みなさん、もう秋ですね。


秋といえば紅葉、イチョウなどがすごく綺麗ですよね。


みなさんは東京で盛大なイチョウ並木が見られる場所があるのはご存知ですか?


その場所というのは、「明治神宮外苑」です。


11月中旬からイチョウが綺麗になっていきます。


一番見ごろな時期は11月下旬〜12月上旬。


この時期を逃さないように訪れてみるといいでしょう。

【スポンサードリンク】

明治神宮外苑へはどうやってアクセスするのか

明治神宮外苑の最寄りの駅は信濃町駅、千駄ヶ谷駅、青山一丁目駅、都営地下鉄国際競技場駅です。


どのからでも大体5〜10分程度でアクセスすることができるみたいですが、一番オーソドックな最寄りの駅は信濃町駅。


かと言って他の駅からではいけないというわけではありません。


青山通りからイチョウ並木が続いているので、どの最寄りの駅からも迷うことがないと思います。


また、車でアクセスする場合は、首都高速4号線新宿線外苑出口からすぐです。


明治神宮外苑には駐車場があるので、心配ないですね。


なお、駐車場は一日1550円です。(普通車)


筆者が調べた感じですと、周辺で近いところにあまり駐車場がないみたいなので、この駐車場を利用するのがベストかと思います。


しかし、シーズンになるとかなりの混雑が予想されますので、あまり車でのアクセスはオススメではないかもしれません。

11月はイチョウ祭り!

明治神宮外苑のイチョウ並木が一番綺麗に色づいている期間、ここでは「イチョウ祭り」というものが行われているようです。


会場はイチョウ並木噴水池周辺と、軟式野球場みたいですね。


イチョウ並木が盛り上がってる中、人々も盛り上がること間違いなしです!


2017年のイチョウ祭りの開催期間は11月17〜12月3日。


時間は10時〜20時の予定みたいです。


どのような内容になっているかと言いますと、なんと


全国各地のグルメが楽しめるらしいです!


その土地特有の料理などを屋台で楽しめてしまうらしいのです。


スイーツなどもあるのでかなり期待できますよね。


デートのプランの一環にこのイチョウ祭りを取り入れてみるものアリだと思います。

【スポンサードリンク】

大人気のイチョウ並木と、その他の木々も存分に楽しみましょう

イチョウ並木というくらいですから、イチョウを存分に楽しんで欲しいのですが、実は桜、けやき、紅葉が存在しますのでそちらも楽しんでほしいと思います。


黄色く色づいた綺麗なイチョウ並木にところどころ赤くなっている木々をみるのも趣があると思いませんか?


盛り上がるイチョウ祭りと、周りの景色を堪能して秋を感じてみましょう。

まとめ

明治神宮外苑までのアクセスとしては電車を使うのがいいかもしれませんね。


紅葉シーズンはかなりの混雑が予想されるのと同時に、イチョウ祭りの影響でさらに混むと思われます。


駐車場がなくて困ってしまった、なんてことにならないようにしたいところなので、できるだけ最寄りの駅からアクセスしましょう。


イチョウ祭りの期間は1ヶ月くらいあるので、一度くらいは足を運んで見てもいいかもしれません!


東京でも一番人気かどうかを争うくらい良いスポットなので個人的にはぜひデートや観光などの際に行って見てほしいと思います。


それでは、今回は以上です。


ありがとうございました。

【スポンサードリンク】