天理のバレンティンこと神野太樹外野手はプロ野球に進路を決めているのか注目を集めています!


神野太樹外野手は2017年の夏の甲子園では初戦の大垣日大戦で2打席連続ホームランを放ちました。


神戸国際大付戦では岡野、花村に5打数ノーヒットと抑えられましたが、明豊戦ではツーベースとライトへの犠牲フライなど2四球も含めて3打数1安打の神野太樹外野手。


やはり初戦の2打席連続ホームランの影響でマークは厳しくなっていますが、昨年の秋には肘だけで5回も神野太樹外野手は死球を受けていました。


天理のバレンティンと1年生の頃から甲子園でスタメン出場しており、プレッシャーや相手チームからの厳しいマークに悩んだ時期も神野太樹外野手にはあったそうです。


時には内角のストライクに腰が引けてしまったために中村良二監督から叱られることも神野太樹外野手にはありました。


しかし、徹底的な内角攻めを克服するためにバッティングマシンを140キロで内角に設定。


その練習の成果が実り、奈良県大会では17打数9安打の打率529を神野太樹外野手はマークしました。


今回はそんな神野太樹外野手についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

神野太樹は天理からプロへ?

ヤクルトの小川淳司SD曰く、打撃のリストの強さやパワーに神野太樹外野手の能力の高さが現れているとのこと。


確かに上背はありませんがアスリートのような体格でホームランを放っています。


盛岡大付属の植田拓など小さい身体を使いこなして打つタイプは西武の森友哉をはじめとしてオリックスの吉田正尚などがいますね。


神野太樹外野手は森友哉のような天性のミートセンスや吉田正尚のような外国人ばりの腰の回転で打つタイプではないので純粋な身体能力の高さで勝負していくのかと思います。


今大会は清宮ボールと呼ばれ、飛距離が出るボールと言われているのでこすっただけでもホームランとなることが少なくありません。


なので、今大会でのホームラン数は評価が難しいですね。


神野太樹外野手としては進学希望と考えているそうなので大学野球で勇姿が見られるのかもしれません。

神野太樹の進学先は?

神野太樹外野手の進学先として考えられるのは大学か社会人になります。


天理高校の卒業生にはそのまま天理大学に進学する選手が毎年います。


天理大学は中村良二監督が指導をしていた時期もあるので関係性は深いですね。


その他には同じ奈良県の奈良教育大学、九州産業大学、同志社大学、立正大学、専修大学、國學院大学、法政大学、東北福祉大学などがあります。


高校野球が終わった後も同志社大学や法政大学など名門大学で野球を続けている選手も少なくありません。


神野太樹外野手のネームバリューからすると六大学野球や関西の名門からお声がかかってもおかしくありませんよね。

【スポンサードリンク】

神野太樹の身長や出身中学は?

神野太樹外野手は愛知県名古屋市に生まれ、小学3年生から硬式野球を始めました。


桜山中学時代には愛知知多ボーイズで活躍。


天理高校に進学後には1年生の夏から背番号20で7番ライトで打率308の成績を残します。


そして、夏の甲子園では背番号9を背負い8番ライトで甲子園デビューを果たします。


その後も主軸として活躍しますが甲子園出場は智辯学園の躍進もあり、なかなか難しい時期を過ごしました。


2年生の秋からは4番を任されるようになり、秋と春はマークに苦しみましたが、夏の奈良大会で4番として活躍し、甲子園出場に貢献。


172cm77kgと小柄な身長ながらメンタリティや広角打法が評価されています。

神野太樹外野手のホームランや成績は?

大垣日大戦で放ったホームランで高校通算14本塁打となっています。


普段はライナー性のチームバッティングを心がけているそうですが、甲子園ではホームランを狙っているのだとか。


1年生の時の甲子園ではライトのライナーに飛びつけずに負けてしまった経験があり、甲子園の舞台でも持ち前のメンタルの強さを3年生になった今ではみせていますね。


今後もがんばってほしいですね!


では!

【スポンサードリンク】