8月19日の仙台育英戦で思いきり足蹴りされて負傷し、勝ち越しタイムリーという劇的な展開を見せた選手といえば「中川卓也」でしょう。


インターネットでは仙台育英の選手が本来なら置かないホームに右脚を置いていたこと、故意に蹴ったのではとの賛否両論もありますが同点の場面でまさかそんなことをする選手はいないはずです。


ではそんな中川卓也について詳しくみていきましょう。

【スポンサードリンク】

中川卓也について!

大阪府大阪市出身2000年生まれ右投左打で、身長175cm、体重76キロ。


中学校は大阪長吉中学校で野球部には所属せず、大阪福島リトルシニアで硬式野球をしていたそうです。


1年生の時にオール枚方に選ばれてレギュラーの座を獲得するなどその時期から実力派として注目されていたそうです。


出場した試合は「リトルシニア全国選抜野球大会」と「ジャイアンツカップ」でベスト8にまで進んでいます。

中川卓也の兄は?

中川卓也には中川優というお兄さんがいて青森の「八戸学園光星高校」に通っていました。


実はこのお兄さんも野球の実力ではお墨付きの選手で、当時エース投手として甲子園への出場経験もあるのだとか。


2015年には大阪桐蔭に敗退して大阪体育大学の3年生になっています。


兄弟揃って甲子園に出場するとは中川家すごいですね!


そんな尊敬する兄の背中を見て地元の強豪から甲子園に出たいと大阪松蔭に進学したといわれています。

中川卓也の彼女は?

中川卓也と調べると彼女とのプリクラが出てきます。


なんでも2015年に更新がストップしているツイッターのアカウントがあり、現在は更新こそされていないのでわかりませんが当時は彼女を大切にするいい男として評価されていたといいます。


実際お年頃ですし、これだけ実績があると彼女がいてもおかしくはありませんよね。

中川卓也の足蹴りの怪我は?

中川卓也の気になる足の具合ですが現在完治しているのかまでは調べることができませんでしたが、仙台育英戦のあとに車椅子で帰っていたこともあり、予想以上に大怪我をしたのではといわれています。


ケガのあとなんとか試合に出てタイムリーまで打っていたので軽症かな?と思っていた人もいるでしょう。


このケガが今後の中川卓也の選手人生に影響しないことを祈るばかりですよね。


秋季大会ではキャプテンも務め、普段どうりにプレーしているので大丈夫だとは思いますが。

まとめ

中川卓也はまだまだ成長が見込める期待の内野手でもあります。


大阪桐蔭のキャプテンとして1日でも早くケガを治し、来年度の活躍を期待したいものですね。


お兄さんがなし得なかった甲子園優勝の結果を残し将来はプロ野球選手として活躍してくれるのが楽しみです。

【スポンサードリンク】