大阪桐蔭野球部史上最強世代と呼ばれる新チームが秋季大会に向けてメンバーを発表しました。


夏の甲子園ではまさかの中川卓也がベースの踏み忘れで逆転を仙台育英に許すなど歴史的な敗北を喫しました。


大阪桐蔭野球部といえば辻内・平田を擁した時代から中田翔などプロ野球にも多くの選手を輩出してきました。


浅村栄斗や藤浪晋太郎、森友哉など圧倒的な力で夏の甲子園優勝や春夏連覇を果たしました。


しかし、最近では強くなりすぎたのか大阪桐蔭アンチを多く生み出してしまうほどになり、ミレニアム世代とも呼ばれる根尾昴や藤原恭大、山田健太、中川卓也、柿木蓮などはかなりのプレッシャーがあるものと思われます。


仙台育英との激闘の末にこれまで野球エリートだった選手達がどうなって行くのかに注目が集まりますね。


今回はそんな大阪桐蔭野球部2018メンバーについてまとめてみました!

履正社野球部秋季大会メンバーやスタメン!出身中学や背番号は?

【スポンサードリンク】

大阪桐蔭野球部秋季大会メンバーは?

1 柿木蓮

佐賀県


多久市立中央中学


佐賀東松ボーイズ


2年生

2 小泉航平

和歌山県


御坊市河南中学


和歌山日高ボーイズ


2年生

3 井坂太一

奈良県


春日中学


奈良西シニア


2年生

4 山田健太

愛知県


千代田中学


東海ボーイズ


2年生

5 中川卓也

大阪府


長吉中学


大阪福島シニア


2年生

6 根尾昴

岐阜県


古川中学


飛騨高山ボーイズ


2年生

根尾昴の現在のポジションや背番号は?兄や身長・ドラフトは?

7 宮崎仁斗

奈良県


2年生

8 藤原恭大

大阪府


豊中市第五中学


枚方ボーイズ


2年生

藤原恭大のフォームや応援歌・バットは?大阪桐蔭からプロ?

9 青地斗舞

大阪府


富田林市貴志中学


河南シニア


2年生

10 横川凱

滋賀県


米原市大東中学


湖南ボーイズ


2年生

11 森本昂佑

兵庫県


神戸市魚崎中学


大阪南海ボーイズ


2年生

12 飯田光希

徳島県


板野中学


徳島東シニア


2年生

13 石川瑞貴

大阪府


堺市泉ヶ丘東中学


住吉ボーイズ


2年生

14 山田優太

滋賀県


栗東市栗東西中学


大津瀬田ボーイズ


1年生

15 俵藤夏冴

愛知県


今治市西中学


今治中央ボーイズ


2年生

16 青木大地

京都府


木津川市木津第二中学


郡山シニア


2年生

17 奥田一聖

北海道


札幌市栄南中学


札幌新琴似シニア


2年生

18 中野波来

兵庫県


淡路市岩屋中学


明石ボーイズ


1年生

19 湊大輔

和歌山県


串本町大島中学


南紀ボーイズ


2年生

20 中田惟斗

和歌山県


御坊中学


南紀ボーイズ


1年生

【スポンサードリンク】

根尾世代のベンチ入りは?

大阪桐蔭史上最強世代の根尾世代ですが、ピッチャーとしては柿木蓮、横川凱、湊大輔、森本昂佑がベンチ入り。


根尾昴はショートとして登録されていますが、リリーフやサード、外野手と守れるので頼りになりますね。


中学時代には怪物と称された小谷優宇や道端晃大はベンチ外と大阪桐蔭の層の厚さは凄まじいですね。


捕手ではもともと宮崎仁斗や井坂太一、青木大地、飯田光希がいましたが、コンバートなどで外野手として登録され、和歌山の名捕手・小泉航平が背番号2をつけています。


内野手は中川卓也が新キャプテンとなり、石川瑞樹や奥田一聖、俵藤夏冴のスラッガーがベンチ入りを果たしていますが、後藤龍太郎はベンチ外となっています。


外野手は藤原恭大が不動のレギュラーとして君臨しており、山田健太はサードやセカンドに旧チームからコンバート、青地斗舞はライトでレギュラーとなっています。


新入生の山田優太、中野波来、中田惟斗がベンチ入りしており、山田優太はレフトで2番を打つこともあります。

新入生の注目選手!

山田優太は大津瀬田ボーイズ時代に141キロをマークするなど二刀流として期待されています。


根尾昴が先輩にいるので山田優太のバッティングやピッチングがチームの底上げに繋がり、二刀流育成で大阪桐蔭のレベルも上がりますね。


中野波来はバッターに専念しているようですね。


中田惟斗は御坊ボーイズ時代に143キロをマークし、U-15日本代表にも選ばれていました。


来年はエースになれる逸材です。

大阪桐蔭秋大会の打順予想!

1 藤原恭大 センター


2 山田優太 レフト


3 中川卓也 セカンド


4 根尾昴 ショート


5 井坂太一 ファースト


6 山田健太 サード


7 青地斗舞 ライト


8 小泉航平 キャッチャー


9 柿木蓮 ピッチャー


宮崎仁斗がレフトのレギュラーですが山田優太の活躍も期待されています。


層が厚いのですが、藤原恭大、中川卓也、根尾昴は替えのきかない選手ですね。

まとめ

夏の甲子園での大阪桐蔭のバッティングを見ていると少し雑な印象を受けました。


2008年の夏の甲子園優勝メンバーには浅村栄斗や森川真雄、萩原圭悟がおり、報徳学園・近田怜王や横浜高校・土屋健二、常葉菊川・戸狩聡希を打ち砕きました。


その頃と比較するとホームランや長打が打てない割に打率も低いし、小粒な印象です。


大阪桐蔭史上最強世代のようであまり強くない気がしますが、秋大会が楽しみですね。


では!

追記

9月18日に行われた星翔との秋季大会初戦では7-0とコールド勝ちを収めました。


序盤は苦戦し、柿木蓮も要所を押さえてはいましたが、6安打を打たれています。


藤原恭大はランニングホームランを放つなど活躍しています。

追記2

9月23日に行われた大阪府秋季大会3回戦では三島高校と対戦した大阪桐蔭。


土曜日ということもあり、秋季大会の3回戦なのにも関わらず行列ができていました。


結果は10-0のコールド勝ちで4番・ショートを務める根尾昴がホームランを放つなど2安打3打点と活躍しました。


ライトスタンドへのホームランは高校通算16本塁打と推定ではありますが、着実に根尾昴は成長を遂げていますね。


3年生も応援にかけつけていたとのことでTwitterでも話題になっていますね。


地元大阪からの期待に応える大阪桐蔭最強世代ですが、女性人気も熱いのが特徴ですね。


1番藤原恭大、2番宮崎仁斗、3番中川卓也、4番根尾昴、5番山田健太の上位打線は全国的に見てもダントツで破壊力がありますね。


大阪府秋季大会では同じブロックに東海大仰星や大阪階星高校がいるのでここからが正念場になりそうです。

【スポンサードリンク】