実家の年商やCAの制服などスケート以外でも話題を振りまく本田真凛ですが、シニアデビューからはメドベージェフなど圧倒的な実力者を目の当たりにして伸び伸びとした演技ができていないように思えます。



浅田真央の後継者と目される本田真凛ですが、スケートカナダではザ・ギビングを初披露するもSPを新プログラムにして間もないことや練習不足が原因で5位に終わってしまいました。



さらに、FSのトゥーランドットを練習中に臀部の痛みを感じたとのことで練習をやめたなどスケートカナダでは怪我の可能性も考えられました。



平昌五輪にむけてのGPファイナル出場が難しくなっている現状ですが、SPのザ・ギビングはどういった曲や振り付けなのでしょうか。

【スポンサードリンク】

本田真凛はプログラム構成変更で練習不足?

本田真凛は運命の曲とも呼ぶザ・ギビングですが、9月のGPシリーズ前の曲やプログラム変更とあってまだ自分のものにはできていない様子です。



SPのザ・ギビングのプログラム構成は3回転ルッツと3回転トゥループのコンビネーションジャンプを序盤に組み込んでいます。



スケートカナダでは3回転トゥループを失敗し、本来の伸びやかなジャンプが全体を通じてできなくなってしまいました。



重心の少しの違いで次のジャンプに踏み込めるかが変わってくるのでリカバリー能力が練習で養われていなかったことなど序盤での着氷のミス1つで本田真凛といえども本来の演技ができなくなってしまうのです。



ジャンプだけではなくコンビネーションスピンもキャメルスピンができずにその後もフライングキャメルスピンで回転不足のミスを連発してしまい序盤の3回転トゥループからのミスを立て直すことができませんでした。



転倒によるメンタルの焦りが曲とのリズムや振り付けの流れを狂わせてしまい、スピンでのミスに繋がるなどシニア1年目のプレッシャーとの戦いも本田真凛には課せられているようです。



やはり、SPのザ・ギビングの曲や振り付けを含めたプログラム構成変更がGPシリーズ開幕直前だったことから練習が間に合わずリカバリーの感覚などが掴めなかったようです。

本田真凛のSPの曲や振り付けは?

USインターナショナルクラシックではSPの曲はスマイルでした。



かわいい感じの振り付けや衣装だったのですが、シニアではスマイルでは頂点を獲れないことを悟ったかザ・ギビングに曲を変更した経緯があります。



USインターナショナルが9月14~16日まで行われていたので1ヶ月ほどでザ・ギビングを仕上げなくてはなりませんでした。



スケート選手は5月ごろからSP・FSのプログラム構成や曲を仕上げていくものですが、直前のプログラム構成・曲変更はそれほどザ・ギビングに魅力があることの証でしょう。



そして、このザ・ギビングはアメリカのマイケル・W・スミスが作った楽曲で、グラミー賞にもマイケルは輝くなど世界的にも評価の高い音楽家によって作られています。



ピアノの旋律が美しく、映画音楽のようなインストゥルメンタルな調べがクリスチャンミュージックの良さでもあります。



ザ・ギビングを聴いていると心が落ち着いてきますよね。



振り付けはデビッド・ウィルソンに仕上げてもらっていますが、ジャンプやスピンに繋がるステップの修正も大切になってきますね。



あとは練習でジャンプやスピンのミスをリカバリーするのみですね!

Twitterの反応

まとめ

シニアデビュー1年目ということを考えるとまずまずの結果を残してはいるのですが、メディアのゴリ押し感や期待度の高さで結果を残せないときは批判を浴びてしまうのがスターの宿命と言えます。



ただ、浅田真央や安藤美姫が活躍し始めた時と比較すると才能はあるけどハングリー精神はなさそうというのが印象ですね。



浅田真央にはキムヨナがいましたし、安藤美姫は負けず嫌いで勝ち気な性格が目立っていました。



本田真凛は2人とはまた違ったタイプですが、スケートカナダでの失敗を糧にスケート中国では最高のザ・ギビングを披露してほしいところです。



では!

【スポンサードリンク】