松山聖陵高校野球部は愛媛県の中でも野球部としては有名ながら、同じ地区に強豪校が多く大会でも優勝などの結果がなかなか出ず苦戦していました。


高校自体もスポーツに力を入れており2016年に新しい投手を加えたことで、夏の甲子園に初出場し話題になりました。

【スポンサードリンク】

松山聖陵野球部2018メンバーや出身中学!



名前学年出身中学
1 土居豪人2年生愛媛 城東中
2 柳本晋一郎2年生兵庫 西落合中
3 今村広志郎 2年生大阪 高槻第一中
4 富里尚史2年生沖縄 石嶺中
5 真栄城隆広2年生兵庫 西落合中
6 星本大輝 2年生兵庫 氷丘中
7 大城優太 2年生沖縄 港川中
8 平良倭麻 2年生沖縄 名護中
9 折田玲1年生兵庫 西落合中
10 前里祐2年生沖縄 浦西中
11 中村有2年生沖縄 美東ヰ
12 隅田寛輝之2年生兵庫 西落合中
13 本田裕大2年生愛媛 西条北中
14 山崎智貴2年生大阪 信達中
15 村上尋2年生兵庫 西落合中
16 田窪琉風1年生沖縄 名護中
17 大城碧生2年生兵庫 西落合中
18 小畑拓巳2年生大阪 松原第六中
【スポンサードリンク】

松山聖陵野球部 土居豪人!




秋季四国地区高校野球の県大会では西条を3:1で破り初優勝を決めるなどめざましい活躍を見せています。


ですが秋季四国大会では大手前高松に8:6で勝利するも、準決勝で明徳義塾高校に3:1で敗れてしまいました。


そんな松山聖陵高校野球部で注目選手といえば土居豪人でしょう。


聖カタリナ高校から1年生の時に転向したため、2年生の夏まで公式戦に登板することができませんでした。


2年生になり試合に出られるようになると144キロの速球もあり一気に実力を見せます。


粘りのある投球が持ち味の選手になりストレート・カーブなどの変化球を巧みに操り勝利へと導く投手です。


身長190cm、体重80kgと高校生では考えられないぐらいの大柄の選手になり、1年春の時点では100キロの身体を使いこなせていないなど足りない点も多かったのに対して、たった数年間で驚くほどの成長を見せました。

松山聖陵野球部 監督は?




松山聖陵高校野球部といえば監督の荷川取秀さんも有名です。


高校時代は沖縄の尚学で3塁手として活躍して初優勝を果たしました。


その後筑波大学に進学し地元愛媛の同級生から紹介されて2004年に松山聖陵高校野球部の監督に就任しました。


当時20代前半だったことを考えると驚くほど若い年代の時に監督に就任したことがわかります。


監督のこだわりは「全員野球」になり、野球で使用するグラウンドの整理などのすべてを選手の全員で行うのだといいます。


選抜している選手やベンチなど一切関係なく、全員で行うことで心を一つにすることに繋がると考えているそうです。


監督や選手の力もあり松山聖陵高校野球部は今後甲子園の常連校となってもおかしくありません。チーム一丸となって目指してほしいものですね。

【スポンサードリンク】