京浜東北線8時台の混雑状況!大宮〜蒲田の遅延や座れる駅・車両!

電車

帰宅途中の汗ばんだサラリーマンが放つ独特のにおいが充満する夜の京浜東北線

 

有楽町駅をはじめとして昭和の香りが漂う駅のホームは京浜東北線ならではの侘び寂びを感じさせます。

 

始発の蒲田駅はここ数年で大きな発展を遂げていますが、朝の通勤ラッシュ時には大森からすでに満員電車となり、夜も東京駅と有楽町駅付近はほぼ満席状態。

 

そんな京浜東北線の混雑状況と座れる駅や車両を調べてみましたよ!

【スポンサードリンク】
京浜東北線8時台の混雑状況!


7時30分〜8時45分までの間は大宮駅や浦和駅からでも2本ほど見送らないと座るのは難しいです。

 

蒲田駅も同様に列の最前列に並ぶことができれば座れるのですが、次の大森駅からはすでにぎゅうぎゅうなので大森に住んでいても蒲田駅から乗るほうが快適!

 

蕨駅や川口駅から乗る人もすでに混み混みな電車に乗ることになるので上り下りどちらからいっても東京駅や有楽町線までは満員電車となります。

 

8時45分〜は割と空いてくるので座れる可能性がなきにしもあらずですが、個人的な経験では蕨駅は9時ごろの電車であれば3日に1回は座れていました。

 

階段から遠い10号車であればかなり座れる確率は高くなります!

 

有楽町駅まで行くのに30分はかかるのでその間寝ていられるのはいいですね。

 

しかし、赤羽あたりで混雑のピークを迎えるのでお年寄りが乗ってきたら席を代わってあげましょう!

大宮〜蒲田の遅延や座れる駅・車両!


大宮駅、南浦和駅は始発駅となるので座れる駅といえます。

 

埼玉からの通勤であれば40分間寝て過ごせるのでおすすめです!

 

遅延も埼京線と比較すると確実に少ないために京浜東北線に乗って毎朝通勤できれば遅刻することはほとんどありません。

 

強いて言うなら帰りのサラリーマンで溢れかえる雰囲気がニガテ…という人にとってはちょっと苦痛かもしれませんねw

 

とはいえ長距離の通勤電車にしては遅延も少なく、ダイヤの乱れといっても埼京線と比べるとかわいいものです。

 

山手線も横を走っているので田端や品川で乗り換えも可能ではあるので、臨機応変に通勤ができるのもメリットですよ。

 

埼京線の場合は赤羽から池袋までは前の電車がつかえているために30分立ち往生なんてことが日常茶飯事なので、、、

 

埼京線に乗っていると赤羽で京浜東北線に乗り換えて田端駅で山手線に乗り換えて池袋に行った方が早い日もありますし、、、

 

そんな京浜東北線ですが、大きなデメリットとしては停車駅が多いことが挙げられます。

 

これが意外と苦痛で有楽町〜川口までイマイチ寝心地が良くないのですw

 

基本的に駅の真ん中が階段の駅が多いので、1号車や1号車に乗ることができれば座れる確率は高くなります!

【スポンサードリンク】
京浜東北線への熱い思い!

まとめ


京浜東北線の遅延がひどいとの声もありますが、我が埼京線と比較すれば雲泥の差ですよ!

 

ただ、上野〜王子間の6駅あたりで

 

「まだ上中里かよ…てか、上中里ってどこだょ…」

 

と思うこともしばしばあるので駅の多さは特徴的な路線です。

 

住みやすい街といえば大森や東十条がありますが、田端あたりが個人的にはちょうどいい気がします。

 

とにかく帰宅するときの有楽町駅が意外と民度低いところもあるので、吉野家前の喫煙してる輩には注意してくださいね!

 

以上、「京浜東北線8時台の混雑状況!大宮〜蒲田の遅延や座れる駅・車両!」でした!

【スポンサードリンク】

コメント