平昌オリンピック開幕が迫ってきましたが、浅田真央2世こと宮原知子の金メダルに期待が高まっています!


本田真凛がまさかの代表落ちとなり、羽生結弦も怪我とあって浅田真央引退以後のフィギュアスケートを引っ張ってきた宮原知子が活躍してほしいところですが、ロシア勢にどれだけ食い込んでいけるか注目ですね。


宮原知子の近況や両親についてまとめてみました!

【スポンサードリンク】

宮原知子の近況!




平昌オリンピックの選手村では暖房が効かない、お風呂が6人に1つしかないなどかなり劣悪な環境設備であることが明らかになっています。


そんな中で宮原知子は現地入りした初日から精力的に練習をこなし好調をキープしていますね。


空港にバスがこなかったなどトラブルもありましたが、韓国国際鉄道で移動して難を逃れたそうです。


韓国は寒すぎて開会式も辞退する選手が多いとの報道もありますが、ストイックに練習に励む宮原知子の調整は順調なようですよ。


ブログでは自分改革というタイトルで四大陸選手権について報告してきますが、平昌オリンピックでのさらなる飛躍が期待できる内容となっています。

宮原知子の両親!




精密機械と評価されてきた宮原知子ですが、コーチの浜田美栄との猛練習によって昨シーズンから怪我で調子が上がらない時期もありました。


全日本選手権での大復活は記憶に新しいですが、リハビリを経て魅せる演技力はより美しく洗練されたものになりましたね。


そんな宮原知子の出身は京都で両親がお医者さんの家庭で育ちました。


子供の頃はアメリカで過ごした時期もあったそうで4歳からスケートを始め、中学・高校・大学は関西大学系列の学校に進学。


関西大学は休学中で現在は木下グループと契約を結んでいますが、平昌オリンピック後には復学するかもしれませんね。


両親が医師という珍しい家系ですが、知的でストイックな宮原知子の演技を見ているとご両親の教育の賜物だなと感じてしまいます。


浜田美栄コーチからも歴代1位の練習量で努力家と評価されていますので、平昌オリンピックでの金メダルを祈るばかりです。

【スポンサードリンク】

宮原知子 平昌で引退?




左股関節疲労骨折のリハビリの際にはメンタルが折れてしまったこともあったそうです。


しかし、復帰後にはかつての精密機械のような演技だけでなく表現力が豊かになり、ガッツポーズや悔しさを滲まれる場面も見受けられるようになりました。


なんといってもまだ19歳という若さですのでまだまだ伸び代十分で次のオリンピックまで引退の可能性は低いですね。


ソチオリンピック以後は


2015年


世界選手権 銀メダル


四大陸選手権 銀メダル


2016年


四大陸選手権 金メダル


と日本のフィギュアスケートを牽引してきた宮原知子ですので、金メダルを獲得してほしいですね。

まとめ




宮原知子は英語も堪能で関西大学に通うなどまさに才色兼備なフィギュアスケート選手です。


両親も医者というとんでもないエリートですが、フィギュアスケートの練習となると浜田美栄コーチが絶賛するほどに努力家なのですね。


フィギュアスケート選手はほとんどが故障を抱えつつも試合に出たいというタフな精神力の持ち主ですので、怪我に注意して今後も末永く日本を率いてください!


では!

【スポンサードリンク】