広陵高校野球部が久しぶりの夏の甲子園ベスト4進出を果たしました!


最近では巨人の田口や日ハムの堀がいた広島新庄やオリックスの山岡率いる瀬戸内高校が甲子園で活躍していました。


3年ぶりに甲子園に帰ってきた広陵高校野球部ですが、プロ注目の中村奨成が一躍スター選手になるなど広島カープの野村祐輔や巨人の小林誠司がいた頃を思い出しますね。


あの時は佐賀北高校に敗れて準優勝でしたが、その悔しさを胸にプロ野球で活躍していますね。


広陵高校野球部のメンバーについてしらべてみました!

【スポンサードリンク】

広陵高校野球部メンバーの出身中学は?

1 平元銀次郎 3年生 福岡 金田


2 中村奨成 3年生 広島 大野東


3 大橋昇輝 3年生 広島 安西


4 吉岡広貴 2年生 広島 三入


5 松岡直輝 3年生 広島 松永


6 高田桐利 2年生 岡山 倉敷・福田


7 加川大樹 3年生 広島 和庄


8 谷口秀斗 3年生 大阪 千里丘


9 高田誠也 3年生 広島 庚午


10 山本雅也 3年生 広島 安芸津


11 森悠祐 2年生 広島 二葉


12 鉤流大遂 1年生 広島 大塚


13 佐藤勇治 3年生 広島 口田


14 村上嘉一 3年生 広島 国泰寺


15 丸山壮史 3年生 兵庫 櫨谷


16 猪多善貴 2年生 兵庫 菅野


17 河端利晶 2年生 広島 高西


18 岩本淳太 3年生 大阪 松原四

広陵高校野球部の広島県大会は?

広陵高校野球部の広島県大会の戦いは1回戦でいきなり祟徳とあたり9-3で退けると準々決勝まではコールド勝ちをおさめていました。


準決勝の広島商業戦では1-0とエース・平元銀次郎の完封と中村奨成のソロホームランで勝利。


決勝では広島新庄を9-5でくだし、4回に中村奨成のホームランから一挙に6得点を叩き出す猛攻をみせました。


広陵高校野球部といえば先行逃げ切り型と知られていますがまさに広陵高校野球部伝統の戦いっぷりをみせました。


広島新庄には春の県大会決勝で2-7で負けていたので雪辱を果たしました。


エース・平元銀次郎と中村奨成はU-18にも選ばれており、全国的にもトップクラスの実力を誇ります。


地方大会で平元銀次郎は29回で21本のヒットを浴び、14個の四死球を与えていましたが、防御率は1.55と粘りのピッチングを披露。


中村奨成もデッドボールの影響を受け、思うようなバッティングができない中で準決勝と決勝ではともに先制のソロホームランと負けん気の強さが光ります。


1年生の時から同室の2人ですが、中村奨成がオラオラ系だったために最初は仲が悪かったみたいです。


今ではなんでも言い合える仲になっていて、それが甲子園でも発揮されていますね。

【スポンサードリンク】

広陵高校野球部の監督は?

今年の広陵高校野球部は中京大中京、秀岳館、聖光学院、仙台育英と1回戦で負けていてもおかしくない強豪揃いの中で勝ち上がってきました。


特に中京大中京戦は中盤までほとんど抑えられていたので中京大中京の継投が問題視されたほどでした。


秀岳館には相手のエラーが絡み、最後に突き放し、聖光学院や仙台育英には粘られながらも勝利をおさめました。


中村奨成、加川大樹の主軸の活躍もさることながら村上嘉一や丸山壮史などもともとは控えだった3年生の活躍も見られ、一人一役、全員主役のスローガン通りに戦っていますね。


そんな広陵高校野球部を率いるのが名将・中井哲之監督。


阪神の金本知憲監督をはじめとして二岡智宏、福原忍などの名選手を輩出。


最近では日ハムの有原航平や上原健太、阪神の上本博紀と広島の上本祟司は兄弟で広陵高校野球部で活躍しました。


その他にも巨人の西村健太郎と広島の白濱裕太のセンバツ優勝バッテリーや野村祐輔、小林誠司、土生翔平の佐賀北高校との死闘を繰り広げた準優勝メンバーがいます。


中井哲之監督は1962年に広島県廿日市市に生まれ、1980年には広陵高校の快足の内野手として活躍。


渡辺一博と原伸次のバッテリーとともに甲子園でも活躍しました。


その後は大阪商業大学に進学。


1985年には広陵高校の野球部コーチとなり、1990年には監督に就任した中井哲之監督。


その時は27歳だった中井哲之監督でしたが、1991年には部内の上下関係見直しなどもあってセンバツ優勝を果たします。


広陵高校にとっては65年ぶりのセンバツ優勝となり、低迷していた広陵高校を中井哲之監督は若くして立て直したのです。


2003年にも西村健太郎と白濱裕太、上本博紀とともにセンバツ優勝を果たすなど全国的にも強豪として名を馳せてきました。


しかし、2007年の野村祐輔と小林誠司を擁して夏の甲子園制覇を目指した佐賀北高校との一戦では公立校に有利な判定と思われる判定が相次ぎ、劇的な満塁ホームランで逆転負けをしてしまいます。


当時は野球留学など私立校のお金で選手をかき集めるシステムが問題視され、飲酒や喫煙、部長の暴力問題など不祥事で高校野球全体が揺れている時期でした。


ただ、公立校有利な判定をやられた方の広陵高校はとても苦い思いを大人の事情によってしており、その選手をかばうために中井哲之監督は審判批判を行いました。


そのために高野連から厳重注意処分を受けるなど身を呈して選手の頑張りを守った過去があります。


ですので、夏の甲子園優勝にかける思いは強く、10年ぶりのベスト4進出で優勝が見えてきた今となっては意識しなくても意識してしまいますね。

広陵高校の甲子園優勝は?

8月22日には強豪・天理高校との一戦が控えています。


今年の天理高校は天理のバレンティンこと神野太樹をはじめとして下位打線の安原健人、山口乃義がホームランを放つなど今大会屈指の打線を誇ります。


元プロ野球選手の中村良二監督のバッティング理論を取り入れた新しい天理野球は今大会でも抜群の安定感のあるゲーム運びをしており、疲れの見える平元、山本がどれだけ凌げるかにかかっていると思われます。


がんばれ!広陵高校!


では!

広陵vs仙台育英の感想!

【スポンサードリンク】