織田裕二(甲斐正午)の演技は上手い・下手?SUITS・共演NGは

2018年 秋ドラマ


[br num=”1″]
ついに俺らの織田裕二が月9に帰ってきた!
[br num=”1″]
田中圭だか坂口健太郎だか知らねーが、そんな前髪重たい系の男たちは置いといて織田裕二を語ろうぜ世の女ども。
[br num=”1″]
ひとまず、平成最後の秋に織田裕二の高圧的で体育会系な昭和の男の演技を見て、今後の人生について考えようじゃん?

【スポンサードリンク】
織田裕二の演技は時代遅れ?

[br num=”1″]
危うく平成の終わりとともに過去の人となりそうな人たちといえば「とんねるず」的な昭和の体育会系おじさんが筆頭です。
[br num=”1″]
そして、織田裕二も踊る大捜査線以降は世界陸上の「キタッー!」でしか評価されておらず、完全に終わったやつ扱いでした。
[br num=”1″]
そもそもイニシアチブ握りまくって厚かましそうだし、慕ってる後輩いるのか?と思うほどにプライベートが謎。
[br num=”1″]
もうとっくに仕事しなくても暮らしていけるだけ稼いだのかもしれませんが、江口洋介や唐沢寿明が役者魂で粘りに粘ってるなかで織田っちはなにしてんだ…って感じでした。
[br num=”1″]
俺は主役しかやらない!俺のいうこときかないやつとは仕事しない!的な昭和の頑固オヤジな部分もありますが、根はめっちゃいい奴!
[br num=”1″]
そんなお茶目なイメージ戦略でバラエティでいじられ、お茶の間の人気者キャラを目指すわけでもなかったこの10年くらいはファンとしては世界陸上しか楽しみがない日々…
[br num=”1″]
しかし、スターの星のもとに生まれた男はバラエティに出なくとも世界陸上という世界的スポーツ大会でただただ自分の大好きでめっちゃ勉強してきた知識をひたすら熱く語るだけでネットの人気者となっていたのです。
[br num=”1″]
アマルフィで大ゴケした2000年代後半の失態や柴咲コウとの共演NG説が1番上にくるネットのSEOさえなければ、俺たちの織田裕二は織田裕二のまま生きていけたのに!!!
[br num=”1″]
時代が織田裕二に追いつけなかったのか、織田裕二が織田裕二を時代に合わせてアップデートすることを拒んだのか…
[br num=”1″]
踊る大捜索でたんまり稼ぎ、世界陸上でもお金入ってくる中で、アマルフィで007目指したけど滑ったことで織田裕二としても思うところがあったのかもしれません。

織田裕二の演技は憑依型?

[br num=”1″]
若手女優のなんちゃって憑依型ってピュアな感性で役になりきってるだけで、大人になったら誰しも若さや勢いでは乗り切れない壁にぶち当たり、自力型を極めて役を演じていかなくてはならなくなります。
[br num=”1″]
大竹しのぶだって役に入るのがパッとできて、普段とギャップがあるから憑依型と言われてるだけで、普段から仮面をかぶって生きてるアイドルや自意識の強い役者さんは色んな仮面をかぶって自力で役になりきっていく!と勝手に素人が演技論語ってます、、、
[br num=”1″]
つまり、織田裕二は憑依型ではなく、めっちゃ自力で役になりきる超自力型!!!
[br num=”1″]
というよりも織田裕二が演じたら織田裕二にしか見えない!笑 的な評価と常に戦ってきたこの20数年間で逆に俺が織田裕二だ!俺織田裕二!俺織田裕二!俺織田裕二!俺織田裕二!俺織田裕二!俺織田裕二!
[br num=”1″]
こんな感じで世間の評価を我の強さやナルシスズムで乗り越えてきた男の中の男と言えるでしょう。
[br num=”1″]
そんな昭和の体育会系的な生き方をしてきた織田裕二でしたが、日本版007を目指したアマルフィはまさかの大ゴケ…
[br num=”1″]
フジテレビも天文学的な予算でのぞんだそうですが、あれで踊る大捜索シリーズの利益は吹っ飛ばしたのかもしれません。
[br num=”1″]
フジテレビとの愛蜜関係もなくなり、黒田康作では柴咲コウに演技指導してキレられるし、けっこう役者人生の中でもきつかったのではないかと思います。
[br num=”1″]
しかし、2018年の今
[br num=”1″]
トレンディドラマ時代の頃からはじまった俺の役者人生をかけてでも大復活を遂げてやるぜ!という強い決意が感じられるキメにキメまくったオールバック
[br num=”1″]
やっぱり俺たちの織田裕二はこうでなくちゃ!

【スポンサードリンク】
織田裕二 共演NGの真相

柴咲コウとは本気で忌み嫌いあった仲らしく、そもそも女優さんが織田裕二とやりたくないと2000年代は逃げられていたとの噂もあります。
[br num=”1″]
2010年前後共演女優一覧
[br num=”1″]
上野樹里
大竹しのぶ
北川景子
長谷川京子
鶴田真由
土屋太鳳
[br num=”1″]
2010年前後はダウンタウンやとんねるずでさえも老害とネットで叩かれ、全盛期のような戦い方を誰しも見直していた時期。
[br num=”1″]
世代交代の波に翻弄されながらも2年に一度は主演ドラマや映画に出演していたあの頃の織田っちは自身のポジショニングの変化や年齢による老いを認めざるを得なかったはずです。
[br num=”1″]
そんな中でも北川景子や土屋太鳳ちゃんのような体育会系の女優は織田っちにご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い!的な感じでついていってたと思いたい!
[br num=”1″]
柴咲コウだけでなく、キムタクや柳葉敏郎との確執も話題づくりに使われてましたが、本気で共演NGなのは金子修介と山本高広くらいなようです。

織田裕二 演技の評価は?

東京ラブストーリーのカンチ役でさえも優柔不断すぎて俺のイメージにあってない!と続編を拒み続けている織田っち
[br num=”1″]
江口洋介や唐沢寿明は悪役や渋い脇役で生き残っているのに、頑なに主役しかやらない男の生き様を再評価する声は少ないのが現状です。
[br num=”1″]
役者としてではなく、世界陸上の色物おじさんとしてしか見られていない部分もありますが、平成最後の年にトレンディドラマ時代の盟友・鈴木保奈美を引き連れて月9に殴り込みをかけてきたのには高評価!
[br num=”1″]
中途半端なことはしたくない!俺は俺!的な生き様を評価する声よりも世界陸上での面白キャラが浸透している中で、どんな演技を披露するのか織田っちに今年の秋は注目です!
[br num=”1″]
憑依型だとか自力型だとかどうでもいいから織田裕二を楽しみましょう!

織田裕二へのみんなの思い

まとめ

[br num=”1″]
2018年の今となっては江口洋介や唐沢寿明も過去の自分に負けないように老いても役者の道を歩んでいます。
[br num=”1″]
若い時のように虚勢を張って背伸びしていたころとは違って、円熟味を帯びた大物感が作品を彩っています。
[br num=”1″]
俺たちの織田っちはいつまでも虚勢をかまして、イニシアチブとって、とことん朝まで語り明かす熱い昭和の男であってほしいけど…
[br num=”1″]
もう年だしそこんとこどう打って出てくるのか…
[br num=”1″]
織田裕二がいつまで織田裕二を演じきれるのか…
[br num=”1″]
平成の終わりに織田裕二も終わっちまうのか…

【スポンサードリンク】

コメント