日本航空石川野球部は石川県輪島市にある航空科を専攻している日本でも珍しい高校です。


珍しい部活動も多く卒業生のほとんどが航空機関係の就職が多く多方面で活躍しています。


日本航空石川野球部は過去に2回甲子園出場経験があり、100名以上の部員の中なら選抜選手が厳選され大会に出場してきます。



日本航空石川野球部2018メンバーや出身中学!

名前学年出身中学
1 杉本壮志2年生大阪 和泉中学
2 井岡啓吾2年生兵庫 東落合中学
3 小板慎之助2年生大阪 上之島中学
4 山岡広紀2年生奈良 天理南中学
5 長谷川拳伸2年生愛知 振甫中学
6 中西堅太1年生大阪 寝屋川第五中学
7 上田優弥2年生兵庫 伊川谷中学
8 原田竜聖2年生石川 高岡中学
9 小坂敏輝2年生石川 根上中学
10 大橋修人2年生岐阜 羽島中学
11 中川翔太 1年生兵庫 長坂中学
12 藤井慎太郎1年生兵庫 学文中学
13 中村亮太2年生大阪 茨木北中学
14 井川隼吾2年生兵庫 八景中学
15 東尾紘汰2年生兵庫 藍中学
16 的場拓真2年生石川 富来中学
17 星場皐聖2年生石川 志賀中学
18 前田響1年生石川 能登香島中学

日本航空石川野球部といえば2017年は夏選手権で1回戦木更津総合と戦い、9回に入ってからの逆転勝利!2回戦目は花咲徳栄と戦い結果こそ負けてしまいましたが、7回に入り3点を獲得するなど最後まで攻める姿勢を崩さず、奮闘しました。


その後の秋季大会で準優勝、北信越大会で優勝を果すなど2017年で一躍有名になったこともあり、2018年の活躍も目覚ましいのではと期待されています。現時点で2018年の選抜出場を決めるなどその実力は確かなものとなっています。

日本航空石川野球部2018 上田優弥!




そんな日本航空石川野球部の注目選手といえば上田優弥ではないでしょうか。


場外弾を放つと言われるほど迫力のある打球が切れ味で、スピード感もある選手です。


185cm、97kgの高校生とは思えないほど大柄な選手で2017年では実はまだ2年生でした。


中学時代にはヤングリーズ春季大会や選手権大会、ジャイアントカップなど数ある大会に出場し、中学生の頃から常に将来有望な選手として注目されてきました。


2017年に全国高等学校野球選手権大会や明治神宮野球大会などに出場しベスト8の好成績を残しています。


今後の活躍が特に期待される選手の一人でもあります。



日本航空石川野球部 監督!




また日本航空石川野球部の監督は中村隆。


33歳、兵庫県神戸市出身で自身が明治大学に進学後も野球を続け、2007年に日本航空石川野球部のコーチとして就任しました。


就任して2年後には甲子園に出場を果たしています。


監督いわく、「勝ちきる野球」にこだわりその教えは野球の各大会にて現れています。

まとめ




甲子園出場経験こそ少ないものの、実績もあり最後まで諦めない日本航空石川野球部。


2018年も甲子園で活躍してくれるのではないでしょうか。今から楽しみですね。