2017年も残すところあとわずかとなってきましたが、大相撲は11月12日日曜日から11月場所こと九州場所がはじまりますね。



9月場所では3横綱2大関の休場もあり、大関・豪栄道が優勝すると思われていましたが、まさかの優勝決定戦で横綱・日馬富士が逆転優勝しました。



九州場所では阿武咲や貴景勝の活躍が期待されますが、チケット販売や予想番付について調べてみました。

【スポンサードリンク】

大相撲九州場所へのアクセスは?

大相撲九州場所は10月30日日曜日に番付発表が行われ、11月12日日曜日に初日を迎えます。



千秋楽は11月26日日曜日となっており、福岡県の福岡国際センターで行われます。

福岡国際センターへのアクセス

・電車

地下鉄呉服町駅が最寄駅となっており、徒歩13分の距離にあります。



地下鉄中洲川端駅からは徒歩15分



西鉄天神駅からは徒歩22分

・バス

バスの場合はJR博多駅の博多口や西鉄・天神駅、地下鉄呉服町からバスが出ています。



JR博多駅の博多駅シティ銀行前Fのりば88番・99番からは約11分



西鉄・天神駅のソラリアステージ前2Aのりば80番からは約8分



地下鉄・呉服町の呉服町88番からは約6分



電車できてバスに乗って向かうのがベストですが、JR博多駅からはバスが出ているので利便性はいいですね。

大相撲九州場所への駐車場は?

車でお越しの方は福岡国際センター近くの駐車場をご紹介します。



福岡国際センターの近くには福岡サンパレスホテルアンドホール駐車場がありますが、20分100円でイベント時は利用できない日もあるのであまりオススメはできません。



ベイサイドパーキング1は427台、ベイサイドパーキング2は255台の収容台数があります。



O2パーキングやNPC24H石城町パーキングも近くにあるので最寄りの駐車場としてはオススメですね。

【スポンサードリンク】

大相撲九州場所2017のチケットは?

すでに販売は開始されていますが、枡席はほとんど完売で、平日の椅子席は若干ながらも残席はあるようです。



椅子席Aは4900円、椅子席Bは3200円となっているのでチケットぴあで購入可能です。



当日自由席券は朝の7時45分から福岡国際センターで発売されているのでこちらは当日買いに行けます。



当日自由席券は大人が2100円、4歳から15歳は200円。



支払いは現金のみとなっており、3階の椅子席の全方向が自由席となっています。



売り切れ御免ですので、当日自由席券はお早めにお買い求めください。


大相撲九州場所2017の予想番付は?

・横綱



東 日馬富士 稀勢の里



西 白鵬 鶴竜



・大関



東 豪栄道



西 高安



・関脇



東 御獄海 照ノ富士



西 嘉風



・小結



東 琴奨菊



西 阿武咲



台風の目となりそうなのは3場所連続で2桁勝利の阿武咲と小結まで戻ってきた琴奨菊。



御獄海、照ノ富士、嘉風がどこまで上位相手に勝てるかにも注目です。



前頭も最年長の安美錦や新入幕となりそうな大奄美をはじめとして正代、宇良なども注目です。

まとめ

大相撲九州場所では稀勢の里も復帰予定となっており、11月12日から26日までは福岡が大相撲で熱くなりそうです。



歴代横綱の写真展も開催される予定となっており、2018年のポスターカレンダーも毎日、先着200人に配布されます。



さらに大相撲公式ライン登録者にはこちらも毎日先着200人にクリアファイルが配布されます。



手ぬぐいやタオルも渋い感じで会場に行ったら買ってしまいそうです。



では!

【スポンサードリンク】