プロ野球もオフシーズンに入り、契約更改の季節となりましたね!


巨人の菅野智之は年俸が2億2000万円アップとなり、日本一に輝いたソフトバンクホークスは大盤振る舞いとなりそうです。


メジャーリーグでは放映権料の暴騰により破格の契約金や年俸となっていますが、2017年〜2018年のプロ野球ではどのような契約更改が行われたのか調べてみました!

【スポンサードリンク】

読売ジャイアンツ

菅野智之 4億5000万円



球界の大エースに成長を遂げた菅野智之ですが、まさかの2億2000万円アップとなりました。

坂本勇人 3億5000万円



坂本勇人は2016年の2億5000万円から2017年には1億円アップしていましたので、チーム順位や後半戦の失速もあったので現状維持となりました。

阿部慎之助 2億1000万円



2014年には6億円もの年俸でしたが、2017年は2億6000万円だったので年齢とともに減少してきています。

小林誠司 5400万円



正捕手として期待されましたが、活躍したのはWBCだけでした。


打撃の物足りなさからドラフトでも捕手指名が多いなど2018年は背水の陣となりそうです。

中井大介 2400万円



1400万円から1000万円アップと重信慎之介と同様に謎のアップとなっています。

【スポンサードリンク】

広島カープ

丸佳浩 2億1000万円



7000万円アップと球界を代表する外野手に成長しました。

中崎翔太 1億1500万円



初の大台突破となりました。

鈴木誠也 9000万円



間違いなく1億円以上の活躍は見せましたが、怪我しているため来年に上乗せして増額するとの予想です。

阪神タイガース

鳥谷敬 4億



サードとして定着した鳥谷敬は現状維持でした。

福留孝介 2億2000万円



年齢もあり、休み休みの中でもベテランらしい活躍を見せたので1000万円減少にとどまりました。

藤川球児 2億



現状維持。

マテオ 1億9000万円



8000万円アップで、契約更改となりました。

藤浪晋太郎 1億2000万円



二軍調整など不振のシーズンとなりましたので4000万円ダウンとなりました。

まとめ

ソフトバンクは摂津正と松田宣浩が4億円で契約更改とその他にも五十嵐亮太や和田毅、内川聖一が3億円以上の年俸が予想されます。


柳田悠岐や今宮健太も大幅な増額が見込まれていますが、ソフトバンクが年俸ではずば抜けていますね!


では!