夏になると金魚さんたちが

水槽の中で動かなくなるのをよく目にします。




冬の寒さを経て、春から夏にかけて

あんなに餌をパクパク食べていたのに

もしかしてもう逝ってしまうのかな?

と不安になってしまうこともしばしば。




金魚のことなので水槽の水を取り替えたり、

水温を少し下げてみたりすると

すぐに元気になりますが、




それでも元気が出なくなってしまうのは

もう寿命が来たということなのでしょうか?




もしかして、金魚さんも夏バテしてるのかもしれません。

気になったので詳しく調べてみました!

【スポンサードリンク】

金魚 水槽の水を冷やす方法

金魚にとって一番いやなのは夏の直射日光です。




直射日光を浴びた水は水温が上昇し、

水槽内の水質の悪化を招きます。




そして、水槽内の水に含まれている

酸素の量が減ってしまうために

金魚の元気が無くなってしまうのです。




適温の水温はだいたい28度を目安に

水温の上昇を調節しましょう。




風当たりの良い日陰や扇風機で

風を当ててあげるのも効果的ですね。




しかし、扇風機やクーラーのスイッチを

こまめにオンオフしてしまうと

金魚へ負担がかかってしまうので逆効果。




なので、夏場は水温の管理には

十分注意が必要になります。



金魚 梅雨の時期に気をつけるべきこと

水質の悪化によって白点病と呼ばれる

病気になりやすい時期が

気温の上がり目の梅雨の時期と

気温が下がり目の時期の秋になります。




ですので、餌を与えすぎて

水質が悪くなっていないか

消化不良に陥ってないかを

注意する必要があります。




特に白点病は寄生虫によるものなので

イカリムシなど肉眼でこまめに

チェックして取り除くことが大切です。




また、水槽内の苔が繁殖する時期である

梅雨にはやはり直射日光は禁物です。




温度変化や水温の上昇によって

苔は繁殖しやすくなりますので気をつけましょう。

【スポンサードリンク】

水の取り替えや水槽用ファンについて





そして、水質改善に最も効果的なのは水の取り替え。

直射日光を下げることも大切になってきますが、

水の取り替えをこまめにすることによって

金魚を清潔な環境で育てることができますね。



塩や保冷剤が効果的?

しかしながらそれだけでは

防げないのが金魚の「夏バテ」




夏になるといつもよりも元気がない

金魚を見ているともう逝っちゃうのかな、、、

と不安になり薬浴につけてあげたりしていました。




しかし、これは専門的な

金魚店員さんからすると間違い。




えっ、、、と思う方も少なくないと思いますが、

単純に金魚さんも「夏バテ」してるだけなんですね。




なので、水槽に岩塩をふりかけてみましょう。

そうすると金魚さんも活発に動き始めますよ。

水温が下がることによって金魚さんも

元気になるのでやってみてください。




人間と同じようにプールに入るようなものでしょうか。

ミネラルも含まれている岩塩によって

金魚さんの元気も復活しますよ。




あとは、水槽を保冷剤なんかで

冷やしてあげるのも効果的です。




一時的なものかもしれませんが、

夏の水槽内はたとえ直射日光が

当たらない日陰であっても

金魚さんにとっては過酷な環境

になっている可能性もあります。




たまには水温を下げてあげると

金魚の元気も復活しますよ。




では!

【スポンサードリンク】