甲子園出場校としても有名な大阪桐蔭ではじめて2年生で優勝マウンドに立った「根尾昴」を知っているでしょうか。


今年の夏は惜しくも連覇を逃してしまいましたが大阪桐蔭といえば春・夏いずれも全国の頂点に立ち視聴者を楽しませてくれる実力校でもあります。

【スポンサードリンク】

根尾昴の兄や身長は?

岐阜県飛騨市出身の根尾昴は身長177cm、体重79キロの比較的大柄な体格に内外野手兼投手となんでもこなします。


ご両親が地元で診療所を営なむお医者さんでもあります。


小学校は河合小学校で小学2年生の頃から「古川西クラブ」にて野球をはじめました。


もともとは根尾昴の兄が野球をしておりその影響を受けてはじめたのだとか。


現在お兄さんは岐阜大学医学部へ在学中で医者の道を志しているといいます。


根尾昴にはお姉さんもいますが何をしているのかは不明です。


3兄弟の末っ子としてすくすく成長したのがわかりますね。


ジュニアチームの選抜に選ばれ陸上でも100m全国5位、スキーは岐阜大会で優勝し全国大会へも行ったことがあるのだとか。


中学校は古川中学校で中学野球部には所属しないで「飛騨高山ボーイズ」に所属していました。


アメリカ遠征もするなど全国的にも注目を浴びる程の選手でした。


ですが学校ではスキー部に所属し優勝もしています。

根尾昴の勉強は?

146キロの豪速球を投げ投球術でも高校生顔負けの実績を残す選手として早くも注目されていました。


しかも勉強もできることでも知られ常に成績がオール5と才色兼備の才能を持つ選手として文武両道のすごい人財なのです。


当時岐阜高校や慶應義塾高校、大阪桐蔭高校の3校が根尾昴を狙っていたそうでそのなかでも一番熱心だった西谷監督の熱いオファーを受け進学を決めたのだといいます。


大阪桐蔭に入学して1学年の夏から18番ながらもベンチに入り、秋にはレギュラーの座を掴むなどその実績は常に塗り替えられています。


2年生になり投手として2試合に出場、決勝戦でも履修社との最終回に登板し、1イニングゼロに抑えています。


夏の甲子園ではベスト16で敗退してしまいましたが大阪桐蔭の主力選手としての実力は充分に積み重ねています。


現代は大阪桐蔭の4番として活躍していますが、現在は2年生です。


ドラフト対象になる2018年にも活躍することは間違いありません。


高校卒業とともにプロ入りするのではとされていますが、どんな成長を遂げるのかが楽しみですね。


もちろんご両親と同じ医者の道へと進むことも考えられ成長が楽しみな選手でもあります。


もともと持っている運動能力が高いので今後はより幅広い分野での活躍も期待できるでしょう。

【スポンサードリンク】

根尾昴のポジションや背番号・ドラフトは?

新チームに入ってからはショートを守り四番を打っています。


背番号は6ですが、リリーフとしてマウンドに立つこともあるのではないでしょうか。


侍ジャパンのu-15には同じ大阪桐蔭の藤原恭大と報徳学園の小園海斗が二年生では選ばれ活躍しました。


清宮幸太郎など三年生の選手が不振に陥る中で藤原恭大と小園海斗のミートセンスは木製バットでも遺憾無く発揮されており、とても技術の高い選手であることがわかりました。


この2人と比較すると根尾昴は完成度も低く、同じポジションの小園海斗とは守備で大きな差があります。


話題が先行していますが、通算本塁打も約16本と中距離打者でつなぎの四番というのが今のところ根尾昴の評価となるでしょう。

まとめ

身体能力の高さから二刀流と話題になってきましたが、大谷翔平と比較するとスケール感が小さく小さくまとまってしまった印象です。


しかし、それだけユーティリティに溢れ器用な選手であるのでドラフトでも3位以内で指名される可能性は高いです。


日本ハムの近藤健介やソフトバンクの高田知季などが根尾昴の理想形なのかもしれません。


では!

【スポンサードリンク】