安くて美味しい290円中華そばでブームを巻き起こした幸楽苑が全国で52店舗の閉店を発表しました。


2007年ごろにはマックでハンバーガーを買って幸楽苑でラーメンを食べれば500円で1日を賄えるのでよく行っていました!


しかし、最近では低賃金労働の裁判などでイメージダウンしてしまい、日高屋や王将に行く人が増えていた印象です。


幸楽苑が北海道や京都ではすべての店舗が閉店となる予定となっており、なかなか寂しいものが地元の人にはあるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

幸楽苑閉鎖の原因は日高屋や290円中華そば?

採算が合わないことが原因とされていますが、今後はいきなり!ステーキを跡地に展開予定とも言われているので戦略的撤退といったところでしょうか。


飲食業は単価が安いために人件費の高騰や人員不足など色々な原因が考えられますが、やはり290円中華そばのイメージが強すぎたのも幸楽苑衰退の原因と考えられます。


安くて美味しい薄利多売のビジネスモデルは誰でも真似できてしまうので幸楽苑のブランド力こそが試されていたのですが、やはり290円中華そばの安さに惹きつけられていた層は日高屋や王将に流れていったと考えられます。


日高屋は駅前中心で駐車場の利用や設置を抑えることによって土地代や工事代を抑えて利益を上げています。


そして、390円ラーメンは原価や人件費を合わせると利益は出ないのですが、ちょい飲みを仕事終わりのサラリーマン向けに展開することでさらに大きな利益を上げています。


日高屋と比較すると幸楽苑は北海道や福井県、滋賀県など郊外の家族向けに事業を展開してきました。


駐車場代や土地代がかさみ、車で来ているのでちょい飲みは難しいなど経営面で郊外店の閉店を決めたのではと考えられます。


そして何より290円中華そば廃止によるファン離れの影響が大きく、飲食業の人件費高騰や人手不足など時代の移り変わりによって幸楽苑は業務の縮小に踏み切ることとなったのです。

幸楽苑の地方の店舗は?

北海道(8店舗)

千歳市


千歳店


旭川市


イオンモール旭川駅前店


札幌市


アリオ札幌店


イオン札幌西岡店


イトーヨーカドー琴似店


イオンモール札幌苗穂店


清田店


新琴似店


京都府(2店舗)


久世郡


京都久御山店


京都市


京都山科店

東京ではいきなり!ステーキが有楽町と浅草駅前にオープンしていますし、地方でも転換店となるところは多そうです。

北海道や京都府では全店舗が閉店とのことです。

【スポンサードリンク】

幸楽苑はいきなり!ステーキに?

幸楽苑は北海道や京都府を中心に大量閉店に追い込まれる結果となりましたが、これからはいきなり!ステーキへの方向変換を幸楽苑HDは狙っているようです。


いきなり!ステーキといえば炭水化物を控えるダイエットに効果的との理由で、ここ数年首都圏を中心に爆発的な人気を誇っていますね。


しかし、郊外店としていきなり!ステーキを展開しても幸楽苑と同じ道を辿るだけかと思うので採算が取れそうな地域を限定してくることでしょう。


しかし、郊外店ではステーキガストやココスなどがライバルになりますが、いきなり!ステーキは今後1年間で200店舗開店を目指しているので郊外店だろうと次々にいきなり!ステーキがあなたの街にやってくるかもしれません!


しなびた幸楽苑から勢いのあるいきなり!ステーキに転換は北海道や京都府のスポーツマンに大ウケし、大ヒット店となる可能性も見えて来ました!

まとめ

いきなり!ステーキは東京のど真ん中で大ヒットを飛ばして現在180店舗ほどを構えていますが、これが今後1年間で200店舗増やすとあって幸楽苑としてもやめて正解だと考えられます。


180店舗を200店舗にするのではなく、180店舗+200店舗ですからいきなり!ステーキが全国各地で革命的な飲食業となるのかもしれません!


290円中華そばで売れる時代は終わり、高単価のステーキがガツガツ売れている時代ですから飲食業も高単価・高利益の時代になっていくことでしょう。


その方が時給も良くなりますし、いいことも増える気がします!


では!

【スポンサードリンク】