こんにちは。

加藤です。

さっきすき家に行ってきたらロカボ牛麺という新メニューを見かけました。

ロカボ、、、ってあまり聞いたことないですよね。

ロカボ=「ローカーボハイドレート」

つまりは低糖質という意味だそうです。

最近、流行りの糖質制限ダイエットの進化版なのでしょうか?

気になったのでくわしく調べてみました!

【スポンサードリンク】

ロカボ=糖質制限?

ロカボ=「ローカーボハイドレート」とは

炭水化物抜きダイエット・糖質制限ダイエットとは異なり

低糖質な食事によってダイエットや健康の改善を促します。

最近では炭水化物抜きダイエットなど

極端な糖質制限によるダイエット方法が普及しました。

しかし、その影響で野菜に含まれる食物繊維をも

摂取しない流れも生まれてしまいました。

そこで、炭水化物抜きやといった極端な糖質制限ではない方法として編み出されたのが

ロカボ=「ローカーボハイドレート」なのです。

食後の穏やかな血糖値の上昇を目的として

炭水化物抜きダイエットよりも食材のレパートリーも増やせるのが特徴です。

1日あたりの糖質摂取量は3食で70~130g

1食あたり20~40gの糖質摂取量で、スイーツも10gまでなら食べてもOK

これだと、すごく継続してダイエットに取り組むことができそうな気がします。

この穏やかな糖質制限によって無理なく健康になろうというのがロカボの目的です。

ロカボ=おいしく楽しく適正糖質

炭水化物を摂取することで食後の血糖値が上がってしまします。

自分もよくすき屋で大盛りを食べたり、

やよい軒でご飯を何杯もお代わりした時には

すぐに眠くなって寝てしまい、太りやすい食生活をしてしまいがちです。

この食後の血糖上昇を抑えるためには食事中に炭水化物を食べなければいい!

というのが今までの炭水化物抜きダイエットだったのですが

無理な糖質制限によって食事のバリエーションが狭まり、

かえってストレスを抱えてしまいダイエットが逆効果になるケースも少なくありませんでした。

確かに、極端な糖質制限よりも適切な糖質を頭に入れながら食事を楽しんだほうがいいですよね。

そこで、ロカボが推されているというわけですね。

これからはロカボ=おいしく楽しく適正糖質を合言葉にロカボが普及していくのでしょうか?

【スポンサードリンク】

適正糖質ってなに?

ただひとつ気になるのが適正糖質ってなに?ってところですね。

いまいち基準がわからないのですが、

1日あたりの糖質摂取量は3食で70~130g

1食あたり20~40gの糖質摂取量 スイーツ10g

とはどれくらいの食事に該当するのでしょうか?

糖質100g=おにぎり2個 野菜ジュース1本

意外と適正糖質守るの難しそうですねw

ちなみにこのロカボは食後の血糖をコントロールするのが目的なので

1食あたり20~40gの糖質摂取量さえ守って入れば他は何食べてもOK!

おぉ!

ロカボの定義ではカロリーやたんぱく質などにはまったく制限がありません。

ですので、ご飯を常に半膳、おにぎりは1食に1個と決めておけば、焼肉なんかも食べ放題なんですね。

肉食ダイエットや炭水化物抜きダイエットなどのちょうどいいとこ取りの健康法と言えますね。

ちなみに、すき家のロカボ牛麺は「こんにゃく麺」を使用しており

低糖質な食品としてロカボの公式サイトでも取り上げられています。

「こんにゃく麺」はかみごたえがあるので今年の夏はかなりヒットしそうですね。

夏バテ防止やダイエットにも効果的なのでぜひ食べてみてはいかかがでしょうか?

【スポンサードリンク】