ハラスメントゲーム主題歌の歌詞や意味!【コブクロ・風をみつめて】

2018年 秋ドラマ


[br num=”1″]
上司からのやっかみや同僚からの陰湿ないじめさえなければ、、、
[br num=”1″]
そんな思いを抱えながらも仕事に打ち込むしかないサラリーマンに捧げるコブクロの風をみつめて。
[br num=”1″]
しかし、ハラスメントを仕掛けてくる奴らにも家庭や生活があり、自分自身も加害者になってしまう時もありますよね。
[br num=”1″]
そう考えると人生、時には雨宿りも必要なのかなって思う今日この頃。
[br num=”1″]
コブクロ・風をつめての歌詞や意味を考察してみました。

【スポンサードリンク】
ハラスメントゲーム 予告
テレビ東京開局55周年特別企画【ドラマbiz】ハラスメントゲーム
ハラスメントゲーム 感想

ハラスメントゲーム 主題歌
【ドラマbiz】ハラスメントゲーム|主題歌:コブクロ「風をみつめて」メッセージ
コブクロ・風をつめて 歌詞や意味


[br num=”1″]
ハラスメントゲームは最近話題のセクハラやパワハラをテーマにしているために風をあつめての歌詞も仕事で悩む人々に響く歌詞となっています。
[br num=”1″]
歌詞の中では「少しでも頑張れる時がくるまで休もう」とのニュアンスで雨宿りといった言葉がつかわれているので「ハラスメントで疲れ果て頑張れない人」をイメージして歌詞が作られていますね。
[br num=”1″]
元気だそうよ!的な応援ソングではなく「すこ休もうよ」というメッセージ性が今の世の中に響くことでしょう!
[br num=”1″]
コブクロ・風をつめての歌詞

まとめ

唐沢寿明や織田裕二が主演を務める秋クールドラマですが、その中でもハラスメントゲームはビジネスマンにはウケるでしょう。
[br num=”1″]
コブクロも昔は応援ソングがありきたりなイメージでしたがよくきいてみるとすごくいい曲ですね。
[br num=”1″]
とにかく放送開始が待ち遠しいです!

【スポンサードリンク】

コメント