フィギュアスケートの季節になりましたね!


女子では世界最高峰の演技力で圧倒的な強さを誇るメドヴェージェワが注目を集めています。


正確無比なジャンプや表現力の豊かさなどキムヨナや浅田真央と比較しても完璧で強さを感じさせるメドヴェージェワ。


しかし、プライベートになるとユーリ︎やセイラームーンが大好きな腐女子で、秋葉原にも出没するアニオタな性格の持ち主です。


やはりあの演技力や表現力はアニメやコスプレで鍛えた感受性の賜物なのでしょうか。


今回はそんなメドヴェージェワについてまとめてみました!

【スポンサードリンク】

メドヴェージェフは強いけどジャンプが汚い?

最近ではタノジャンプと呼ばれる片手や両手を挙げてのジャンプを後半に飛びまくることで点数を狙いにいってる選手が増えてきました。


そして、タノジャンプをプログラムに詰め込みすぎて汚いとの批判が少なからずメドヴェージェワにはあります。


点数の高くとれる後半にジャンプを連発するのが最近のフィギュアスケートの主流ですが、流れが悪くなりジャンプが汚く見えることが理由として挙げられます。


タノジャンプによって加点を狙うが故に表現の美しさが損なわれているのですね。


とにかく退屈なプログラムでも点数が稼げれば評価されるのが今のフィギュアスケートなのです。


ただ、メドヴェージェワのタノジャンプ連発は批判されてはいますが、ミスが少なくジャンプも3回転を器用にこなします。


そこからさらにトリプルトゥーループをどの3回転にも組み込めるなど決してスケーティングや足の使い方は上手いとはいえませんが、他の部分で補っているのが採点の高さにつながっているのです。


つなぎやエッジワークで苦手な部分を補い、タノジャンプによって加点を狙う戦略。


メドヴェージェワが正確無比な演技力が高く評価され、強さを見せつけている裏には高い技術力と欠点を補う戦略があったのですね!

メドヴェージェワの性格は?

キムヨナと浅田真央がライバルとしてしのぎを削っていた時代が懐かしいですが、メドヴェージェワの強さは本物ですね。


そしてなんといってもただのアニオタを通り越して腐女子なロシア人とあってその性格の良さそうな感じには共感を覚えざるを得ません。


目と目が少し離れたあどけない顔つきとは裏腹に大人びたカリスマ性をスケートリンクでは発揮している姿はまさにアニメの中から出てきたようです!


メドヴェージェワは自分のことを短気で頑固だと分析していることをロシアでのインタビューでは明かしていましたが、セーラームーンやユーリ︎が大好きなアニオタな一面も持ち合わせています。


素直な性格でとてもかわいいメドヴェージェワですが、今後も怪我なく活躍してほしいですね!

メドヴェージェワのコーチは?

オリンピック養成学校で9歳の頃からエテリ・トゥトゥベリーゼコーチにお世話になっているメドヴェージェワ。


モスクワにあるフルスタイヌイという練習場でメドヴェージェワはエテリ・トゥトゥベリーゼコーチとともに練習に励んでいます。


フルスタイヌイは工場と呼ばれ、エテリ・トゥトゥベリーゼコーチの教え子は原材料とエテリ・トゥトゥベリーゼコーチは呼んでいます。


ロシアらしいといえばロシアらしい表現ですが、ソチオリンピックで一躍時の人となったリプニツカヤもここフルスタイヌイで育ちました。


メドヴェージェワも2007年からフルスタイヌイでエテリ・トゥトゥベリーゼコーチの指導によって才能を開花させた経緯があり、2015年からの圧倒的な成績はエテリ・トゥトゥベリーゼコーチあっての偉業ともいえます。


ロシアの新星・ザギトワもここの出身で、エテリ・トゥトゥベリーゼコーチの教え子なのです。


エテリ・トゥトゥベリーゼコーチはロシアで鉄の女の愛称で呼ばれており、厳しい指導で知られています。


しかし、厳しく練習をしなくてはやりたくない練習をやるきることができないのも事実で、オリジナルではなく徹底した指導によってロシアフィギュアスケート界を牽引しています。


日本人には合いそうな指導方法ですが、ロシアの国民性を考えると創造性を無視したマニュアル通りのスケーティングが上手くいかないこともあるようです。


エテリ・トゥトゥベリーゼコーチは批判されるのはコーチとして最も価値のあることと述べており、オリンピックはスタートと考えるメンタルの指導など厳しいだけではない指導でロシアを強くしています。


アンナ・シチェルバコワ


アレクサンドラ・トルソワ


など4回転ジャンプを跳ぶ若き新星もザギトワに次いでロシアでは出てきているので今後も楽しみですね。

メドヴェージェワの家族は?

メドヴェージェワのお母さんはジャンナという名前でP&Gのママ、ありがとうというプログラムに一緒に参加しています。


母親への感謝を忘れないメドヴェージェワはやはり世界女王にふさわしいですね。


母親であるジャンナさんもスケーターとして活躍していたそうで、その影響でメドヴェージェフもスケートをはじめたのだとか。


最初はメドヴェージェワの姿勢の矯正が目的だったようですが、いつの間にか世界女王になっているとはジャンナさんとしても驚きですね。

メドヴェージェワはアニメ好き?

久保ミツロウが描いたユーリ︎on ICEのアニメが大好きなメドヴェージェワ。


Twitterではユーリのコスプレを披露などしているうちに作者の久保ミツロウからイラストが送られる事態にまで発展しました。


日本のアニメが大好きなメドヴェージェワにとってはまさに青天の霹靂!


アニメ好きな世界女王はメドヴェージェワの他にはなかなかいませんから日本人としてはとても親近感が湧いてきますね。


アイスショーではセーラームーンのコスプレで登場するなどまさにフィギュアスケート界きってのアニオタであることがわかりますね!

まとめ

メドヴェージェワの強さの秘訣は精密機械のような演技力とジャンプの構成にあることがわかりました。


ジャンプが汚いとの評価もありますが、高得点を叩き出すための戦略などメドヴェージェワが世界女王である理由がよくわかりました。


ザギトワが台頭してきていますが、ロシア全盛期のフィギュアスケート界はまだまだ続きそうですね!


では!

【スポンサードリンク】