筋肉貯金を貯めるにはたんぱく質と正しい姿勢|メリットやデメリット

パーソナルトレーニングジム

オフィスワークで衰えた筋肉、、、

毎日仕事をしていると気がついた時には筋肉が衰えてしまいがちです。

いつの間にか体重は増えているし、精神的にも落ち着かない。

昔はイケメンでフレッシュな若者だったのに、知らない間に人って老け込んでいくものです。

とは言っても飲み会は毎週あるし、休みの日は家でゴロゴロしていたい。

そんな時には「筋肉貯金」を貯めて、筋肉をキープしていきましょう。

「筋肉貯金」って何?と思うかもしれませんが、メリットとデメリットを解説していきます。

「筋肉貯金」ってなに?そんな運動で痩せるわけないじゃん

最大のデメリットからおはなしすると実際のところ「ダイエット効果」は薄いです。

「筋肉貯金」の大きなテーマは

「食生活の見直しと毎日こまめな運動で運動不足を解消することで筋肉を少しずつつけていくこと」

そのため筋肥大による基礎代謝UP式トレーニングのような体重減少は見込めません。

もともと筋トレをしている人は、すでに「筋肉貯金」が貯まっている状態をキープするために筋トレをします。

なので、もとから運動したくない人は少しでも「筋肉貯金」をためれるようにしていこう!と最近テレビでも話題になっているのです。

・太らないために一つ前の駅で降りて歩く
・夕食は炭水化物や油物は避けて少食にする

このような実践をされている人にとっては馴染みのある手法ですが、要するに「筋肉を衰えないようにこまめな運動を心がけよう」というのが「筋肉貯金」の概念です。

「筋肉貯金」をためて健康なカラダ作り 筋トレメニューをご紹介

「ジムに通ったり、家で筋トレするほど悩んでないorそこまでしたくない人が太らないために筋肉を維持する」

コメント