花咲徳栄野球部が見事に広陵高校を破り、夏の甲子園を埼玉県勢として初の優勝を飾りました!


西川愛也は大胸筋断裂の怪我からの復帰し、外野手としてプレー。


天才とも称されるバットコントロールや内川聖一に似たインパクトゾーンの広さなどバッティングにおいては非凡な才能を見せつけました。


1回の太刀岡、千丸の出塁からの西川愛也のタイムリーは花咲徳栄を勢い付け、5回にはまたしても太刀岡、千丸の出塁からスリーベースと大仕事を甲子園の決勝で成し遂げました。


今回はそんな西川愛也についてまとめました!

【スポンサードリンク】

花咲徳栄・西川愛也について!

胸の溝鬼のあたりでバットを揺らし、ピッチャーとのタイミングを合わせてトップの位置から鋭くバットを振り抜く姿はまさに天才。


過去には日ハムに進んだ西川遥輝が智弁和歌山で天才バッターと称されていましたが、同じ名字の西川愛也は天才的なバッティングセンスとともにチームを勝利に導くスイングのできる選手なのではないでしょうか。


大胸筋断裂の怪我の影響もあるでしょうが、甲子園では初戦の開星戦では地を這うようなライト前ヒットや弾丸ライナーでのライト前ヒット。


前橋育英戦まではセカンドゴロでのタイムリーと8打数2安打としていましたが、初回にタイミングを合わせた打球で左中間を破りスリーベースヒット。


端正なマスク、高身長、柔らかなバッティングと誰がどう見ても高校野球で止まっているようなレベルの選手ではないことが西川愛也。


西川愛也の特徴は並外れたバッティングセンスを持ちながらも高校生らしくないエゴのあまり見られないスイングでチームに勝利をもたらすことのできることですね。


前橋育英戦での火の出るようなライト前へのライナーはバットスイングが鋭すぎて恐ろしいくらいでした。

花咲徳栄・西川愛也は花咲徳栄からプロへ?

大胸筋断裂の怪我の影響でスカウトの評価は軒並み低調でしたが、甲子園優勝に導いた天才アベレージヒッターとしてどの球団も獲得を検討することは間違いないでしょう。


最近では明治大学から高山俊が阪神タイガースに進みましたが、持ち前のミート力やパンチ力を鍛えていくはずがいつの間にかボール球にも手を出すフリースインガーに成り果てています。


アマチュア時代に天才と称された選手でも方向性を間違えるだけで平凡な選手になってしまうのがプロ野球です。


今は大胸筋断裂の怪我の影響で外野手を守っていますが、足の速さなども評価の対象となっており、内野手として獲得を検討する球団もあります。


スカウトの評価をまとめてみました。


・タイミングの取り方やスイングが独特でバットの軌道など高校生ではトップクラス


・日ハムに行った横浜高校・浅間大基のように俊足で広角打法


・木製バットでも打てるバッティングであとはプロの球に慣れるだけ


・走攻守で高いレベルの才能があるが、大胸筋断裂の影響でドラフトは3位から


日ハムの今成スカウトや山田正雄スカウト顧問がコメントを残している他は広島カープの尾形佳紀スカウト、苑田スカウト統括部長も西川愛也には注目しています。


埼玉県大会ではランニングホームランを2本も放つなどバッティングだけでなく走塁でもプロ注目のセンスを持っているようです。

【スポンサードリンク】

花咲徳栄・西川愛也の身長や出身中学・怪我は?

西川愛也は大阪府堺市出身で、金岡小学校では軟式野球、金岡南中学校では浜寺ボーイズで野球をしていました。


意外にも関西出身とのことで小学校6年生の頃にはオリックスJr.に入っていました。


現在は身長180cm体重84kgと冬場の花咲徳栄のハンマー練習などで体は鍛えられていますね。


花咲徳栄では2年春のセンバツで甲子園デビュー。


先輩の高橋昂也・岡崎大輔とともに夏の甲子園にも出場し、10打数6安打と4番の活躍を見せつけます。


大胸筋断裂の怪我は高校2年生の5月に発症し、11月に手術しています。


侍ジャパンU-18に選ばれていないので今後は国体まで体を休めることができますね。

まとめ

西川愛也はバッティングのルーティンにも取り組んでおり、侍のイメージで打席に入っているそうです。


バットを揺らしながらタイミングを取り、ヘッドの走りはまさにバットが刀のようです。


甲子園では引っ張ってのライト前ヒットがよくみられましたが、プロ野球のボールに対応するためにイチローのような変態的なバッティングがみられるかもしれません。


今のところ進学の情報は出ていませんが、プロに進むとみて間違いはないのではないでしょうか。


では!

Twitterの反応

【スポンサードリンク】