9月10日放送の名医のTHE太鼓判では


きび酢
ピャース
酢ショウガ



のレシピや効果が紹介されていました。


夏も終わり季節の変わり目には
風邪をひきやすいので、健康にいいものを食べたいですね。


今回はお酢を使って簡単に作れる健康レシピをまとめてみました。

【スポンサードリンク】
きび酢で骨粗鬆症予防



きび酢はサトウキビで作られたお酢で
骨粗鬆症予防の効果があると言われています。


お酢と言ってもツーンとくる刺激臭も少なく、
カルシウムが普通のお酢の8倍も含まれているのが特徴です。


3年間の歳月をかけてサトウキビから
生成されるお酢として近年、注目を集めていますが
お酢と一緒にカルシウムを摂ると2倍の吸収力を発揮するなど
骨粗鬆症予防には最適な食材です。


さらにカリウムも20倍
ミネラルも豊富とあってきび酢の
栄養素は素晴らしいですね。

きび酢でピャースーを作ろう



きび酢を魚にかけるピャースー


与論島の郷土料理として知られていますが、
レシピも簡単で魚料理のアクセントにはぴったりです。


まず、きび酢と塩水を1:3の分量で混ぜ合わせます。


それを焼いた魚にかけるだけ!


名医のTHE太鼓判では鯖を使っていましたが、
脂っこい魚にはきび酢はすこぶる合いそうです!

【スポンサードリンク】
野菜をお酢につけよう



名医のTHE太鼓判では酢ベジが紹介されていましたが、
お酢に野菜を漬け込んでおくのはマジで健康によさそうです。


その中でも酢ショウガは血糖値の上昇を
抑制する効果があり、オススメです。


作り方は簡単で皮のまま生姜を薄切りにして、
フードプロセッサーでみじん切りに。


皮のままみじん切りにすることで食物繊維、
ポリフェノールといった栄養素を逃さず食べられるのでポイントです!


みじん切りにした生姜を容器に入れてお酢に漬け込むだけでOK!


簡単ですが、焼肉やパスタなど料理全般に使えそうですね。


お酢は糖の分解を抑制し、血糖値や血圧を
よくするのに効果的なので是非試してみてください。

その他の酢ベジレシピ



休みの日にお酢に漬け込んで
常備しておくとめちゃ役立つ酢ベジ。


作り置きで食べれるのが魅力ですが、
ピクルスと同じ要領で玉ねぎやキャベツも
お酢に漬けておけば酢ベジに早変わり。


お酢ってすごいなーと思うのですが、
生姜だけでなくニンニクも名医のTHE太鼓判では紹介されていました。


ニンニクの場合は臭いが気になりますが、
一月ほど寝かせておけば臭いはさっぱりなくなるそうです。


こうなると全部お酢に漬けて冷蔵庫に入れておきたくなりますね。


ちなみにニンニクの場合はりんご酢がオススメされていたので、お酢を使い分けるとさらに酢ベジのバリエーションも増えそうです。

まとめ

名医のTHE太鼓判ではとにかくお酢をオススメしてました。


糖の急な上昇を抑えてくれるので、
血糖値や血圧を気にされる方はお酢を使って料理をしていきましょう。


ここまでお酢が使えるとは思いませんでしたが、
臭いが苦手な人には最初に紹介したきび酢があるのでこちらもオススメです。