夏の甲子園を目指す沖縄大会では決勝で興南高校が美来工科を15-1で降し、夏の甲子園への切符を手にしました。


興南高校といえば福岡ソフトバンクホークスの島袋洋奨が春夏連覇を成し遂げるなどトルネード投法のピッチャーを擁することで有名な高校です。


かつては島袋洋奨をはじめとして2015年夏には甲子園でベスト8の比屋根雅也(立教大)を輩出。


そして、今年は一年生の宮城大弥が沖縄大会決勝で1失点完投勝利。


三年生でエースの川満大翔を温存しての勝利に層の厚さを感じますね。


今回はそんな興南高校について調べてみました。

【スポンサードリンク】

2017年の興南高校の強さは?

三年生の川満大翔と一年生の宮城大弥とサウスポーの育成に定評のある興南高校らしく左のダブルエースを揃えています。


沖縄大会準々決勝では春までエースとして活躍していた三年生の上原麗男が完封勝利をおさめるなど投手力には定評があります。


投手陣は川満大翔と宮城大弥、上原麗男、さらには二年生藤木琉悠がおり、連戦が続いたとしてもローテーションを回せるだけの余裕があります。


どのピッチャーも変化球とストレートの低めへの制球が良いので、甲子園でも大きく崩れることはないでしょう。


打撃では四番の三年生福元信馬や川満大翔、上原麗男、そして二番に座る一年生の根路銘太希が打線を引っ張ります。


一年生の根路銘太希は勝負強い打撃が持ち味で打線の活性剤となっています。


下位打線は少し弱いので上位打線に繋げるバッティングができれば、甲子園でも優勝を目指せるのではないでしょうか。

2017年・興南高校のスタメンは?

1番 仲村匠平 ファースト


2番 根路銘太希 セカンド


3番 上原麗男 サード


4番 福元信馬 レフト


5番 川満大翔 ライト


6番 嘉数尊 センター


7番 渡辺健貴 キャッチャー


8番 里魁斗 ショート


9番 宮城大弥 ピッチャー


2番の根路銘太希と9番の宮城大弥は一年生で他は全て三年生のスタメンオーダーですね。

2017年・興南高校の出身中学は?

川満大翔 那覇市安岡中学


諸見伸彦 浦添市港川中学


福元信馬 糸満市三和中学


仲本匠平 宜野湾市宜野湾中


上原麗男 那覇市金城中


里魁斗 糸満市三和中学


春間悠輝 福岡市友泉中学


伊礼希龍 沖縄市美東中学


嘉数尊 宮古島平良中学


山口拓人 豊見城伊良波中学


宮城大弥 宜野湾市嘉数中学


玉城怜央 南風原町南風原中学


當山尚志 恩納村恩納中学


中山莉貴 豊見城長嶺中学


金城慶大 那覇市安岡中学


野村幸矢 那覇市安岡中学


平良 昂也 那覇市鏡原中学


根路銘太希 伊江村伊江中学


渡久地 永李 今帰仁村今帰仁中学


藤木琉悠 沖縄市山内中学


2017年夏の沖縄大会のメンバーの中学校をまとめてみました。


1人を除いて、ほとんどが沖縄県出身のメンバーとなっています。


福元信馬は昨年もファーストのレギュラーとして活躍。


玉城怜央や上原麗男、もベンチ入りをしていました。


昨年は比屋根雅也を擁しながら三回戦で破れる波乱の展開でした。


クロスプレーでの比屋根雅也のタッチは話題になりました。

【スポンサードリンク】

興南高校2017の甲子園メンバーは?

甲子園でも注目を集めるのはなんといっても宮城大弥。


小学生時代から軟式野球で活躍し4年生の時にはエースを務めていました。


しかし、6年生の時に左ひじを故障。


メジャーの茂野吾郎ではありませんが、2年間は右投げで野球を続けていました。


そして、中学生になり左投げを解禁。


U-15日本代表にも選ばれて、ワールドカップにも出場するなど全国的にも有名な宮城大弥。


135キロ前後のコントロールの効いたストレートにスライダーやカーブを織り交ぜる投球で奪三振を積み上げていく投球スタイル。


宮城大弥の伝説が始まりそうですね。


その他にもいいメンバーが揃っているので一年生を三年生が支える形で甲子園でも暴れて欲しいところですね。

興南高校について

沖縄の高校野球といえば沖縄尚学や八重山商工などが有名でしたが、我喜屋優監督が興南高校の監督になってからはトルネード投法を武器としたピッチャーが活躍する伝統があります。


我喜屋優監督はもともと興南高校で夏の甲子園でベスト4に入るなど興南旋風を巻き起こした選手でした。


その後は大昭和製紙に入社し、大昭和製紙北海道で野球を続けました。


都市対抗野球では北海道初の優勝に貢献するなどアマチュア野球でも活躍されました。


大昭和製紙北海道の監督を務めるなど監督経験が豊富で興南高校に監督としてきた時にはあまりの寮の汚さに興南高校が弱い理由を見出します。


教育者としても生活習慣の改善や意識の大切さを口説き、監督としてだけではなく高校生のこれからの人生をしっかりと支えてあげられる教育を行っています。


興南高校が強い理由はこういったところにあるのですね。

まとめ

島袋洋奨がエースを務めていた時の春夏連覇で一躍、有名になった興南高校。


2015年にもベスト8まで勝ち上がるなどトルネード投法のピッチャーが活躍してきました。


今年も川満大翔と宮城大弥のダブルエースに注目が集まります。


昨年の九州大会では大分商業のホームラン攻勢に初戦で敗れおり、全国大会となると打ち込まれる中でどれだけ粘れるかが鍵となるかもしれません。


春のセンバツは4回、夏の甲子園は10回目の出場となります。


興南高校の活躍に期待しましょう!


では!

【スポンサードリンク】