ラカゼットのプレースタイルは?アーセナル移籍でサンチェスの後釜?

ラカゼットはアーセナル移籍でほぼ決まったようです。


アトレティコ移籍が流れ、しぶしぶアーセナルに売り込みにきた気もしますがw


ベンゲルがムバッペに直接交渉に行ったなどの怪情報も流れましたが、ラカゼットあたりが無難ですね。


リヨンでは点取り屋としてトリッソなどと一緒にチームを牽引。


サイドからの突破もでき、どんなフォーメーションでも機能するのが特徴なので、ウィングやセンターどちらでも活躍が見込める選手です。

【スポンサードリンク】

ラカゼット加入でアーセナルはどうなる?

長らくチームの核となってきたサンチェスやエジルの移籍が報道されています。


来季はチャンピオンズリーグへの出場権もないので、サンチェスやエジルクラスだともっと強いチームに移籍したいと思うのは仕方がありません。


セアド・コラシナツの獲得は決まっているもののベジェリンがバルセロナ移籍の可能性が噂されています。


もしも、サンチェスがマンチェスターシティに噂通りに移籍するとなるとジルーやウォルコット、ウェルベックが残ってはいますが、ワールドグラスの選手はいなくなってしまいます。


ですので、ラカゼットの加入はフォワード陣の層を厚くするという面でもいい補強なのではないでしょうか。

ラカゼットはプレミアで活躍できるの?

ラカゼットが活躍していたリーグアンはあのバロテッリでさえも活躍できるリーグです。


能力的にはサンチェスのように体は小さくてもゴリゴリ突破できるタイプなので問題ないかもしれませんが、やはりプレミアサッカーでそれなりに活躍するのは適応に時間がかかりますし、今季は厳しいのではと個人的には思います。


前々からラカゼットにはアーセナル側から獲得の打診をしていましたが、アトレティコからの誘いがあったので、突っぱねていました。


しかし、年齢的にも今が1番の売れ時であり、これを逃すとネームバリューがもともとないだけに、市場価値は下がっていくことでしょう。


ですので、ラカゼットと代理人の思惑としてはアトレティコがダメだったからアーセナルに切り替えたといったところでしょう。


そういった諸事情はともかくワントップでも鬼キープを発揮することがプレミアでもできれば次世代のサンチェスを担える逸材ですね。

【スポンサードリンク】

ラカゼット プレースタイルは?

ラカゼットは一言で言うと、チームにいると助かる選手です。


戦術やフォーメーションに左右されず、点取り屋として貪欲にゴールを狙ってきますし、ゴールゲッターとしても確実性の高さは優れています。


サイドから突破する個人技も素晴らしくリヨンではトリッソと共にチームの躍進を支えていました。


ですのでラカゼットにボールを集めれば自然とゴール数は増えていくと考えられます。


エジルが残ってくれれば強力なホットラインを作れるのではないでしょうか?

まとめ

74億もの移籍金となっているラカゼットですが、今のアーセナルにとってはちょうどいい選手なのかもしれません。


しかしながら、ジルーはウェストハムへの移籍が噂されているのでもしかするとラカゼットのワントップで来季は戦うことになる可能性も考えられます。


ジルーとツートップを組めればフランスコンビとして面白い組み合わせになるとファンとしては思うのですが。


では!

【スポンサードリンク】