映画itのペニーワイズの正体は?ラストシーンの意味や続編は?

2018年 秋ドラマ

 

映画itが最近のホラー映画の中では大傑作と話題になっています!

 

ホラー映画というだけでなく少年少女の成長を描いた青春物語としての評価も高く、2017年を代表する作品となっていますね。

 

「それが見えたら、終わり。」という副題についてはともかく、ラストシーンの意味や続編、ペニーワイズの正体について気になってしまいます!

 

今回は映画itのラストシーンに込められたメッセージや謎について調べてみました!

 

【スポンサードリンク】

映画itのペニーワイズの正体は蜘蛛?

 

映画itは1990年にもTVで2夜連続で放送され、それを一つにまとめて映画にしました。

 

今回はリメイク版という位置付けではありますが、ペニーワイズという自分達が作り出してしまった恐怖を乗り越えることで人として成長していくというストーリーは変わりません。

 

青春+ホラーの組み合わせは2017年になっても観客を魅了し、さらなるitファンの獲得に興行的にも大成功していますね!

 

それを考えると副題の「それが見えたら、終わり。」のセンスは素晴らしいです。

 

ペニーワイズが見えてからが本当の勝負所で、ペニーワイズに打ち勝とうと奮闘するルーザーズクラブに映画の魅力が凝縮されているのですが、副題つけた人は本編を観たのか気になって仕方がありません!

 

それはともかく、ペニーワイズは1990年には道化恐怖症を流行させたほどにアメリカを震撼させたピエロだったのですが、最近のアメリカではピエロ恐怖症が流行しており、それも映画itの大ヒットに繋がったとも言えます。

 

1990年のペニーワイズはある意味シュールな存在で、じっと見つめられたらゾッとして、じわじわ恐怖を植え付けられていくようなキャラクターでした。

 

いつもは明るいピエロがいきなり人を襲い出して、あとは何事もなかったかのように笑ってる。

 

これこそがペニーワイズの真骨頂だったのですが、2017年版はあからさまな恐怖というか造形や動きもお化け屋敷にいそうな感じで評価が分かれるところです。

 

人間味あふれるピエロを演じつつも、本当は狂ってる1990年のペニーワイズの方がらしいといえばらしいですが、2017年は画面から飛び出してくるような演出も含めてエンタテインメント性が強いのでそこが大きな違いとなっていますね。

 

ペニーワイズの正体については1990年では蜘蛛でした。

 

ですが、2017年のペニーワイズの正体は恐怖でしたね。

 

心の汚い大人にはペニーワイズの正体は見えないので純粋な少年少女の心に巣食う恐怖が具現化した存在といえます。

 

映画itのラストシーンの意味や続編は?

 

そんな映画itですが、ルーザーズクラブのメンバーがペニーワイズを倒して大円団でラストシーンをむかえます。

 

ビルとビバリーの純愛や夏の終わりと少年少女の成長など青春映画の粋な部分をこれでもかと見せつけてきますが、実はこの時にルーザーズクラブのメンバーが立ち去る順番にとある意味が込められているのです。

 

そして、エンドロールまで観た人ならわかると思いますが、映画itにはチャプター2があるのです。

 

 

 

 

It Chapter 1

 

 

 

 

このテロップがペニーワイズの笑い声とともにエンドロールの後に映し出されたことで続編が作られるとみて間違いないでしょう。

 

テレビ版では前半と後半にわかれており、それを繋ぎ合わせて映画にしていましたので、2017年版にもチャプター2が存在するとラストシーンからは推測できます。

 

続編としてはペニーワイズが27年の時を経て、現れるという設定がありますので、1988年から27年後の世界観で作られることとなりますね!

 

そうすると2016年が続編の舞台となりそうですが、1990年版では大人になったルーザーズクラブがスタンがあることによっていなくなってしまうことから話が動き始めました。

 

同じストーリーになるかはわかりませんが、ルーザーズクラブのメンバーが大人になってペニーワイズとの戦いを描くのはなかなか興味が湧いてきます!

 

ちなみに1990年版では

 

ビル:ホラー作家

リチャード:コメディアン

ビバリー:ファッションデザイナー

ベン:建築家

スタンリー:ブローカー

になっていますよ。

 

【スポンサードリンク】

Twitterの反応

まとめ

 

ペニーワイズという恐怖の幻覚がまた27年後のルーザーズクラブに襲いかかってくるのでしょうか。

 

ちなみにアメリカで映画公開日の2017年9月8日はすべての数字を足すと27になります。

 

だんだん怖くなってきました。

 

他にもペニーワイズの手が狼になる理由など気になって仕方がないですが、2017年の中でも最高のホラー映画といっても過言ではありません!

 

ラストシーンのルーザーズクラブのメンバーが立ち去る順番がキャプター2ではこの世からいなくなっていく順番になってしまうのか続編が気になってきましたが、2019年に公開が決まったようですね!!!!

 

では!

 

>>映画itをもう一度見る

【スポンサードリンク】

コメント