうな女になりそうな気もしますね。


USインターナショナルクラシックでも堂々たる演技を魅せ、衣装を忘れるハプニングにもめげずに精神的な強さもみせました。


しかし、オスカーとの芸能契約など最近ではごり押しやあざといなんて声もきこえてきました。


確かに自己顕示欲の塊のような目つきでスケーティングし始める姿は他の選手にない強かさを感じますね。


今回はそんな本田真凛についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

本田真凛のプロフィール!

本田真凛は2001年8月21日生まれで京都市出身です。


身長は161cmで関西大学高等部に通っています。


現在は濱田美栄、田村岳斗コーチが指導にあたっていますね。


2歳の頃にスケートを始め、ピアノやテニスなども幼い頃はやられていました。


トリノオリンピックから荒川静香に憧れを抱いており、関西大学初等部へ入るのと同時にフィギュアスケートに専念しています。


本田望結は実の妹であり、芸能事務所のオスカーに一緒に所属しています。

本田真凛の実績は?

2011年から全日本ノービス選手権で初出場2位となるなど注目され、2012年には歴代最高得点で全日本ノービス選手権を制覇。


2013年は世界国別選手権でエキシビションに招待されるなどトリグラフ杯ノービスクラスでも優勝しています。


フィギュアスケート強化選手に選ばれるなど全日本ジュニア選手権でも5位になるなど活躍。


2014年に行われたアイス・レジェンドでは島田高志郎と参加し、全日本ジュニア選手権でも4位となりました。


2015年からはジュニアグランプリファイナルで銅メダルを獲得。


全日本選手権でも9位となり、世界ジュニア選手権では初出場初優勝を果たします。


これは村上佳菜子以来の快挙で、2016年には日本航空がスポンサーにつくなど名実ともに活躍します。


2017年は世界ジュニア選手権で200点を超える得点を叩き出しますが、惜しくも2位となりました。

【スポンサードリンク】

本田真凛はかわいいけどごり押し?

シニアデビュー戦ではジュニア時代の衣装と振り付けで臨みました。


少し幼い感じがしてシニアの舞台では少し浮いてはいましたね。


髪型もツインテールとなっていましたが、SPはプログラム変更の予定があるのでこれから大人の演技をしていくと考えられますね。


マスコミには持ち上げられている印象ですが、実力も伴っているので結果を残して頑張って欲しいところです。


ただ、浅田真央のようにキムヨナとのライバル関係やルール変更にもめげずに戦う姿を見てきた日本人としては今の女子フィギュアは小粒な選手が多く、ロシアの全盛期がやってきたので女子フィギュアスケートもそこまで盛り上がらないという問題があります。


そこにタレントのような人気を誇る本田真凛というスターが世界を相手に奮闘すれば女子フィギュアスケートも盛り上がってくるのではないでしょうか。


ごり押しといってもかわいいですし、本田望結の姉など話題性もあるので頑張って欲しいところです。

本田真凛の彼氏や練習嫌いの噂は?

本田真凛の彼氏はまだ明らかにされていませんが、高校生ということもあり誰が彼氏になるのか気になるところです。


フィギュアスケート界は羽生結弦や宇野昌磨のイケメンパラダイスになっているので誰が彼氏になってもおかしくないですが、いい男を見つけて欲しいですね。


ジュニア時代から色気があり、同時期の浅田真央にも安藤美姫にもない演技力が本田真凛の持ち味なのでどんな彼氏を選ぶのか気になりますね。


また、最近ではメイクにもハマっているようで妹の本田望結で試しているとのこと。


濱田美栄コーチの元で猛練習に励んでおり、同じ門下生の宮原知子などは疲労骨折で調整がつかない状況に陥っています。


女子フィギュアは技術点に重きを置いているため怪我が多く、膝や足首などは慢性的に痛めている選手が少なくありません。


ですので、練習嫌いな方がかえって長くフィギュアスケートを続けられる可能性は高いですね。


本田真凛は練習嫌いとの噂もありますが、お年頃ですし、成長期ということもあるのでゆっくり成長していってほしいところです。

Twitterの反応

まとめ

本田真凛は平昌五輪にぜひ出場してほしいですね。


次世代のスターとして女子フィギュアを盛り上げて欲しいところです。


では!

【スポンサードリンク】