こんばんは。

チョレイ加藤です。




インテルのペリシッチ

どうやらマンUに移籍になるようです。




ただ、28歳に50億も払うよりも

マルシャル育てたほうが、、、

とも思うのですが。

ペリシッチはモウリーニョが

かなりお気に入りなようです。




インテルがハメス・ロドリゲスを

買うために高値で売りたかった?




ペリシッチの加入で

マンUのクロス戦術復活?

など詳しくまとめてみました!

【スポンサードリンク】

ペリシッチについて

インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチが

マンチェスター・ユナイテッド移籍に向かっているようだ。

28日付けの英メディア『スカイ・スポーツ』が報じている。

 記事では、インテルとユナイテッドはペリシッチの移籍について

話し合いを行っていると伝えている。

また、伊メディア『TuttoMercatoWeb』は

ユナイテッドがペリシッチと4年契約の

年俸700万ユーロ(約8億4000万円)で個人合意したと報じた。

 なお、ユナイテッドはインテルに移籍金として

4500万ユーロ(約54億円)を支払う準備があるようだ。

また、ジョゼ・モウリーニョ監督は今年3月に行われた

ロシアW杯欧州予選のクロアチア対ウクライナ戦を観戦するなど

ペリシッチ獲得を望んでいるとされている。

 一方のインテルも条件のいいオファーであれば放出も考えているようだ。

ちなみに、インテルが2015年にヴォルフスブルクから

クロアチア人を獲得した際に支払った金額は

1900万ユーロ(約23億円)である。

 左サイドで主にプレーをする28歳のペリシッチは

今季リーグ戦35試合に出場し10ゴール9アシストと記録している。

またクロアチア代表の主力としても活躍しており

これまで代表通算56試合でプレーしている。

ペリシッチがマンUに移籍する理由とは?

ペリシッチは仲間内では

クリスティアーノペリシッチ

と言われているそうですw




たぶんクリスティアーノ・ロナウドに

プレースタイルが似ているからですね。




確かペリシッチといえば

ドルトムントの香川の控えとして

かなり優秀だったイメージがあります。




ヴォルフスブルクとインテルを経て

プレミア挑戦となりましたね。




背も高くてクロスも正確、

両足つかえて、ラストパスもうまくて

おまけに献身的な守備もできる。




これまでの金満チェスターUとは

全く異なる堅実補強ですねw




何か理由があるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

インテルのFFPのため?

正直、ネームバリュー的には

ユニフォーム売れないだろな

ってくらいの選手です。




しかしながら、マンUが

獲得にこぎつけたのには

ユーロ2016での活躍や

インテルがこの夏の大型補強をするのに

6月までに支出が

収入より超えないようにしたいがために




マンUにお願いして高額で

買ってもらっているとの噂もあります。




FFP(ファイナンシャル・フェアプレー)が

適用されてしまうと

ハメス・ロドリゲスやぺぺといった

インテルへの移籍が

とりだたされている選手も

取り逃がしてしまうことにもなります。




収支がプラスになる形でペリシッチを

マンUに売りさばくことによって

ハメスやぺぺを買いに

インテルは行けるわけですね。



マルシャルやハメスとの関係は?

もはやハメスがマンUに

くればいいのではとも思いますがw




50億くらいマンUなら

ポンと出してくれますね。




あのサンチェスと同じ移籍金になるので

これが高いか安いかは

シーズンになってみないとわかりませんね。




総合的な能力でいくと

マンUのウィンガーの中では

たぶんダントツで能力が高いペリシッチ。




そうなるとはじき出されるのが

マルシャルリンガード




ドリブラーとしては有能なのですが

クロスの精度と守備の献身性など

トータルで考えるとペリシッチに軍配が。




若手の育成に関してはモウリーニョも

考えているかとは思いますが

マルシャルに関しては批判的な

やりとりが報じられるなど

代理人も含めあまり関係性がよろしくない?




モウリーニョからするとペリシッチは

かなり使いやすい人材なのではないでしょうか?




マンU伝統のクロス攻撃も

復活しそうですね。




モイーズ時代に

ヤングさんが打ち立てた

クロス本数を上回ることはできるのか?

冗談ですがw




イブラが残るのであれば

かなり相性は良さそうなのも

ペリシッチのいいところですね。




活躍に期待しましょう!

【スポンサードリンク】