大阪桐蔭の2年エースとして記憶に新しい柿木蓮はパワーピッチャーでありながらも多彩な変化球が持ち味の選手で、実戦向きのピッチャーとしての評価が高く、注目されている選手です。


ミレニアム世代として根尾昴が注目を集める中で、根尾昴をショートに追いやって新チームではエースを務めています。


今回はそんな柿木蓮を調べてみました!

【スポンサードリンク】

柿木蓮の出身中学は?

佐賀県出身、身長181cm、体重83キロの右投右打、大柄な体格が特徴です。


小学校は多久市立中央小学校、中学校は多久市立中央中学校と地元に進学しリトルリーグでは「佐賀東松ボーイズ」に所属していました。


選手権や春季大会にも数多く出場した実績を持ち、中3の時点でMAX142キロの西日本でも一番早い球を投げる投手として注目を浴びていました。


佐賀では剛球右腕として将来が楽しみだとも期待されています。


そんな柿木蓮に注目したのが大阪松蔭の西谷監督で、交通の便が良くないにも関わらず3回も会いにいったというので驚きです。


熱烈なオファーを受け大阪桐蔭に進んだ柿木蓮ですが、選手の人数も多く実力派揃いの大阪松蔭ではなかなか出番が回ってくることはなく、選抜の岩本くんがケガをしたことによりメンバーとして登録、その後実績を伸ばしてきました。

柿木蓮はドラフト指名される?

2017年の春大会から柿木蓮の名前は徐々に知名度をあげることになりました。


将来的にはドラフト選手としても期待したいのですが大阪桐蔭といえば選手の人数も多く、同じ2年に素晴らしい投手もいるので出番としては少し少なかったですが、新チームからはエースとして活躍しています。


柿木蓮といえば「ストレート」「スライダー」「フォーク」「カーブ」速度を変えずに投げることでも知られ、他のチームからは敵にしたくないと思わせる実力のある投手です。


今後どんな選手に成長していくのか、また成長具合によってドラフト選手になることも間違いない注目選手です。


残念ながら夏の甲子園優勝の結果を残すことはできませんでしたが、このまま埋もれることなく成長して欲しいですね。


ドラフト指名も考えられますが、大学進学でも有名大学からの誘いはたえないでしょう。

【スポンサードリンク】

柿木蓮は仙台育英戦から現在はエース?

2017年の夏の大阪府大会4回戦では同志社との試合で「8者連続三振を含み7回11奪三振」という圧巻のピッチングを見せたことから大阪桐蔭の二番手にもすごい投手がいると話題になりました。


柿木蓮といえば8月19日に行われた仙台育英との伝説の試合を思い出す人もいるのではないでしょうか。


関東と関西の強豪同士の戦いとして注目され守りあいとなりましたが9回裏に驚くべき自体が起こりました。


仙台育英のツーアウトからはじまりショートゴロがセーフになり仙台育英が勝利となるサヨナラ勝ちとなったのです。


あの時の両チームの驚きの表情や甲子園には魔物が住んでいるといった言葉を思い出すでしょう


柿木蓮には仙台育英へのリベンジの意味も込めて、また全国大会で活躍を見せて欲しいところです。


大阪桐蔭のエースとして意地を見せて欲しいですね。

まとめ

仙台育英戦では悔しい思いをした柿木蓮ですが、今後の野球人生の糧になるはずです。


では!

【スポンサードリンク】