日本航空石川野球部が遊学館を5-2で退け、2回目の甲子園出場を決めました!




エース・佐渡裕次郎が準決勝での怪我に打ち勝ち粘りのピッチングを披露。


4番を打つ上田優弥は2年生ながらも能登の怪物と呼ばれるなどプロ注目の選手も擁しています。


2016年の夏の大会では決勝で星稜高校に敗れて準優勝。


秋の大会でも北信越大会で準決勝で敗退し、センバツまであと1勝のところで甲子園を逃していました。




見事に甲子園出場を決めた日本航空石川野球部について調べました!

【スポンサードリンク】

日本航空石川野球部について

今年の石川大会は星稜高校が夏の大会連覇を目指し、清水力斗などプロ注目の選手を擁していました。




春の石川大会を制した金沢高校や遊学館、小松大谷などどのチームが甲子園に出てもおかしくない群雄割拠な状況でしたが、日本航空石川野球部が昨年の雪辱を果たし、見事に甲子園出場。


部員数は130人の大所帯で夏の甲子園大会は2度目の出場となります。


能登半島からは2009年の日本航空石川野球部が甲子園に出たのが初だったそうです。




甲子園出場の回数こそ少ないものの日本航空石川野球部はOBにロッテの角中勝也がいるので差し入れなどもありそうですね。


準々決勝からは小松大谷、星稜、遊学館を倒しての甲子園なので名実ともに石川県の代表として活躍が期待されます。




今年のチームはエース・佐渡裕次郎を中心とした投手陣と打撃のチームに仕上がっており、エース・佐渡裕次郎が守備からリズムを作り、攻撃に繋げています。

日本航空石川野球部の特徴は?

甲子園に向けて練習ではバックネットの裏側に大音量で応援歌をスピーカーで流しているそうです。


甲子園では味方同士の声が聞こえないほど応援がすごいですからね。




今年のチームは能登の怪物こと上田優弥をはじめとして2年生の時からチームの中心だった尾畑秀侍、1年生の頃から注目を集めていた桂湧哉など強力打線が特徴です。


準決勝の星稜高校との試合では7-2で迎えた8回から8番を打つ原田竜聖の場外ホームランなどで追いつき、最後は上田優弥のサヨナラタイムリーで試合を決めました。


清水力斗や寺西建など昨年の甲子園から評価を受けていた星稜高校を破っての甲子園ということでその打力は底知れません。




その試合で11回を投げ抜いたのがエース・佐渡裕次郎です。


9回の星稜高校の攻撃では左足首に打球がライナーで当たるなど痛み止めを飲んでの登板。


そして、決勝では遊学館相手に125球を投げ抜き完投。


怪我をおしての登板だったこともあり、本調子には程遠い内容でしたが、エース・佐渡裕次郎が日本航空石川をひっぱります。




星稜高校の清水力斗とは能登地区で顔なじみだそうで引退してからは遊ぶ約束もしているそうです。


念願の清宮幸太郎との対戦はなりませんでしたが、甲子園でもその実力を発揮してほしいですね。

【スポンサードリンク】

日本航空石川野球部の監督は?

中村隆監督は33歳と若い監督さんです。




2016年の石川大会決勝では星稜高校との大一番で旧チームのエースだった打田雷樹ではなく、当時は2年生だった佐渡裕次郎をマウンドにあげます。


スライダーを武器に佐渡裕次郎は星稜高校を抑え込み、日本航空石川打線はストレート狙い切り替え4-1と6回までリードを奪っていました。


中村隆監督としてはゲームプラン通りの展開でしたが、7回に守備が乱れ星稜高校に逆転されてしまいます。


すかさず、追いついた日本航空石川でしたが、8回裏には満塁のピンチに。




中村隆監督はデッドボールを不安視し、外角へのピッチングを打田雷樹に指示。


しかし、結果として打たれてしまい7-5で逆転負けを喫してしまいます。


中村隆監督としては佐渡裕次郎を2年生の頃から評価をしており、怪我をしながらも準決勝、決勝と完投勝利を収めた佐渡裕次郎の活躍は人一倍嬉しいのではないでしょうか。




昨年から石川大会決勝まで勝ち進み、秋の石川大会では星稜高校を佐渡裕次郎が1失点完投で破っており、石川県の高校野球界でも評判の中村隆監督です。


甲子園は初采配となりますが、エース・佐渡裕次郎と強力打線でどこまで勝ち進むのか注目が集まります。

まとめ

山梨県にも日本航空高校があり、そちらは春1回、夏5回の甲子園出場を誇ります。




日本航空石川野球部は能登の怪物など能登半島に位置しているので何かと話題になりそうですね。


最近の石川県の高校野球は星稜高校や遊学館高校をはじめとして小松大谷高校も話題になっており、金沢高校なども含めるとまさに群雄割拠。


日本航空石川野球部も勝つのはかんたんなことではありませんでしたが、エース・佐渡裕次郎の力が石川県の中でも飛び抜けてましたね。


甲子園での活躍が楽しみです!


では!

【スポンサードリンク】