夏といえばアイスコーヒーを飲みながらカフェで涼しく過ごしたいですよね。


そんなアイスコーヒーですが、氷コーヒーが最近では流行の兆しを見せているようです!


確かにアイスコーヒーも氷が溶けることによってコーヒーが薄味になるのが嫌という方も少なくありません。


爆笑問題の田中さんは氷が溶けることによってアメリカンコーヒーみたくなるのが好きなんだとか。


そんなアイスコーヒーの氷がなんとコーヒーになるのが氷コーヒーなのです。


アメリカのスターバックスではメニューに氷コーヒーが追加されるとの情報もあり、氷コーヒーについて調べてみました!

【スポンサードリンク】

氷コーヒーについて!

Instagram、始めてみました… #ティータイム#氷コーヒー

☆☆rie☆☆さん(@rie_nrrr)がシェアした投稿 –

アイスコーヒーといえば眠気覚ましや読書の時にはついつい飲んでしまいますよね。


特にコンビニのコーヒーメーカーで作るコーヒーが美味しくなってきたので毎日のように飲んでしまいます。


しかし、夏の暑さで少しの時間放置しただけで氷が溶け出し、薄くなってしまうのがアイスコーヒーのもったいないところです。


そんなアイスコーヒーの悩みを解決しようとでたのが氷コーヒーなのです!


別名・コーヒー氷とも言われるこの物体はアメリカのスターバックスで90円で発売され、瞬く間に話題となっています。


セントルイスとボルチモアの店舗限定での発売となっていますが、今後は拡散していくこと間違いなしですね。

氷コーヒーはミスドにある?

ミスドといえば氷コーヒーが有名ですよね!


ミスドの氷コーヒーは牛乳に氷コーヒーを入れることでコーヒーが徐々に溶け出してきます。


ですので、コーヒー牛乳のような楽しみ方ができるのです。

【スポンサードリンク】

氷コーヒーは通販で買える?

氷デカフェ美味しいよー #氷コーヒー#コーヒー

yukiko.oさん(@yukkkki)がシェアした投稿 –

氷コーヒーはAmazonでも売られています。


「アイスライン 氷カフェ コーヒー」が有名ですね。


牛乳だけではなく炭酸やアルコールで割ることも推奨しているので氷コーヒーの色々な使い方ができますね。


さらに20袋入りなので使いやすいのが特徴です。


評価では夏はリピートしているお客さんが多く、無糖なのがいいみたいですね!


60gの20袋入りで1480円+送料810円となっています。


他には「ドトール 氷deカフェ・オレ」が人気となっています。


60gが16袋で4049円と割高ではありますが、ドトールのネームバリューもあり、お中元に喜ばれる一品ですね。

インスタントコーヒーで氷コーヒーは作れる?

冷凍庫に備え付けの製氷皿があれは、ネスカフェなどのインスタントコーヒーでも氷コーヒーは作れます。


1 インスタントコーヒーを作ります。


2 熱が冷めるまで待ちます


3 製氷皿に冷めたインスタントコーヒーを注ぎます


4 冷凍庫に製氷皿を入れます


5 完成!


意外と簡単にできるというか通販で買う必要はあまりなさそうと個人的には思ってしまいました。


あとは、氷コーヒーの保存にはジップロックがオススメです。


ジップロックの中で氷コーヒーがくっついたとしてもジップロックの外から剥がすだけで大丈夫です。

まとめ

氷コーヒーは製氷皿があれば手軽に作れてしまうのですね。


インスタントコーヒーの味に納得いかなければ色々なコーヒーで試してみるのもありですね。


では!

【スポンサードリンク】